子宮頚ガンワクチンの接種は本当に安全か? 10代の女子が警告的体験記を開示します

By Rachel Porter


それは、ジェイド・グッディーと同じ恐ろしい運命で苦しんでいる何千もの若い女性が出ることを防ぐ奇跡の注射として認められていました。 しかし、英国中の両親が娘にワクチンの接種を受けさせようと殺到するとき、他の人々はそれがただならぬ副作用を誘発したことを断固として主張しています ...

この悪夢がいつ始まったか特定しようとして、アマンダ・スティールは昨年の日記に目を通しています。彼女がカーリー(長女)は本当に元気がないと最初に気がついたのは夏休みでした。

『以前からカーリーを知っていた人は誰でも、彼女がどんなにおしゃべりであったかをあなたに話します。 彼女には、我々をイライラさせるほど多くのエネルギーがありました。 しかし、突然、彼女は人が変りました。 それを見ていることはひどく悲しいことです』と、アマンダは言います。

『私は朝彼女を起こすのに苦労しました、そして、彼女は一日中ほとんど話しませんでした。』

カーリー・スティール(13)は関節痛を持ち、瞬間的な失神で苦しんでいます。彼女は9月から学校に通っていません。

8月までには、13才のカーリーはかろうじて起きていました。彼女は体の消耗で疲れ果て、めまいを訴え、ベッドまたはソファーから離れられず、2、3歩歩くときでも体を維持するために、家具につかまらなければなりませんでした。

『そして、それは、瞬間的な失神が起こった時です』と、アマンダは言います。彼女は何度か、、カーリーが『瞬間的な失神』と言った後倒れることがわかりました。 

 

彼女の関節は、洗髪をすることさえ困難なほどひどく痛みました。 彼女は9月から学校に通っていません。そして、なんとか通りの向こうの端の祖母の家へ歩いて行くことができるならばそれを『良い日』と考えます。

彼女の母は、(ワクチンの接種を受けた後)数週間以内に、彼女は活発で、社交的な女の子から『老婦人』に変えられたと言っています。 当惑している医者は、彼女をめまい、内耳炎(バランス障害)とそして慢性疲労症候群とさえ診断しました。

ジェイド・グーディーは死亡前にスミアー検査の適用年齢を25歳から20歳に引き下げる必要性を支持しました。HPVウイルスは子宮頚ガンの重要な原因です。

それから、1人の医者が彼女の病気が心身相関的かもしれないと考えたとき、彼女は、うつ病と診断されて、カウンセリング受けさせられました。

そのとき、毎日の存在が『みじめ』だというカーリーと両親のアマンダ(35)とスチュアート(50)が忍耐を失いました。

『カーリーは段々と悪化していました。そして、私には何もできないと感じたので、私は若干の調査をしましたが、見つけたものを信じることができませんでした』と、アマンダは言います。

インターネットで、彼女は、カーリーの徴候がGardasil(子宮頸ガンワクチンのアメリカのバージョン)に有害反応のリストと正確にほとんどすべて一致するということを発見しました。

カーリーが病気の徴候を最初に示したちょうど数週前に、彼女はCervarix ― グラクソ・スミスクラインによって製造された類似のワクチン ―の接種を受けていたことは偶然の一致でありえますか。 彼女の学校は政府の予防接種プログラムに対する12~18才の女の子を対象とした全国的開始に先行した治験に参加しました。 

先月薬物安全性の番犬、医薬品および健康管理製品規制局(MHRA)によって公表された報告書は、昨年予防接種を受けた700,000人の女子学生のうち、1,300人以上が有害反応を公式に報告したことを示しました。

それは、腕の痛みと失神のような些細な訴えから、もっと心配な  -  痙攣、視力問題、吐き気、筋力低下、めまい、手足の麻痺と関節の痛み― にわたりました。

明らかに、このおそろしい病気に対する免疫力を上げた女の子はほんの一部の人です。 しかし、アマンダは決して、この国でCervarixが安全でないと考えているただ一人の親でありません。 

多くの他の両親は、娘たちが予防接種を受けてから数日以内に病気にかかるのを見ました。 そして、アマンダのように、彼らは予防接種に対するこれらの疑わしい有害反応を報告することがどれくらい難しいかについて知っています。 彼らの物話は、その結果として何人の女の子が病気になったかについて論点を巧みにはぐらかします。

先週、男の子にも予防接種をする動きのニュースに近付きました。 子宮頸ガンになることはないが、彼らはヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することがあり、それを他人にうつすことができます。

英国ガン研究所のアン・スザリュースキ博士は、男の子は広範囲にわたる免疫を確実にするために、そして、それが性行為感染症に対して予防接種をするので、人によっては『乱交注射』と称される注射と関連した汚名を取り除くために、予防接種を受けさせられることはありそうだったと言います。 

英国の一部地域では、接種率はほとんど90パーセントです  - しかし、男の子にも予防接種をすることはこの10パーセントの不足を補います。

アマンダは、MHRAの『イエローカード』制度について何かを聞く前に、何回も医者に電話し、訪問したと言います。 この制度は有害医薬品反応を絶えず監視して、ヘルスケア専門家から報告書を受け取って後、やっと患者も報告することを許します。

私がHPVに言及するたびに、シャッターは下がります。 私はばかのように扱われました。 そういうわけで、我々はイエローカードを2月まで提出しませんでした』と、彼女は言います。

その時までには、全国的な予防接種プログラムは相当進行していました。 9月には2011年までに18歳以下のすべての女の子に子宮頸ガンの70パーセントの予防を約束しました。

それは、子宮頸部の腫瘍の70パーセントの原因となる2種類のHPVウイルスに対して免疫をつけることにより効果を発揮します。

『それは、子宮頸ガンについて心配する必要をより少ないものとしました』と、アマンダは言います。

しかし、Cervarixに対する熱意の中で、反対派  -  あらゆる思春期前の女の子に、主に15~24歳の女の子で治験された薬を注射することを疑った人々  -  の話を聞くことは難しいことでした。

ワクチンによる免疫力がどれくらい続くか、そして、ブースター注射が必要かどうかについてほとんど何も知られていませんでした。 13歳の時にワクチンの接種を受けた女の子は、性的により活発になりそうな18歳の時にまだ引き続いて免疫力を持っていますか?

他の人は、Cervarix接種計画が本当に実施する価値があるかどうか疑問に思いました。 世界中で何百万人もの女性がHPVウイルスに感染しています。そして、大多数の場合、免疫力がそれを無害にします。 

ワクチンの製造業者と同様に担当大臣がワクチンは1年に700人の命を救うことができるであろうと主張するが、一方、本当は、それは2008年に予防接種を受ける女の子のたった0.1パーセントを占めるだけです。

運動員は、無料の頸管スミア検査を受ける資格年齢を25歳から20歳にまで、下げることにより、お金が有意義に費やされると言います。 Cervarixは定期的な検査の必要性を減らしません。その上それが保護することができない30パーセントの子宮頸ガンがあります。

現在、アマンダのような母は、危険性が利益を上回るかどうか疑問に思ったまま放置されています。

彼女は、ワクチンがカーリーの病気の原因であると固く信じているので、妹娘のケーティ(11)がワクチンの接種を受けることを許しません。彼女は、JABS(ワクチンの支援グループ)に連絡したとき、彼女だけがこの状態に放置された母親でないことを知りました。

チェリル・ケーブの12才の娘アシュレイは、HPVワクチンの接種を受けた後数分で謎の病気に襲われて、部分的な麻痺を発病しました。 彼女は10月以後リバプールのアルダー・ヘイ・子供病院に入院しています。

注射の直後に、彼女はめまいと頭痛、そして瞬間的な失神を経験しました。 彼女は一時的に病院に入院することを許されました。そこで、医者は『めまいと全般的な筋肉痛』の最初の診断をしました。 おそらく最近の予防接種が原因の。

しかし、彼女の状態が悪化し、彼女が足の感覚を失ったとき、医者はワクチンと彼女の病気を関連づけることを拒否しました。 彼らは、彼女が予防接種に対する『病理学的反応』を示していないと主張します。

アシュレイ・ケーブ(12)の体は部分的に麻痺しています。彼女はワクチンの接種を受けた数分後に不可解な病気にかかりました。彼女は10月からずっと子供病院に入院しています。

しかし、CTとMRIスキャンと物理療法にもかかわらず、彼らは医学的な説明を見つけられそうにありません。

『医者はそれは彼女の気のせいであると言います』と、チェリルは言います。

一方、アシュレイは動くときはいつでも、脊柱の痛みを訴えます。そして、何ヵ月も彼女は病院に拘束されています。

『私は実質上病院に住んでいます。 そのような彼女を見ることには強いストレスを感じます』と、チェリルは言います。

チェリルは以下のように付け加えます: 『私は彼女の病気がHPVから始まったと彼らに話しましたが、しかし、彼らは同じ文脈で彼女の病気とワクチンに言及しようとしません。 彼らは、それはHPVに関係ないと言います。 そうでないならば、それはとんでもない偶然の一致です。』

しかし、偶然の一致は、専門家が偶然の一致であると言うことそれ自体です。

ロレッタ・ブレイビン博士、マンチェスターのセント・メアリー病院の女性の健康の読者、は、Cervarixの裁判の主任検事でした。カーリー・スチールはその裁判の参加者でした。

彼女は、ワクチンは生HPVウイルスを含まないので、安全であると主張します。

『それは、体を守る抗体を生産させるために十分に、HPVウイルスを人工的に模倣しています。』

『ワクチンは一般的にその効果を強化する補助剤を含有していますが、しかし、これらはよく治験されるので、重大な反応の危険性は低いものです』と、彼女は言います。

『それは、反応は決して起こらないと言うことではありません。 あなたが十分大きい人口集団に注射を受けさせるならば、有害反応の報告は常にあります。 ほとんどの場合深刻ではなくて、基礎疾患によって、または人が注射の時に偶然に病気になるということが起こったという事実によって説明することができます。』『報告された反応が通常であると思われるより悪いとき、それはほとんど偶然の一致でありそうです。

そして、これらの反応を継続的に監視する機関は問題が通常よりもっとしばしば起こっていると考えるならば、ワクチン接種計画を中止することを考えるでしょう。』

サラ・チャンドラー(12)は慢性疲労症候群に罹っています。彼女は第1回目の予防接種で無気力に感じ、第2回目の予防接種で病状が悪化しました。

そして、グラクソ・スミスークラインのスポークスマンは以下のように言います: 『我々は予防接種に関連したあらゆる有害反応が女の子とその家族にとって悲惨であると思います。そして、我々はこれらの報告を真剣に受け取っています。 我々は、予防接種に対するどんな反応でも継続的に監視するために、MHRAと密接に協力して働きます。』

『報告された有害反応の大多数はワクチンのタイプによるよりは、むしろ注射の実施方法に関連がありました。すなわち、最も一般的な副作用は注射の場所の痛みです。そしてそれは、あなたがどんな予防接種計画ででも見ることを予想できるでしょう。』

『我々は、臨床試験を通して広範囲に検査され、英国で女の子と女性に使用するために認可されたCervarixの安全性の側面に自信を持っています。』

しかし、それは、サリーからの、娘サラ(12)がちょうど今慢性疲労症候群と診断されたキャシー・チャンドラーにとってほとんど慰めにはなりません。 彼女の病気は9月に彼女が最初の注射を受けた後1週後に始まり、そして、彼女は11月から学校にほとんど行っていません。

『私は関連性を証明することができないことを知っています。しかし、私は確信を持っています』と、キャシーは言います。

サラは10月にCervarixの3回の注射のコースの2番目の接種を受けました。彼女は、最初の注射を受けた後、気分が悪く、無気力であると感じました。しかし、第2回目の接種を受けた後、彼女の状態は悪化しました。彼女は無関心で、そして、彼女ののどはまるで何かが詰まっているように感じました。まだ今もそう感じています。 抗生物質は、それを緩和することはありませんでした。

『Cervarixとの関連付けるのに時間がかかりましたが、しかし、それが分ったら、すべては明快になりました』と、パートタイムの管理者であるキャシー(53)は言います。

『私はパニックになり、「彼女に何が起こったのか? 彼ら(医療関係者)は何をしたのか?」と考えました』

ここ数週間、彼女の健康は1週につき9時間程度学校に行くことができるほど改善しましたが、しかし、彼女がこれから何カ月もの間フルタイムで学校に行けることはありそうもないように見えます。

サラの医者たちはこれまで予防接種が原因であると思っていると言わないけれども、彼らはそれを除外しませんでした。

サラの医者は、一連のワクチンの最後の注射の接種を受けないように彼女に忠告しました。

『サラは、それを受けないことについて心配しました』と、キャシーは言います。『医者はHPVは性行為によって伝播するので、その時が来たら、あなたが避妊用具を使わない性交を避けることによってそれに罹る危険性を減らすことができると説明しました。』 

しかし、キャシーは以下を加えます: 『医者はサラの病気が特にHPVワクチンと関連性があると言いませんでした  - どんなワクチンでも同じ影響を及ぼす可能性があります。』 

ローレン・スミス(13)は無気力に感じ、そして、2回目のワクチン接種を受けた後、彼女の腕は麻痺し、何週間にもわたり学校に行けませんでした。

キャシーは現在ジュリー・スミスと接触しています。彼女の娘ローレン(13)もサラと同じ学校に通い、病気の間何週間にもわたり学校を休みました。

彼女は11月に2回目のワクチン接種を受けた後、のどの痛みを発病しました。

『彼女は腕に麻痺があると言いました』と、ジュリーは言います。 『彼女は非常に顔色が悪くて、殆んどベッドから出ることがでテキスト ボックス: ローレン・スミス(13)は無気力に感じ、そして、第2回目のワクチン接種を受けた後彼女の腕が麻痺し、何週間にもわたり学校に行けませんでした。きないほど疲れていました。』

『私は彼女を学校へ行かせましたが、しかし、彼女は常に医務室にいました。』

『私は繰り返し彼女の医者にワクチンに対する私の懸念に注意を払うように頼みましたが、しかし、彼らは彼女の病気の原因は数多くありえると言います。現在彼女は最悪期を脱していますが、しかし、彼女の友人サラが慢性疲労症候群と診断されたと聞いて明らかに心配しています。』

そして、影響を受けた可能性があるのは単に12歳と13歳の女の子に限りません。ノッティンガムシアのレア・マン(18)は、1月に最初の注射を受けました。

10日後、フィッシュアンドチップ店で仕事中に彼女は気分が悪くなり、失神しました。 意識が回復したとき、彼女には腰から下に感覚がありませんでした。

『それは恐ろしかったです』と、彼女は言います。 『私は病院に行きました、そして、私が診察を待つ間に、私の右脚の感覚は戻りました。 しかし、それが私の左下肢に戻るには2週間かかりました。』

レア・マン(18)は、現在規則的にひきつけ発作をおこすので、大学コースをあきらめなければなりませんでした。

より厄介なことに、彼女は現在本格的なひきつけ発作を起こします。 医者は彼女がなぜてんかんのように見える発作を起こすのかについて説明するのに困っているが、彼らはワクチンによると考えるより、1年以上副作用なしに彼女が飲んでいた抗うつ薬と関係していると思っていたいようです。

『私は運転免許を取り上げられ、大学コースをあきらめなければなりませんでした』と、彼女は説明します。

レアは馬の管理を学んでいましたが、しかし、彼女のひきつけ発作のため、大学の保険は彼女の乗馬を保険対象にすることができません。 専門家が適正な薬物投与が彼女の状態をコントロールできるとわかるまで、彼女は家から出られません。

『彼女が最後に神経科医に診て貰ってから、5週間経ちますが、彼女はその間に30回のひきつけ発作を起こしました』と、彼女の母、トレイシー(42)は言います。

レアは以下のように付け加えます: 『振り返って、私は注射を受けて運がよかったと感じました。 しかし、なぜ、私の医者は2回目および3回目の接種を受けるのを許さないのでしょうか?』

グラクソ・スミスクラインが『Cervarixは、多数の研究において多数の人々で厳しい治験を受けなければなりませんでした』、そして、『通常、十分に使用可能であることがわかりました』と言っているが、Cervarixの安全性および有効性についての疑問は残ります。

「ワクチンについての真実」の著者、リチャード・ホルボルセン博士は以下のように述べます: 『HPVワクチンは無謀な速度で、そして、私の考えでは、十分な治験なしで導入されました。』

それはすでに、これまでに製造された最も儲けの多いワクチンです。そして、心配なことはメーカーの利益のために、そして、我々の若い女性の健康にほとんど注意を払わずに、それがあまりに拙速に導入されたということです。

『これらの両親は、ワクチンが娘の障害を引き起こしたかどうか、決してはっきりとはわからないかもしれません。』

『私は娘に子宮頚ガンワクチンの接種を受けることを奨励しません。 現在、我々はたしかにほとんど知りません  - そして、我々はほとんど知らないためこの問題を国家スケールに拡げることはできません。』

しかし、子宮頸ガンが引き起こすことがありえる惨状を知る人々は、このワクチンによる利益が可能性がある危険性を上回ることを疑っていません。

一方、子宮頸ガン慈善事業の責任者で、ジョーの委託者、ロバート・ミュージックは以下のように言います: 『本当に簡単に、このワクチン注射はお嬢さんの命を救うことができるでしょう。』

Cervarixの批判者の間でさえ、あなたは、この感情に同意しない人をまったく見つけられないでしょう。 しかし、病気に備えた時から、健康が悪化した人たちは奇跡のワクチン注射を見境なく受けることに対して警告を発するでしょう。

We are no longer accepting comments on this article.

Who is this week's top commenter? Find out now