Hide this
 

ワクチン中の水銀は何かもっと毒性の強い物質に取って代えられた

January 27, 2009 | 171,353 views
Share This Article Share

vaccines, aluminum下記にリンクされている短編の、目を見はらせる電子書籍は、2度考える世界ワクチン学会の責任者、ニール・ミラー著「ワクチン中のアルミニウム―神経学的な賭け」と題されている。それはアルミニウムがいっぱい入ったワクチンと関連付けられる危険について公表している。子供たちは、ワクチン中の高濃度のアルミニウムを体内注入されている。各種論文で明らかにされているこの神経毒は、水銀より危険であるかもしれない。

水銀を含有するいくつかのワクチンが市場から排除されたとき、高濃度の神経毒性をもつアルミニウムを含むワクチンが幼児のワクチン接種予定に加えられた。 生後2ヵ月の赤ちゃんは、現在、彼らのワクチンから、1,225 mcgのアルミニウムを体内注入される ― これは安全値より50倍高い! FDA、CDCそしてWHOは危険性に気づいているが、彼らは親たちが子供をロシアンルーレットのように傷つけないことを期待している。(訳者注ー多くの人は何の影響も受けないが、一部の人は大小の影響を受け、死に至る場合もある)
 

マーコーラ博士のコメント:
Follow Dr. Mercola on Twitter Follow Dr. Mercola on Facebook

数年前多くのワクチン(インフルエンザワクチン以外は)から水銀が除去されたとき、それは今やついにワクチンが安全であるという間違った見せかけてのことでした。 健康行政当局が明らかにしなかったことは、他の多くの有毒な添加物が依然としてワクチンに含まれており、そして、そのうちの1つはアルミニウムです。

アルミニウムは、水銀のような、広範囲にわたるメディアの注目を受けませんでした。したがって、多くの人々はそれが健康に危険であることを認識していません。

「アルミニウムは一般大衆によって危険な金属として認識されていないと私は信じています。したがって、我々は、ワクチンの中のその存在を擁護する観点からみてずっと快適な小門にいます」、 とWHOのワクチン・アドバイザー、ジョン・クレメンツ博士が言う。

彼はアルミニウムが一般大衆市民によって危険な金属として認識されていないと言ったことに注意してください………彼はアルミニウムは安全であるということがうそなので、単純にそう言うことができなかったのである。

何故アルミニウムがワクチンに添加されるのか?

大部分の ワクチンは、少なくとも 2つの構成要素を持っている。例えばはしかウイルスのようなウイルスに対する免疫反応を誘発することを求めている化学薬品、そして、免疫反応を強化し、典型的にアルミニウム化合物、MSGと水銀を含んでいる各種の非常に有毒な化合物から作られている免疫アジュバントである。免疫アジュバントの目的は、あなたの免疫系を強化し、できるだけ長期間にわたり、できるだけ強烈にそれを反応させることです。

例えば、健全な食事を摂り、運動することにより増強された自然の免疫増強と違って、人工免疫補助剤はそれ自身危険でありえると委員会認定の神経外科医で著者のラッセル・ブレイロック医学博士は言う:

複数の研究は、これらのアジュバントが、唯一回のワクチンからでも、2年間にわたり免疫過活性化を引き起こすことがありえることを示した。 これは、脳小膠細胞が同様に活発なままであり、そして、連続的に破壊的な化学物質を出し続けることを意味する。

実際、1件の研究は、免疫活性化物質の一回の注入が1年以上脳に免疫過活性化を生じさせることがありえることを明らかにした。 これは、非常に破壊的なことである。

どのようにしてアルミニウムは脳を傷めるか?

あなた、または、あなたの子供がワクチンの注射を受けるとき、それが含んでいるアルミニウム化合物は注射を受けた場所に蓄積するだけでなく、脳に入り、そこで蓄積する。 あなたの脳において、アルミニウムはニューロンと膠細胞(星状細胞と小膠細胞)に入る。

複数の研究はアルミニウムが小膠細胞を活性化させることができ、長い間そうすることができることを示した。そして、それはあなたの受けたワクチン中のアルミニウムがあなたの脳を占拠し、小膠細胞を過剰反応させることを意味している。

それに続くワクチンは、強化された炎症反応の引き金を引き、グルタミン酸塩とキノリン酸という
興奮性毒素の放出させるように作用すると、ブレイロック博士は指摘している。

一方、あなたが感染症にかかるか、より多くの毒素にさらされるか、脳卒中または何らかの頭部外傷を受けると、これはワクチンが原因となり脳に起こっている炎症反応を拡大させる。 研究は免疫系が活性化すればする程、あなたが神経変性疾患を患う可能性が高くなることを示した。.

A型肝炎とB型肝炎、そして、ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオと髄膜炎のペントエースカクテルを含む多くのワクチンに使用されている水酸化アルミニウムは、明らかにパーキンソン氏病、ALS(ルー・ゲーリック病)、そしてアルツハイマー病と関連する徴候と繋がっている。

複数の科学者は、最初の湾岸戦争のために開発された炭疽菌ワクチンをマウスに注射した後で、この関連性を発見した。 20週間後に、マウスの5分の1は皮膚アレルギーを発症し、そして、記憶問題はプラセボ群(比較対照群)と比較して41倍増加した。 また、マウスの脳の中では、運動をコントロールする細胞の35パーセントが破壊されていた。

上記のブレイロック博士によって検討されているように、脳内の慢性の免疫活性化が、多発性硬化症、アルツハイマー病、パーキンソン氏病、および、ALSからくる、多数の変性脳障害の損傷の主な原因であるという圧倒的証拠がある。これはアルミニウムを含むワクチンとこれらの病気の関連性を説明するかもしれない。

また、昨年後半、一団の科学者たちはアルミニウムを含むアジュバントを含む予防接種が慢性疲労症候群とその一つが多発性硬化症によく似ている重大な弱さと複数の神経症候群を誘発する病状である大食細胞筋筋膜炎を含む自己免疫病と関連しているたくさんの 免疫学的出来事の引き金を引くことができる ことを発見した。

米国小児学会の公式刊行物である Pediatrics掲載の研究でさえ、下記のことを認めている:

「現在アルミニウムは、神経系で、そして、他の組織でいろいろな細胞の代謝プロセスのじゃまをしていることに関係付けられています。」

これは、一部の専門家にワクチンの中のアルミニウムが自閉症と関連しているかもしれないと示唆させた。

あなたの子供は一体どのくらいのアルミニウムに曝されているか?

あなたが幼児の親であるならば、上記の電子書籍は、もしあなたが疾病管理センター(CDC)のワクチン接種予定に従ったなら一体どの程度のアルミニウムがあなたの子供に注射されるのかを非常に明瞭に説明しているので、私はあなたがこの本を読むことをお勧めする。

要するに、推奨された予防接種予定に従った赤ちゃんは、ちょうど1.5才の時までに、ほとんど5,000mcg(5mg)のアルミニウムを注射される。

FDAはアルミニウムの濃度が0.85mgまでは「安全である」と考えるので、ここに関連する危険について計算してみなさい。

両親にとって、これらの危険について何をすべきかという問題は非常に混乱させるものでありえる。 従って、決心する前に、予防接種の危険性について完全に調査をする時間をとりなさい。 ブレイロック博士の論文、「脳の発達中の過度の予防接種の危険性: 自閉症障害との関連性の症例」は私が高く推薦する優れた出発点です。

あなたがCDCの「全員適用」のワクチン接種予定より少ない危険性を達成するより賢明な、 「ユーザーフレンドリーな」ワクチン接種予定 を探しているならば、ドナルド・ミラー博士は以下のように忠告している:

         1. 子供が2歳になるまでワクチン接種を受けさせない。
         2. チメロサール(水銀)を含むワクチンを接種させない。
         3. 生ワクチンは接種させない。
         4. 下記のワクチンは2歳から始めて、6ヵ月おきに(混合ワクチンではなく)一種類ずつ接種を受けさせないといけない:
a. 百日咳(無細胞のもの、全細胞ではない)
b. ジフテリア
c. 破傷風
d. ポリオ(ソークワクチン(人間の細胞で培養されたもの))

あなたの小児科医が同意しないか、この問題をあなたと話し合うことを受け入れないならば、あなたの懸念を理解してくれる小児科医を見つけなければならない時である。

Thank you! Your purchases help us support these charities and organizations.

Food Democracy Now
Mercury Free Dentistry
Fluoride Action Network
National Vaccine Information Center
Institute for Responsible Technology
Organic Consumers Association
Center for Nutrtion Advocacy
Cornucopia Institute
Vitamin D Council
GrassrootsHealth - Vitamin D*action
Alliance for Natural Health USA
American Holistic Veterinary Medical Foundation
The Rabies Challenge Fund
Cropped Catis Mexico