Vaccine-Injury.info  

Educate before you vaccinate!
Vaccinated brain logo
ワクチン接種後に出た次の有害事象にご注意:嚥下困難、嘔吐、下痢、湿疹、 脳炎による甲高いから叫び、 鼻血(ITP)、ナルコレスピー、てんかん発作、痙攣、自閉症、ポリオ様症状、MS、髄膜炎、血管炎、脳卒中、原因不明の突然死。 真実は、 ワクチンには効果がなくその上病気を広めます.嘘 #3: 「科学は解決済みです。ワクチンは安全です。」このサイトで紹介される医師は両親が情報に基づいた選択をすることができるように真実を明らかにします。如何にして、お住まいの地域でワクチンに関するあなたの決定を尊重し、かつ、あなたの子供の免除書類に署名する医師を見つけるかなどについて有用な情報もあります。

「この国にはかつて対照群を持つ科学的研究(二重盲検法)の対象になったワクチンは唯のひとつもありません。 開発者は、ワクチンの試験に志願する100人を募集して、そのうちの50人にワクチンを接種し、残りの50人には何もしないで、その試験の結果を測定する ということをしたことがありません。このような試験が行われたことがないので、あなたが親切でありたい場合、ワクチンを証明されていない治療法と呼ぶだろ うことを意味しています。正確には、あなたはワクチンを接種する人を偽医者と呼ぶでしょう。」 - Robert S. Mendelsohn, M.D.
"あなたが2ヶ月、4ヶ月目、6ヶ月そして12〜15カ月の乳幼児検診のために赤ちゃんを連れて行き、あなた の赤ちゃんがCDCの小児予防接種スケジュールに従って接種をされているとすれば、その時8~10種類の予防接種を受けることになります。あなたの赤ちゃ んが規定通りの予防接種を受けていなければ、「キャッチアップスケジュール(追いつき接種計画)」の対象となり、14種類までのワクチン接種を一度に受け ることになります。これはこれまで一度も安全性と有効性のいずれについても試験されたことがない複雑な医学的処置です。絶対に試験されたことがない。ただ の一度も。それが投与されている幼児期のワクチン接種計画による[複数の接種の相乗毒性]の研究はありません。

「これらのワクチンは、ウ イルスおよび細菌の抗原が含まれているのみならず、アルミニウム、水銀、ホルムアルデヒド、ポリソルベート80、界面活性剤、MSG、抗生物質、牛乳、 卵、そして酵母を含む食物タンパク質、ウシ、イヌ、ニワトリ、ウサギ、マウス、昆虫由来のDNA、および中絶された人間の胎児由来のDNAを含んでいま す。これらの物質の全てを一度に体内に注入することにより生じる複合的な効果は研究されたことがありません。これは、すべて一つの偉大な、大きい実験で す。これは研究であり、あなたの子供が被験者となります。」-マーセラ・パイパー·テリー、MS

自社製品の安全性についてうそをつかないであろうという 仮定
あなたは喜んで子供の命を危険にさらしますか?そう、彼らは嘘をついています。安全性と有効性の研究のために引用された研究は、あらゆる態様の科学的な詐欺を用いて偽造されてきました。ゲイリー·ナル博士は7年間以上これらの研究を広範囲に分析することに従事してきましたが、 彼が見つけた詐欺の多さにショックを受けています。FDAは安全性や有効性について独立した試験を行い ません 。それは単に多額の処理手数料とともに、それらが安全であるという製造元の言葉を受け入れるのみです。重篤な副作用を示した研究は、単に安全性と有効性を主張する 偽造の研究のために隠蔽されます。その結果、医師は、彼らが提唱する薬やワクチンの安全性について誤解させられていますあなたの子供はかけがえがないのに、ワクチンの傷害はしばしば不可逆的です。ワクチンに経済的利害関係を持っていない医師や他の人が研究を実施し、両親に十二分に知らせることができるような発言をしているので是非傾聴してください。

Dr Russel Blaylock, MD Dr Kenneth Stoller, MD Dr Suzanne Humphries, MD Dr Sherri Tenpenny, DO Dr Tetyana Obukhanych, PhD Dr Nancy Turner Banks, MD Dr Lucija Tomljenovic, PhD Dr David Davis, MD
Dr Lawrence Palevsky, MD Dr Gary Null, PhD Dr John Bergman, DC Dr Boyd Haley, PhD Dr Mayer Eisenstein, MD Dr Andrew Wakefield, MD Dr Mark Geier, MD, PhD Dr Leonard Horowitz, MD
コロラド州デンバーでの1,232人の子どもたちの前向き研究では、93%が、「急性の行動変化(82%)、 発熱(53%)、長期間の泣き声(13%)、だるさ、食欲不振や嘔吐を含むDTPワクチン接種後の有害事象を経験しました。第二回目のDTPの注射を受け た人の71%が監視対象の反応の二つ以上を経験しました。」 ランセット、1983年5月28日、1217ページ

「労働と人的資源に関する米上院委員会で証言した保健省次官補エドワード・ブラント・ジュニア、MDは、毎年アメリカの子供たちの間で発生するDPTの接 種後48時間以内に起こる合計35,000例の急性神経学的反応に対して、症例数を痙攣9,000例、崩壊9,000例、および甲高い絶叫17,000例 に四捨五入しました」。 - ハリスL.コールター、博士著DPT:暗闇の注射

上記のワクチン傷害の危険性に加えて、ワクチンはそれが防ぐ対象になっていた病気を引き起こす可能性があります。カリフォルニア州では、の5件の新発生のポリオ様症状の症例は、以前にポリオのワクチン接種を受けた子供に発生しました:「5人の子供たちが突然単数または複数の腕や脚の麻痺を経験し、発症後2日以内にその重症度が頂点に達しました。子どもたちは治療を受けましたが、その症状は改善せず、6ヶ月後でも手足の機能は十分に回復していません。」参照: エンテロウイルスD68と汚染されたワクチンの間の関連性

「CDCデータは3歳未満の子供の84%が少なくとも4回のDTaPの予防接種を受けていますが、この高い接種率にもかかわらず、 百日咳はまだワクチン接種の有無に拘わらず子供たちの間で流行していることを示しています。」最近の百日咳の流行では、学生の100%がワクチン接種を受けました。最近の水痘の流行では、 97%がワクチン接種を受けていました。「1970年から1971年では、ワクチンにより非常によく免疫力がつけられたとされた英国の年少人口のうちに、33,000例以上の百日咳の症例があり、その内41例は致命的な症例でした。」-ウルフガング・エーレングート、 ランセット、1978年2月18日、p 370

ワクチンの支持者は「ワクチンの失敗」は一定数あることを認めています。この用語は、ワクチンは単に無価値であることを認めることとは対照的に、ワクチン は一部の失敗を除いて、有効であるという印象を与えるために使用されています。「世界保健機関(WHO)による出版物はジフテリアはワクチン接種の制度が ない国を含む、ヨーロッパのほとんどすべての国で着実に減少していることを示しています。この減少はワクチン接種が開発されるずっと前に始まっていまし た。ワクチン接種が子供を病気から守ってくれるという保証は確かにありません。実際には、英国では3万例のジフテリアが完全にすべての規定されたワクチン 接種を受けることにより免疫力をつけられた子供たちの中で記録されています。」-レオン·チェイタウ著ワクチン接種と免疫賦与(またこのパターンは、他の 多くの疾患においても、病気の発生数の減少は誤ってワクチン接種によるものであるとされています。参照:ワクチン接種の歴史ワクチン論争の紹介)
このページの22本のビデオは、親がワクチン接種に同意する前に理解しておく必要がある重要な問題への紹介として役立ちます。CDCおよびワクチンメーカーはワクチンと自閉症の関連性を知っていますが、 一般大衆からその事実を隠すために共謀していることに注意してください。.
シェリ・テンペニー博士:学校のためのワクチン免除
CDCは医学研究所に自閉症について報告しないよう指示
数万人の両親がまったく同一の配列の出来事を報告しています:私の子供は元気でした --完全に健全ですべての発達の尺度を満たしていました-- ただし予防接種を受けるまでは。その後数時間、または数日のうちに、彼らは深刻な医学的問題を抱えた後、そして/または、自閉症の状態に落ち始め、または単に呼吸停止し、死亡しました。 多くの医師は「偶然同時期に発生した出来事である」と言いますが、本当は何を言っているかを考えるべきです。彼らはあなたの子供がいずれにしても自閉症に なっただろう(または明確な理由もなく突然死亡しただろうと言って)、そしてそれは、ワクチンの後に起こった単なる偶然だとしています。その理論は簡単 に、非常に稀な例外を除いて、ワクチン未接種の子供はSIDSで死亡することも、自閉症になることもないという事実によって反証されています。医師はワク チンの接種がなくても、私たちが見ている割合と同じ自閉症とSIDSの「基礎発生割合」が存在すると提案するでしょう。その提案の問題点は、いわゆる「基 礎発生割合」は「ほとんど全員がワクチン接種を受けている一般集団である」ということです。だから、本当の疑問は、「ワクチン未接種の人たちの自閉症と SIDSの基礎発生割合はどの位か?」です。その割合はゼロに近いものです。医師はそれが「立証されていないもの」であり、「複数の研究」は害を証明する ことに失敗したので、このような実生活上の害の証拠は無視できると断定します。しかし、害を証明しないことは無害の証拠ではありません。また、研究に際し ては、スポンサーの企業などが望む何でも言うように操作することができます。ワクチンの害を示す何百もの有効な研究が存在しますが、それ​らは奇妙にも無 視され、確かに広く公表されていません。

間違ってはいけません...ほぼすべての研究は、ワクチンメーカーが実施しており、彼らは研究 の生データを公開することはありません。彼らは彼らの"結論"を公開するだけです。その後FDAはその結論が基礎データと首尾一貫することを確認すること を検証するために、生データを検討することなく、その結論を受け入れ、承認を与えます!生データはしばしば通報者から得られ、重篤な有害事象を示すデータ は公開された結論では報告されないことがしばしばありました。「研究は、「無意識のうちに危険に彼らの患者を入れている上でのワクチンのビューを基に医師 がそう。FDAはワクチンの安全性と有効性を確認するための独立した治験を行いません!

また、多くのワクチンの添付文書は免責事項を 含んでいます。「このワクチンは、生殖能力の喪失、発がん性、変異原性の治験を実施していない。」あなたは今まで小児科医がワクチン接種の前にその旨を告 知するのを聞いたことがありますか?または、添付書類に記載された(死亡を含む)その他の重篤な有害事象のいずれかについても?HPVシリーズの接種を受 けた十代の少女の「早発卵巣機能不全」が多数報告された後、メルクはガーダシルを治験する時生殖能力の低下について試験することを怠ったことを認めまし た。医者が「ワクチンはXを引き起こすという証拠はない」と言う時、ワクチンはXを引き起こさないということを言いたいのです。しかし、そのための試験が 実施されなかったとすれば、ワクチンはXを引き起こさないと誰も知りません!それを考えると、有害事象についての症例報告を無視してはいけません。

18ヶ月の少年が合計32回のワクチン接種を受けた後自閉症を発症 (クリックして読む)

アセトアミノフェン(タイレノール)はワクチン接種後に自閉症のリスクを増加させるか? (クリックして読む)

ようこそ。あなたやご家族がワクチンは安全であると信じ、各種証拠はそれは安全ではないと言うこのサイトで紹介する医師の言うことを聞きたくないと思われるなら、「沈黙の声を聞く」というここで紹介する動画を見てください。その中で、あなたが子供がワクチン接種後自閉症を発症した "50人の中の1人である場合 あなたの人生がどんなに変わるかを見てください。 テレビドラマのために作られたこの動画は、ワクチンにより損傷を受けた子供を持つ家族の真実の物語を描いています。(ヘブライ語字幕付き98分の英語の動 画)これに加えて、もしあなたの子供が自閉症と診断されたか、ワクチン接種後行動障害や胃腸障害を呈している場合は、親が安全で、無薬物の バイオ医療プロトコルに従うことによって子供を回復させているのを見てください。

医師は、ワクチン接種を含むいかなる種類の潜在的に有害な医学的処置に対してもインフォームド・コンセントを得ることが要求されています。しかし、ほとんどの医師はワクチンの 添付書類に記載されているワクチン接種のリスクについて親に告知しません。 重篤な有害事象はまれであるという主張は、絶対に本当ではありません。十分な情報を持つことはあなたの子供の命を救うことです。そして、権威あると認められている人々は彼らの雇用者(例えば病院や学区)によって設定された計略に従わせるようにあなたを脅かすよう頻繁に努め試みるという恐怖と脅迫から保護しなさい。

あ る病院の漏洩された内部メモはスタッフに予防接種を受けた子供は病院にとって平均17,000ドル(約2百万円)の価値があることを思い出させます;頻繁 に起る、深刻な、しばしば衰弱性のワクチンの副作用に対処するために追加保健サービスが必要とされるためこれには疑いの余地はありません。
あなたが十代以前の、または十代の女の子をお持ちの場合は、ガーダシル/ HPVワクチン接種後の死亡や永久的な障害について 学んでください。2014年8月の時点で、VAERSは170人の死亡を含む34,240件の有害事象を一覧表示しています。 JAMA の調査に よると、VAERSには医師の1%未満しか報告せず、従って実際の数値は100倍高くなっている、自発的な報告システムです。つまり、3,424,000 件の有害事象があり、そして17,000人の死亡者がいるでしょう!特定のワクチンの有害事象を調べるために、あなたは VAERSのデータベースを検索することができます。

ワクチンは安全だと思いますか? 補償金を貰ったワクチンによる傷害クレーム のリストを見てください。 (たった1つの法律事務所から)

米国政府によって補償金を受け取ったインフルエンザの予防接種によって身体障害者になりまたは死亡した被害者 (ここをクリック)

豚インフルエンザワクチンにより脳に損傷を受けた英国の被害者は60百万ポンド補償を得ることに (ここをクリック)

シェリ・J・テンペニー博士: ワクチン: 人間性に反する犯罪である
バーナディン・ヒーリー博士: ワクチンの危険性 - 第1部
ナンシー・ターネー博士: ワクチンの堤防
重大なワクチンによる損傷や死亡は稀ではない!
スザンヌ・ハンフリーズ: ワクチンについて
デーミン・ハンプトン: ワクチン接種後の悲劇的な結果
あなたが妊娠している場合、出産予定日の前に、 ホルマリン (ホルムアルデヒドの水溶液、別名「遺体保存用の液体」)、アルミニウム、MSGおよびその他の致命的な神経毒素 を誕生後数時間そして数日の間に病院の医療従事者が新生児に注射することを許容するかどうかを、内容を熟知した上で決断するために、この情報をできるだけ多く吸収することが重要です。Learn about"史上最悪の神経破壊ワクチンである B型肝炎ワクチンについて勉強してください。メルク社のビタミンK(アクアメフィトン /フィトナジオン)の添付文書でさえ有害反応として死亡を一覧表示しています。この予防接種は病院の標準的な手順なので、標準から外れる何かを指示するためには書面により事前にスタッフに通知しなければなりません。earthmamaangelbaby.comで 無料で入手できる出産計画フォームを使用しなさい。病院によってはスタッフは両親の指示を無視し続けていることに注意して、あなたかご家族の一員が決して 赤ちゃんから目を離さないようにしなさい。助産師の助けによる家庭での出産が理想的でしょう。これが病院のスタッフが親権を無視して発生する法的「誘拐」 と同様に人目を忍んで行なうワクチン接種を防ぐでしょう。

主にインフルエンザの予防接種のように、ワクチンによってはまだ水銀が含まれており、最近まで妊娠中RHマイナスの女性に与えられた抗D免疫グロブリン(RhoGAM)の注射も同様でした。いわゆる「水銀無添加」のワクチンでさえ まだ「超微量」の水銀を含有しているかもしれません。 しかし体内に注射された水銀には安全とされる基準(最大許容限度)はありません。胎児や幼児の神経系はまだ成長途上であるため、最大のリスクを被ります。 彼らは水銀に対して大人よりも4〜5倍敏感です。妊娠中にインフルエンザの予防接種から体内に入った水銀は血液胎盤関門を通過するでしょう。同様に体内に 注射されたアルミニウムに対しても安全とされる基準は存在しませんが、それもまたワクチンに添加されており、 水銀とよく反応します。無機生化学ジャーナルの研究において、 アルミが添加されたワクチンを接種されたマウスは大幅な運動ニューロン死(脳損傷)と他の神経学的損傷を、を示したことを報告しました。5年間連続して、毎年インフルエンザワクチンの接種を受けた55歳の人々は、アルツハイマー病の発症リスクがなんと1000パーセント(10倍)高くなります!
ワクチンには界面活性剤が含まれています。それはTriton-X100 (オクトキシノール10)およびポリソルベート80(ツイーン)などで、ワクチン中の他の毒性成分が血液脳関門または血液-胎盤関門を通過するか、あるい は中枢神経系に入り込ませます。これがポリオ様症状や乳児の呼吸筋が麻痺するSIDSの例のように死亡の原因となります。 また特にアジュバントのスクワレンと組み合わせた場合に、それらはあなたの子供を不妊にすることができます 。 ワクチンメーカーはワクチンが生殖能力を損なうことを確実に知っているが、添付文書に以下の通り添加することにより説得力のある反証を維持しようとしています:「発がん性、変異原性および生殖能力: このワクチンは発がん性、変異原性および生殖能力について評価されていません。

ワクチンはしばしば エチレングリコールホルムアルデヒド抗生物質及びMSを含んでいます。MMRと他のワクチンは、流産した胎児の組織および器官であるヒト二倍体細胞で 培養されます。そしてそれらの胎児からのDNAは最終製品中で発見されています。これは、あなたの免疫系があなた自身の脳細胞を含む各種細胞を破壊する自 己免疫不全を引き起こす可能性があります。同様に製造プロセスの他の残存物が残っており、それには不活性化されていない未知のウイルスを含んでいます。動 物が彼らの臓器にワクチンウイルスを成長させるために屠殺されるようなワクチンは、動物質食品が入っていない製品ではありません。他の2つの非常に有毒な ワクチン成分はベータプリオおよびフェノールです。 第二次世界大戦中フェノールの注射が、特にアウシュヴィッツ·ビルケナウで、ナチスによる個々の死刑実行の手段として使用されたことに注意してください。 ワクチン成分の表 および CDCのウェブサイト

ワクチン支持者はホルムアルデヒドは有害ではなく、実際は「自然」であると言う。しかし彼らはそれがヒト発癌性物質であり、液体バージョン(ホルマリン)はメタノールにより安定化されているが、毒性の高い事実を無視する。ホルムアルデヒドのデータシート を読んでください。そしてそれが乳児に注入されても安全であるかどうかを自分自身で判断してください。「37%ホルムアルデヒドを含有する溶液をたった 30 mL経口摂取したことにより成人が死亡したことが報告されています。経口摂取は、吐き気、嘔吐、痛み、出血、穿孔を伴う胃腸粘膜の腐食損傷を引き起こすか もしれません。腐食性傷害は通常咽頭粘膜、喉頭蓋および食道で非常に顕著である。全身影響は代謝性アシドーシス、CNS抑制や昏睡、呼吸困難、および腎不 全を含みます。」 もっと..
3,000人以上の親や介護者が刑務所に収容されています。その原因は、彼らの子供がワクチンの接種を受けた後に死亡したため殺人の有罪判決を受けたことです。これはワクチンが 揺さぶられっ子症候群と 診断される脳の出血を引き起こすことができるためです!この事実が検察官や裁判官にもっとよく知られるようになると、無実の両親が不当に獲物にされること (無実の罪に問われること)は少なくなるでしょう。裁判官がワクチンによる損傷に関するデータを提示されたとき、1人の父親は刑務所での6年間の収容後に 釈放され、再審が許されました。ゲイリー·ヌル博士の映画「ワクチン国家」はこの重要な訴訟を取り扱うと共に、如何にして政府機関がワクチンによる損傷のデータを隠蔽するために共謀したかを取り扱っています。
「ワクチンが鼻血を誘発しました:あなたの子供は鼻血を出 しましたか?それは免疫性血小板減少性紫斑病またはITPと呼ばれる病状である可能性があります。ある一つの研究におけるITPによる入院の80%の原因 物質を推測できますか?あの2歳以下の子供に対する致命的なMMRワクチンでした。また水痘およびTdap(破傷風・ジフテリア・百日咳)ワクチンの接種 と共にA型肝炎のワクチンがITPを引き起こすことが発見されました。もしあなたの子供がワクチンの接種を受けた数日または数週間あるいは数ヶ月後に慢性 鼻血を発症した場合、それ以外に脳またはあなたが知らないどこか他の臓器で出血があるかもしれません。ワクチンにそれだけの価値がありますか?私の世界で はノーです。」クレイグ·ステルフラッグ、NDC

ITP(免疫性血小板減少性紫斑病)は、免疫系が患者自身の血小板を破壊するので、その人は簡単に出血する病気です。治療しなければ、それは非常に重症になり、--命にかかわることさえあります--。 ITPはMMRワクチンによって発病することができます。疾 病管理予防センターのウェブサイトによると、「生ウイルスMMRワクチン接種がITPの発症率の増加に関連付けられている懸念がますます大きくなりまし た。」研究では、ほとんどの症例は患者がMMR(麻疹、おたふく風邪、風疹)ワクチンの接種を受けた後、6週間以内に発症するように見えることを示してい ます。しかし、 MMRがITPの引き金となる唯一のワクチンではないかもしれません。 あなたが免疫性血小板減少性紫斑病の発症前数週間または数ヶ月以前にいずれかのタイプのワクチンの接種を受けていた場合は、そのワクチンによって誘発され た可能性もあります。キンバリー·ジャクソン-プレーターの記事:「私の息子は水痘ワクチンが原因で13歳の時にITPと診断されました。私たちは2年間 子供病院に住み込みました。彼の血小板数は最低限の1千に容易に減少しました。彼らは2年後彼の脾臓を取り出し、その後彼は寛解してきました。私たちは彼 が毎年秋インフルエンザワクチンを必要とすると言われますが、私はそれがITPを再発させることが怖いのです。」シェリー·アデア·ウィンガーの記事: 「私の息子はMMRワクチンの接種を受けた3週間以内にITPを発症しました。それは悪夢でした!私の息子のITPは200千あるべき血小板が約4千に減 少するほど厳しいものでした。たくさんのあざ、出血、点状出血、およびその他の問題がありました。彼は抗D処置を受けなければならなかったので、それが彼 を貧血や吐き気にしました。その上約20千ドルもかかりました。2ヶ月間にわたり一日おきに出血しました。それは楽しいことではありませんでした。私はプ レドニゾンはもっと悪いと聞きました。」:ここにHepBワクチンの接種を受けた後ITPの合併症により死亡した赤ちゃんの詳細があります: イアンの声

無料電子書籍:マーク·サーカス博士、OMDによる小児科の恐怖

親のためのガイド:あなたの子供がワクチン接種後に死亡した場合に何をなすべきか (キャサリン·J·フロンポービックによる)

デービッド・デービス博士: ワクチンと毒素が自閉症、SIDS、寝台死を引き起こす
連邦政府はワクチン損傷訴訟を和解、でも結果は公表せず
マーク・ガイアー博士: ワクチンの安全性の研究の嘘
ハナ・ポーリングのおはようアメリカの両親
ジョン・バーグマン博士: ワクチンの方がもっと悪い
自閉症、水銀および小児学会の過失

あなたがワクチン接種を受ける前に知っておくべき十項目の非道な事実 (記事を読むためにクリックする)

ワクチンには効果はありません! 医師は他の病気として診断することによってワクチンの失敗を隠す

なぜあなたは破傷風ワクチン必要としないか; 絶対に デイブ・ミハロヴィッチ、ND

メイヤー·エイゼンシュテイン博士:私の(ワクチンなしの)医療実践において自閉症はなし!
米国小児科学会:水銀は安全です!
レスリー・マヌーキアン:もっと偉大な良い映画
ビーラ・シャイプナー博士:ワクチン接種:隠された事実
私たちはどのくらい頻繁に小児科医が唱えるお経を聞くのですか、「ワクチンは自閉症を引き起こさない。」しかし、多くの場合、ワクチンの​添​付文書は報告された有害反応として自閉症をリストしています。たとえば、 DTaPのワクチン添​​付文書は 11ページに次のように書いています: "報告された有害事象は...免疫性血小板減少性紫斑病SIDS、アナフィラキシー反応、蜂巣炎、 自閉症、痙攣/大発作、脳症、筋緊張低下、神経障害、傾眠や無呼吸を含みます。」だから、おそらく医師や看護師は添付文書を読むべきです。両親も同様です。ここに一般的なワクチンの 添付文書へのリンクのリストがあります。そしてより多くの 添付文書へのリンクもあります

そして、ここにワクチンは自閉症を引き起こす可能性があることを示す 22の医学研究があります。しかし、何の因果関係も示さないことを意図する研究はどうですか? 因果関係を証明することに失敗することは因果関係なしの証明ではありません。そして、因果関係を不明瞭にするように研究を立案実施することは非常に簡単です。その後、「データが不十分で因果関係があることを 決定的に結論付けできなかった。」と宣言します。これは、その後夕方のニュースで「研究は因果関係を示さなかった」と報道されます。そのために何百万人の子供たちは『決定的に』という一つの言葉のために犠牲にされています。」

CDC のウェブサイトが書いています:「2006年から2008年では米国では約6人の子供のうち1人が会話や言語障害などの軽度の障害から、知的障害、脳性麻 痺、自閉症者などの深刻な発達障害に至るまでの発達障害を持っていた。」それにも拘らず、CDCはまだその推奨ワクチンス接種計画を拡大し続けている。何 時それは停止するのですか?

科学者で生化学者の博士がワクチンのチメロサールが神経障害を増やしていることを示す隠蔽されたCDCの文書を公開しました。

米国てんかん学会の研究究 (Lancet誌2006):「ワクチン接種、特に百日咳のワクチン、は難治性発作と知的障害を伴う脳症の直接の原因として関与しているとされています。方 法:私たちは最初の発作が予防接種を受けた後72時間以内に発生したワクチン脳症と疑われた14人の患者を遡及的研究しました...解釈:ワクチン脳症と 疑われた症例は、実際には、デノボを生じさせた遺伝的に決定されたてんかん性脳症かもしれない。これらの発見は脳症の診断と管理のために重要な臨床的意義 を持っており、そして、もし他のコホートで確認された場合、ワクチン接種の一般的な受け入れのための主要な社会的意義を持っている。」
「子どもたちの予防接種は効果よりももっと大きい悪影響を及ぼすことを証明する多くの証拠があります。」 - J·アンソニー·モリス博士、米国FDAの元最高ワクチン管理官及びウイルス研究学者

大人もまた損傷を受けています:
「あなたに起こった出来事を順序正しく並べなさい」 - 母親のインフルエンザ予防接種の悪夢

重篤な有害反応は小児科医がそう言うように訓練されているように「百万人のうち1人」より50,000倍もたくさん発生します。ワクチン接種による死亡は、SIDS(乳幼児突然死症候群)または「原因不明」と死亡診断することによって隠蔽されています。真実は、ワクチンは、それが防ぐと主張されている疾患よりも多くの死亡と永久的な障害を引き起こしています。その中には自閉症を含んでいます。そして、何より一層衝撃的かもしれないことは ワクチンには単に効果はありません。ワクチンは病気の予防を提供しないのみならず、多くの場合それが予防対象とする病気を広めます。しかし、現在、ポリオのワクチン接種を受けた子供がポリオの様な症状を発症するとき、医師はそれがポリオであるはずはないと主張し(何と言っても、その子供は予防接種を受けています!)、その代りにそれを急性弛緩性麻痺, 横断性脊髄炎 または ギランバレー症候群と 呼びます。あなたはこれらの医師が提示している事実に注意深く耳を傾ける時間を取るなら、あなたのご質問のすべてが回答されることになります。あなたの子 供の人生は、ワクチン接種に関するご決定がどうなるかにかかっているので、この学習プロセスに費やされた時間の長さには十分の価値があるでしょう。
アルミニウムは脳の損傷を引き起こすことが知られているのに、なぜあなたの幼児にそれを体内注入するのです か?「水酸化アルミニウムはどのように動作するか誰も知らないけれども、抗体の産生を増加させるためにワクチンに使用されている」とパーデュー大学の研究 者スタンレー・ヘム、産業および物理的な薬楽の教授、は述べています。出生時に与えられたB型肝炎ワクチンは250マイクログラムのアルミを含んでおり、 それは許容限度の20倍です。FDAの許容限度によると、6ポンドの赤ちゃんは11~14マイクログラム以上のアルミを処理できません。平均的な赤ちゃん が生後2ヶ月でワクチン中のアルミを1225 MCG(マイクログラム)注射されたとき、12ポンドに近い重さです - 許容限度の50倍の量です。」―  クレイグ·ステルフラッグ、NDC

父はDTaPのワクチン接種後不全対麻痺(特に下肢の部分的麻痺)になる
(病院はその注射はNICU(新生児集中治療室)で赤ちゃんを見るために必要とされたと言明)

この研究は如何にしてワクチンが病気を広めるかを示しています: 無細胞百日咳のワクチン接種はパラ百日咳菌のコロニー形成を強化します。 予防接種を受ける者は、免疫力が低下している人々、または以前の予防接種から得られた一時的な免疫を失った人々に感染させることで、病気の伝播者として機 能することができます。ワクチン接種を受けていない子どもたちで、自然曝露を通じて生涯免疫を獲得した子どもたちだけが本物の予防力を獲得します。この理 由はワクチンが粘膜または非特異的免疫系とも呼ばれる身体の生得の免疫系を覆してしまうことです。この免疫系は細菌、ウイルス、毒素などの有害侵略者に対 する防御のための体の主要な防衛線です。何故なら、それはこれらの脅威に対してまず最初に立ち向かい、体の第二防衛線、即ち適応免疫系、はそれに対処する 必要がなくなるからです。しかし、ワクチンを使用すると、先天性免疫システムは回避されます。この結果、生涯免疫を付与することができないだけでなく、免 疫損傷を引き起こし得る不自然な免疫反応をもたらし、人を感染症によりかかり易くします。ケリー・F・は「私の息子はすべてのワクチン接種を受けていまし たが、1歳で百日咳で死にかけました。」と書いています。

「私たちの研究は、自己免疫疾患であるインスリン依存性糖尿病に対するワクチ ンの影響に焦点を当ててきました。」「私たちはニュージーランドで大規模なB型肝炎予防接種プログラムが始まった後糖尿病の発生率は60%上昇したことを 発見しました。CDCは私たちの知見を確認するために調査を開始しました。彼らの予備的データは公開されており、生後8週間後に開始するB型肝炎予防接種 が糖尿病のリスクの90%増加と関連しています。これは私たちの知見を立証しています。」「すべての人は私たちが米国では毎年10,000件以上のワクチ ン誘発性の糖尿病があると推定すると話しました。平均して、各一件の症例で生産性の喪失と医療費に100万ドルかかるかもしれません。ワクチンにより誘発 された糖尿病の推定負債コストは一年につき100億ドルを超えています。米国政府とメーカーの現在の累積負債は2500億ドルを超える可能性があります 。- J バースロー・クラッセン、医学博士

髄膜炎のワクチン接種を受けた別の完全に健康だった学生が髄膜炎により死亡

18歳のSDSUの学生サラ・ステルザーは髄膜炎ワクチンの接種を受けていました。公務員はこのワクチンは5種類の髄膜炎菌株のうちたった4種類だけを対象としており、彼女はワクチンが対象としていない菌株に罹ったと言います。(記事を読むためにはクリック)

今 年サンディエゴ郡で報告された髄膜炎は6症例で、14歳のパトリック·ヘンリー高校生、ジューリーン・ピメンタールの死亡を含んでいます。ジューリーンも またワクチンの接種を受けていましたが、それは彼女を殺した「B」株を対象としていませんでした。昨年は16症例が報告され、3人が死亡しました。昨年 12月、かつてのラ·コスタ·キャニオン高校のラクロススター、アーロン·ロイは致命的な菌株で死なずに生き延びましたが、彼​​の足は切断される必要が ありました。ロイは、ワクチン接種を受けていましたが、対象とされていない菌株に罹ったのです。

原因を探っている親たちは、彼らの以前 は健康な子供に接種されたワクチンは、細菌やウイルスに血液脳関門を通過させ、脳脊髄液および中枢神経系へのアクセスを可能とさせるワクチンの界面活性剤 のように、この病気により一層かかり易くするのではないかと問うています。医師は「ノー」と言うかもしれませんが、一流の科学者たちは、私たちは本当は人 間の免疫システムの膨大な複雑さを理解しておらず、私たちがほとんど知らない内容に基づいて、それを下手にいじりまわすことは危険な、試行錯誤のプロセス です。
質問:なぜ、一歳になるまでの幼児は免疫系がワクチンの免疫応答のために十分に発達していないのに、2ヶ月、4ヶ月および6ヶ月目にワクチン接種を受けるのですか。彼らの回答は:「両親をトレーニングするために。」    (自分自身でそれを聞きなさい: マイケル・ガエータ博士)