Real Health Talk ©
With Craig Stellpflug NDC, Health Coach, Neuro Development Consultant

"It's your health we are talking about!"
                                                                                             
                                                                                                                  
< Home Page
 またワクチンの中のホルムアルデヒドは「人間にとって、
「どんなに少量の摂取でも安全でないことが広く知れ渡っているのに」、ワクチンの中に一般的に含まれています。「それは免疫系を弱体化し、神経系統損傷、遺伝子の損傷、代謝性アシドーシス、循環器ショック、呼吸不全と急性腎不全の原因となり、また、他の多くのものへの人の感受性を高め、それは摂取されるならば、腐食性を示し、そして、それは発がん物質の疑いがあります。実際、私たちの息子の腫瘍医は、ワクチンの中のホルムアルデヒドが彼の白血病の引き金であった可能性があることを暗示しました。」


<http://www.associatedcontent.com/article/879487/formaldehyde_in_vaccines_toxic_substance.html>ワクチンの中のアルミニウム--
「食物規制が始まってから間もない頃から、ミョウバン(硫酸アルミニウム)の食品への使用は非難されていました。それは、すべての国で毒であると広く認識されています.. アルミニウムは、それがGRAS(一般的に安全であると考えられている。) と分類されているという入り組んだ理由付けにより、FDAによって安全試験が免除されました。それはFDAによる安全検査をまったく受けていない上、アルミニウムの使用量と使用目的は全然規制されていません。アルミニウムの健康に与える悪影響については米国医学図書館に2000件以上の文献があります。アルミニウムの各種毒性の一部を下記に記述します。
化学物質登録
アルミニウムの毒性は、曝露がきつく、または長期にわたる場合、腎機能が制限されている場合、または、以前に蓄積さえた骨の負荷がストレスまたは病気で開放された場合、多くの場面で認識されてきました。毒性には以下のものを含みます: 脳症(どもり、歩行障害、筋肉の突然の収縮による痙攣、発作、昏睡、異常な脳波図、骨軟化症または再生不良性骨疾患(痛い特発性骨折、高カルシウム血症、腫瘍状石灰沈着症を伴う)、体の中心部の筋疾患、感染の危険上昇、左心室の肥大、心筋機能の低下、非常に高度の小球性貧血、突然死。
http://www.hbci.com/~wenonah/hydro/al.htm < http://www.hbci.com/%7Ewenonah/hydro/al.htm>






























フェイスブックのワクチンに関する投稿からの抜粋:
ワクチンの接種を受けた男子は、120%余計に喘息に罹る可能性があり、ワクチンの接種を受けていない男子よりより112%余計に自閉症に罹る可能性があり、279%余計にADHDに罹る可能性がありそうです。
 免疫学者ヒュー・フンデンバーグ博士と共著者は、5年間続けて毎年インフルエンザワクチンの接種を受ける55才の人々はアルツハイマー病を発病する危険性を途方もない10倍も増加させることを発見しました!

あなたの子供に予防接種をして、2倍の痙攣発作の危険を冒しますか!
<http://www.nytimes.com/2010/06/29/health/research/29child.html?emc=eta1>
 2007年10月 NEJM:ワクチンのメーカーは、
MMR

(はしか-おたふく風邪-風疹)またはDPT
(ジフテリア-百日咳-破傷風)

のような子どものときのワクチンの接種の一つにより病気になった子どもを持つアメリカの親に20億ドル近くを支払いました

 早すぎる思春期に関する新しい研究は以下のように書いています: 「ワクチンの安全性のデータリンク(Vaccine Safety Datalink)の中のチメロサール被曝と早すぎる思春期の増加傾向」はアメリカの子供たちの早すぎる思春期の発生率の増加と、チメロサールを含む幼時期のワクチンの中の水銀への被曝の増加との重要な関連性を確認しています。
私はずっと言ってきました。過去10年の間に、思春期の発生の早期化の可能性がアメリカで報告されました。近年では、思春期の開始時期に内分泌物を破壊している化学物質の役割の可能性に注目が払われています。米国疾病管理局(CDC)の米国有害物質と疾病登録部(ATSDR)は水銀が既知の内分泌かく乱化学物質であり、それが動物と人間のステロイド合成経路に悪影響を与えることを報告しました。
 ワクチンと幼児死亡率: 最も厳しいワクチンの接種計画表があるにもかかわらず、米国の幼児の死亡率は、より繁栄していない多くの国より非常に高いのです。世界的に見て、英国もまたより多くのワクチンを採用することにより、1970年の第12位から2010年の第33位にまで落ちました。アイスランドとスウェーデンははるかに少ない回数のワクチン接種を実施し、乳児死亡率は米国の半分以下です。
ワクチンは私たちを救いませんでした!多くの現代の健康「当局」は病気の減少のためにワクチンが貢献しているとし、ワクチンが安全かつ有効であると私たちに保証しています。しかし、あなたが百日咳、ジフテリア、ポリオ、はしかによる死亡の減少を見るならば、主として健康と衛生の改善の結果として、ワクチンの導入前にこれらの病気はほとんど一掃されていたことが明々白日です。
ロイター-幼児期のワクチンは重症型の小児てんかんの早期出現を誘発するかもしれません。研究者は、ランセット医学専門誌で発表された研究が両親に子供たちをワクチンの接種を受けさせることから遠ざけることを恐れると言いました。障害(Dravet症候群と呼ばれている)は、生後6ヵ月ごろ一般的にけいれん発作から始まります。これらの子供たちは劣った言語能力と運動能力をもち、他人との関係が困難になります。
おたふく風邪ワクチンは失敗しました!大部分の子供たちは、生後15-18ヵ月頃に予防注射の接種を受けるMMRによりはしかと風疹とともにおたふく風邪の免疫を付けます。小児科医は、おたふく風邪は子供たちの重い病気ではないけれども、もし彼らが子供の時免疫をつけないならば、大人になってからおたふく風邪に罹るかもしれないという議論で、この免疫化活動を防護します。しかし、このワクチンは失敗しました! ... 何度も。唯一の本当の免疫力は予防注射からではなく、おたふく風邪そのものから生まれます!この感染は、はしか-おたふく風邪-風疹(MMR)ワクチンの高い接種率にもかかわらず起こりました。7~18歳の患者の年齢の間に ― 最も多くの症例があった年齢層 ― の間で、患者の85%は2回の推奨されたMMRワクチンの接種を受けていました。
<http://children.webmd.com/news/20100211/mumps-outbreak-hits-ny-nj>
免疫力を付けられた子供たちは、そうでない子供たちよりうまくことを運ばなかったのです。シカゴのジフテリアの発生の間、同市衛生局は16人の犠牲者のうち4人が要求された病気のワクチンの接種を受けており、そして、5人がこのワクチンを一回以上接種を受けていたと報告しました。彼らの2人は規定どおりのワクチンの接種を受けていた証拠を示しました。3人が死んだ他の一つの集団発生についてのレポートは死亡例の一件と23人の保菌者のうちの14人は規定どおりの予防接種を受けていました。研究者がほぼ2,000人の老齢者に関するデータを見たとき-肺炎の258人、そして、肺炎に罹らなかった1,686人-彼らは、抗精神病性の薬を服用している患者が2倍病気になる可能性があることを発見しました。「Annals of Internal Medicine」に掲載された研究によれば、ワクチン接種量が多いほど、危険性が高いのです。
シャイプナーとカールソンはワクチンとSIDSの間の因果関係を自分自身に証明して、調査結果を適切に分析して、文書化して、査読のために彼らの研究結果を医学界に提出しました。彼らの仕事を再研究するか、幼児を保護するために公衆衛生政策を変えようとするよりはむしろ、大部分の医学界のメンバーはワクチンのメーカーの利益を保護する方を選びました。
天然痘ワクチンとルアタ博士: 「私は分析をこの6年に制限しました。その間に、全軍で使われる唯一のリンパは、動物のリンパの製造のために政府機関によって提供された動物のリンパだけでした。」政府の統計を引用して彼は所見を述べました: 「『本当に保護された』兵士は、『無保護の』兵士の2倍の割合で天然痘にかかりました。
ワクチンの接種を受けなければ学校に行けない:本当ではありません ... しかし、私が見た脳に損傷を受けた子どもと発達障害の子どもたちは、私たちが彼らの組織を侮辱する予防接種の不信心な程の量によって悪影響を受けています。両親は、しばしば、一部または全部のワクチンを拒否する彼らの権利について嘘を話されています。情報に基づいて決定する人々になってください。
 殺人を犯す陰謀: 1985年にオーストラリアの政府の前主任研究者シャイプナー博士と彼女の夫、電気化学エンジニアのリーフ・カールソンは、SIDSの「危険があり」と診断された赤ちゃんのために、CotWatch呼吸監視装置を発明しました。次の3年の間、このカップルは何百人もの赤ちゃんを追跡監視して、彼らのCotWatchが作ったイベント報告書を研究しました。「1988年までに、私たちは、ワクチンが赤ちゃんを殺しているということを知っていました」と、シャイプナー博士は言いました。
ワクチンは不必要で危険です-そして、それらは病気に自然な防衛力を持たない人間の世代につながっています。ワクチンの接種対象となっている病気の発生率が下がるに従って(しかし、有毒なワクチン接種からとは限らない)、慢性疾患の発生率は足をそろえて上昇します。
気の弱い雑学: ニュージーランドの赤ちゃんが羊皮の上で眠ることは非常に一般的です。これは、彼らがより速く太るのを助け、彼らの体熱を保持するためです。
Top of Form
Danica Davis <http://www.facebook.com/profile.php?id=1523292694>
ノヴァ自然玩具がそれらを売ります
Lora Bishop < http://www.facebook.com/profile.php?id=100000546942070> またニュージーランドは非常に高い率の揺籃死を持っていますーこれは羊の皮ー過暖房ーに関連している可能性がありますか?
Craig Stellpflug <http://www.facebook.com/craigstell> ローラ->よい所です。私は、通常SIDSをワクチンに起因する脱髄性損傷と同等視します。ニュージーランドにも、世界で最も積極的な無料の乳幼児ワクチン接種プログラムがあります。
ワクチン接種の後、T-ヘルパー・リンパ球は活発なエイズ患者の中に認められる水準に低下することが示されました。そして、それは敵対的な化学物質の血液への直接注入の後、免疫系機能不全の本当の危険を示しています。
しかし、ワクチンによる障害の10%未満しか報告されていません ・2010年1月8日現在、VAERSは、2009年の悪性のH1N1ワクチン接種に続いて発生した7814件の有害事象報告を受け取りました。7814件の報告書のうち、477件(6%)は、「重大な」健康イベント(致命的であるか、死んでしまったと定義される)と分類された報告書でした。477件の重大な健康イベントの報告書のうち、33件の死亡報告書がありました。
それは、「すべてが危険で、利益はない」のはっきりした事実です: Gardasilの接種の後、新しいFDAの報告書は789件の「深刻な」症例、永久の障害に至った213件、25件の体を衰弱させ、麻痺させる神経系の障害であるギラン-バレー症候群を含む、3,589件の有害事象の新しい症例を明らかにしています。
ニコル・ホール < http://www.facebook.com/profile.php?id=100001080764877>今年何がインフルエンザのワクチン接種のための「大きな努力」で上がっていますか?私がどこで見ても、サインがあります、それはラジオに出ています、店の従業員さえ彼らがインフルエンザのワクチン接種をすることができると話すシャツを着ており、あなたが店に電話をするとオートメーション化した声がCDCが誰もがインフルエンザのワクチン接種を受けるように勧めていると私に話しています。まさにこの考えが病気になっています。私は以前にこんなに多く宣伝されたことを覚えていません。私はそれがすべての強力なドルを稼ぐためであると想像しています。 クレイグ・シュテルプフク <http://www.facebook.com/craigstell> お金を追い求めなさい!しかし、あなたが昨年インフルエンザの予防接種を受けておれば、あなたが今年もう一回の接種を受けてもーあなたが 今年インフルエンザにかかる可能性は2倍になりそうであるというような、大学の研究統計のようなすべての統計を無視しなさい!またはあの免疫学者ヒュー・ファンデンバーグ博士と共著者は、毎年続けてインフルエンザワクチンを5年間受けた55才の人々がアルツハイマー病を発病する危険性は10倍に上ることを発見しました!

すべてのワクチンの接種を受けた男子は、120%余計に喘息に罹る可能性があり、ワクチンの接種を受けていない男子よりより112%余計に自閉症に罹る可能性があり、279%余計にADHDに罹る可能性がありそうです。

病人は健全な病院の資金の流れに貢献します。ワクチン接種は一般的にあなたをもっと病気にし、しばしばせいぜい非常に劣った「保護」を提供するだけです。

インフルエンザワクチン: インフルエンザの方が安全なくらいです! 世界ワクチン安全諮問委員会(GACVS)によると、ある研究が鼻腔内インフルエンザワクチン接種の後、ベルの麻痺(顔面右半分麻痺)の危険性が増加することを示しました。この研究に使用された鼻腔内インフルエンザワクチンの製造業者はこの危険性のために次のシーズンにはこれを市販しないことに決めました。GACVSによると、このワクチンによる免疫付与後のベルの麻痺のより大きな危険性は特定のワクチンの成分によるものかもしれません。
帯状疱疹は、水痘にかかった人を誰でも悩ますことができます。これは水痘帯状疱疹ウイルスによって引き起こされます。帯状疱疹は弱毒性の生きたウイルスを含む水痘ワクチンの接種を受けた人々に生ずるかもしれません。
帯状疱疹ワクチンの事実: - それはこの予防接種を受ける人々のちょうど半分を「保護します」、そして、あなたはすぐにこの病気に罹るかもしれません。 - 誰もその効果がどのくらい続くかについてまだ知りません。 - 誰も、まだ将来発生する副作用を知りません。パッチの形の新しい毒を体内摂取しなさい! 普通の皮下注射針の代わりに、「Clinica and Vaccine Immunology」で記述されたインフルエンザパッチは、ワクチンがあなたの体に入るに従って溶解する100本の小さい極微小な針を通して届けられます。極微小な針はポリマー・ポリビニルピロリドン、すなわちPVP、でできています。PVPに対するアレルギー反応はアナフィラキシーショックにつながることがあります。その上にワクチンの影響があります ...
 それでもあなたはまだワクチンの接種をうけますか? ジャーナル・オブ・アメリカン・メディカル・アソシエーションで報告された研究によれば、新しい肺炎球菌のワクチンの投与予定は、多耐性の菌株を獲得する危険の増加と関連があります。「浸潤性で呼吸肺炎球菌感染症の原因としての多剤耐性血清型19Aの急速な増加は、数カ国での7価の肺炎球菌の接合予防接種(PCV-7)の広範囲な実施と時間的に関連していました。」
ピッツバーグ大学とオースティンの子どもたちのための思慮深い家センターの研究者は、1990年代にアメリカの子供に投与される典型的な接種予定に従って幼い猿に一連のワクチンを投与しました。その後、彼らはこれらの猿の脳をワクチンの接種を受けなかった猿の脳と比較しました。ワクチンの接種を受けた猿は、自閉症と関連した脳の変化を示しました ...他方 ワクチン非接種の猿はそうではありませんでした。
これは犯罪です! 誰が2回のインフルエンザのワクチンの接種によって赤ちゃんに50mcgの水銀を与えますか?最新のCDCインフルエンザワクチンの推奨: 2010-2011年の季節の間に、2回のインフルエンザ・ワクチンの接種は、6ヵ月~8年の子供たちに、最小4週の間隔をあけて実施されなければなりません。もちろん、CDCは世界的流行病と言っている ... 再び
しかし、私見ではHPVワクチンGardisilは時には命を奪うことがあり、明白に効果がないので、これに頼らないでください。このワクチンの副作用は、麻痺から精神的障害までのあらゆる症状と共に私たちの医療クリニックに来ます。あなたが子供にワクチンの接種をしたいならば、十分な情報を考慮に入れた結果に基づいた決定をしなさい。
ワクチンには効果はない--参照文献:

Gilchrist, A, "To Vaccinate is Not Always to Immunize", Med J Aust, May 6, 1991, 154(9):638. [Vaccination does not always mean (or =) immunization.]

Daniel, J C, "The Polio Paradox, One of the Two Polio Vaccines Has Been Largely Abandoned in the US; The other is the Leading Cause of the Disease", Science, April 1986, p 37-39.... See More
More on the horrors of vaccines:
Pathel, JC, et al, "Tetanus Following Vaccination Against Small-pox", J Pediatr, Jul 1960; 27:251-263. [Now you need a tetanus vaccination!]
Favez, G, "Tuberculous Superinfection Following a Smallpox Re-Vaccination", Praxis, July 21, 1960; 49:698-699. [Super means large/big/great!]
Bonifacio, A et al, "Traffic ... See MoreAccidents as an expression of "Iatrogenic damage", Minerva Med, Feb 24, 1971, 62:735-740. [But officer I was just vaccinated!]
Baker, J et al, "Accidental Vaccinia: Primary Inoculation of a Scrotum", Clin Pediatr (Phila), Apr 1972, 11:244-245. [Ooops, the needle slipped.]
Edwards, K, "Danger of Sunburn Following Vaccination", Papua New Guinea Med J, Dec 1977, 20(4):203. [Are vaccines phototoxic?]
Stroder, J, "Incorrect Therapy in Children", Folia Clin Int (Barc), Feb 1966, 16:82-90. [Agreed.]
Wehrle PF, "Injury associated with the use of vaccines," Clin Ther 1985;7(3):282-284. [Dah!]
Alberts ME, "When and where will it stop", Iowa Med 1986 Sep; 76(9):424. [When!]
Breiman RF, Zanca JA, "Of floors and ceilings -- defining, assuring, and communicating vaccine safety", Am J Public Health 1997 Dec;87(12):1919-1920. [What is in between floors and ceilings?]
Stewart, AM, et al, "Aetiology of Childhood Leukaemia", Lancet, 16 Oct, 1965, 2:789-790.
Nelson, ST, "John Hutchinson On Vaccination Syphilis (Hutchinson, J)", Arch Derm, (Chic), May 1969, 99:529-535. [Vaccinations and STDs!]
Mather, C, "Cotton Mather Anguishes Over the Consequences of His Son's Inoculation Against Smallpox", Pediatrics, May 1974; 53:756. [Is it for or against?]
Thoman M, "The Toxic Shot Syndrome", Vet Hum Toxicol, Apr 1986, 28(2):163-166. [Animals are not exempt from vaccination damage either!]
Johnson, RH, et al, "Nosocomial Vaccinia Infection", West J Med, Oct 1976, 125(4):266-270. [Nosocomial means a disease acquired in a doctor's office or hospital.]
Heed, JR, "Human Immunization With Rabies Vaccine in Suckling Mice Brain," Salud Publica, May-Jun 1974, 16(3): 469-480. [Have you had your suckling mice brains today?]
Tesovic, G et al, "Aseptic Meningitis after Measles, Mumps and Rubella Vaccine", Lancet, Jun 12, 1993, 341(8859):1541. [AM has same symptoms as poliomyelitis!]
Buddle, BM et al, "Contagious Ecthyma Virus-Vaccination Failures", Am J Vet Research, Feb 1984, 45(2):263-266.
Freter, R et al, "Oral Immunization And Production of Coproantibody in Human Volunteers", J Immunol, Dec 1963, 91:724-729. [Guess what copro- means .... Feces.]
NA, "Vaccination, For and Against", 1964, Belg T Geneesk, 20:125-130. [Is it for or against?]
Sahadevan, MG et al, "Post-vaccinal Myelitis", J Indian Med Ass, Feb 16, 1966, 46:205-206. [Did I mention myelitis?]
Castan, P et al, "Coma Revealing an acute Leukosis in a child, 15 days after an Oral Anti-poliomyelitis Vaccination," Acta Neurol Bekg, May 1965, 65:349-367. [Coma from vaccines!]
Stickl, H, et al, "Purulent [pus] meningitides Following Smallpox Vaccination. On the Problem of Post- Vaccinal Decrease of Resistance", Deutsch Med Wschr, Jul 22, 1966, 91:1307-1310. [Vaccines are the injection of viruses cultured from pus ... ]
Haas, R, et al, "Studies on the Occurrence of Viremia Following Oral Poliomyelitis Vaccination with Sabin Type I Strain LSC2ab", Deutsch Med Wschr, Mar 4, 1968, 91:385-389. [Vaccines contains viruses!]
Converse, J L, et al, "Control of Tissue Reactions in monkeys vaccinated with Viable Coccidioides immitis by prevaccination with killed Coccidioides immitis", J Bact, Sept 1965, 90:783-788.
Motelunas, LI et al, "The Potential Epidemiological Hazard of Parental Transmission of Epidemic Hepatitis as the Result of Vaccination," Zh Mikrobiol, Nov 1965, 42:105-108. [Hazard Plus!]
Krudusz, J, "Effect of Vaccinotherapy on the Sedimentation Rate and On the Hematocrit", Klin Oczna, 1967, 37:191-195. [ESR is indication of health!]
Pop, A, "Production of Laboratory Animals for the Production of Serums and Vaccines," Arch Roum Path Exp Mocrobiol, 1967, 23:423-430. [Animal research for vaccine production!]
Espmark, A, "The Composition of Vaccines With Reference to Potentially Injurious Allergens", Lakartidningen, Nov 3, 1965, 62:3662-3667. [Vaccines are Potentially Injurious Allergens!]
DeRenzi, S, et al, "Damage Caused by Vaccine Therapy and Serotherapy", Clin Ter, Sept 30, 1966, 38:497-500. [Damage Caused by Vaccines!]
Lewis, J, "Iatrogenic Malaria," New Zeal Med J, Feb 1970, 71:88-89. [Malaria caused by the doctor!]
Prakken, JR, "Syphilization", Nederl T Geneesk, Jun 13, 1970, 114:1019-1023. [Syphilis!]
Damert, C et al, "Hygenical and Bacteriological Inspection of the Execution of Vaccination," Z Gesamite Hyg, Jul 1974, 20(7):439-442. [Hygiene means clean ... vaccine hygiene = oxymoron!]
Na, "Sibling Accidentally Vaccinates other Following Inoculation", Can Med Assoc J, Aug 4, 1973, 109:237. [I hate it when they let siblings play with needles.]
Opitz, B et al, "Prevention of Iatrogenic Infections Following Vaccination", Dtsch Gesundheltsw, Jun 15, 1972, 27:1131-1136. [Disease caused by the doctor!]
Raff, MJ, "Progressive Vaccinia (Vaccinia Gangrenosum)", J Ky Med Assoc, Feb 1973, 71:92-95.
Hanissian, AS et al, "Vasculitis and Myositis Secondary to Rubella Vaccination", Arch Neurol, Mar 1973, 28:202-204. [Did I mention vasculitis and myositis?]
Cho, CT, et al, "Panencephalitis Following Measles Vaccination", JAMA, May 28, 1973, 224:1299. [The measles vaccination is given to prevent pancephalitis; panencephalitis is a demyelination disease, too.]
Rubin, R H, et al, "Adverse Reactions to Duck Embryo Rabies Vaccine. Range and Incidence," Ann Intern Med, May 1973, 78:643-649. [Adversion to duck embryos, yuck!]
Gunderman, JR, "Guillain-Barre Syndrome. Occurrence Following Combined Mumps-Rubella Vaccine", Am J Disorder Child, Jun 1973, 125:834-835. [GBS is paralysis!]
Hale, MS et al, "Carpal Tunnel Syndrome Associated With Rubella Immunization", Am J Phys Med, Aug 1973, 52:189-194. [Did I mention Carpal Tunnel Syndrome?]
Provost, A et al, "Inopportune Cattle Mucosal Diseases Associated With Rinderpest Vaccine", Bull Epizoot Afr, Dec 1972, 20:265-267. [Those ... inopportune infections.]
Budal, J, "Hazards of Prophylactic Vaccination," Orv Hetil, Sept 10, 1972, 113:2237-2240. [or "Prophylactic" Hazards!]
Levenbuk, IS, et al, "A Morphological Study of the Harmlessness of Live Dysentery Vaccines From Streptomycin Dependent Mutants of Sh. Flexnert", ZH Mikrobiol Epidemiol Immunobiol, Feb 1972, 49:18-22. [Listed under Vaccinations Adverse Reactions.]
Arnold, H, "Our Vaccination Service is Sick", Oeff Egsundheitswes, Feb 1974, 36:133-134. [Agree!]
Spless, H, "Sterility of Vaccination Guns", Dtsch Med Wochenschr, Jun 27, 1975, 100(26):1445-1446. [Make sure the gun is sterile, because what is inside it isn't.]
Redey, B, "Self-Experiments with the Ingestion of Various Bacteria", Acta Microbiol Acad Sci Hung, 1974, 21(1-2):45-62. [Beyond the call of duty for some scientists.]
Webster, AC, "The Adverse Effect of Environment on the Response to Distemper Vaccination", Aust Vet J, Oct 1975, 51(10): 488-490. ["The terrain is everything" ... Pasteur's famous last words.]
NA, "Vaccines Made From House-Dust Mites", Drug Ther Bull, Apr 23, 1976, 14(9):35-36. [Sic!]
Levaditi, JC et al, "Local Tolerance of Vaccines Adsorbed on Immuno-Stimulating Substances", Sem Hop Ther, Feb 1975, 51(2):117-118. [Tolerance and sensitization, not immunity and immunization.]
Miller, Ta, "The Possibilities for Application of the Canine Hookworm Vaccine Technology to the Prevention and Control of Hookworm Infection and Disease in Man", In: Nuclear Techniques in Helminthology Research, Vienna, International Atomic Energy Agency, 1973. [That could be great to control human heart worms, too. We could also switch from going to medical doctors to vets.]
Borsche, A, "What are the Hazards of Vaccinations in Childhood?" ZFA, May 10, 1976,
Vaccine Citations Linking the Vaccine to the "prevented" Disease:

Nkowane, et al, "Vaccine-Associated Paralytic Poliomyelitis, US 1973 through 1984, JAMA, 1987, Vol 257:1335-1340.
Quast, et al, "Vaccine Induced Mumps-like Diseases", nd, Int Symp on Immun, Development Bio Stand, Vol 43, p269-272.
Green, C et al, "A Case of Hepatitis Related to Etretinate Therapy and Hepatitis B Vaccine", Dermatologica, 1991, 182(2):119-120.... See More
Shasby, DM, et al, "Epidemic Measles in Highly Vaccinated Population", NEJM, Mar 1977, 296(11): 585-589.
Tesovic, G et al, "Aseptic Meningitis after Measles, Mumps and Rubella Vaccine", Lancet, Jun 12, 1993, 341(8859):1541.
Johnson, RH, et al, "Nosocomial Vaccinia Infection", West J Med, Oct 1976, 125(4):266-270.
Malengreau, M, "Reappearance of Post-Vaccination Infection of Measles, Rubella, and Mumps. Should Adolescents be re-vaccinated?" Pedaitric, 1992;47(9):597-601 (25 ref)
Basa, SN, "Paralytic Poliomyelitis Following Inoculation With Combined DTP Prophylactic. A review of Sixteen cases with Special Reference to Immunization Schedules in Infancy", J Indian Med Assoc, Feb 1, 1973, 60:97-99.
Landrigan, PJ et al, "Measles in Previously Vaccinated Children in Illinois", Ill Med J, Arp 1974, 141:367-372.
NA, "Vaccine-Associated Poliomyelitis", Med J Aust, Oct 1973, 2:795-796.
Vaccination and Death

Na, "DPT Vaccination and Sudden Infant Death - Tennessee, US Dept HEW, MMWR Report, Mar 23, 1979, vol 28(11): 132.
Arevalo, "Vaccinia Necrosum. Report on a Fatal Case", Bol Ofoc Sanit Panamer, Aug 1967, 63:106-110.
Connolly, J H, Dick, G W, Field, CM, "A Case of Fatal Progressive Vaccinia", Brit Med Jour, 12 May 1962; 5288:1315-1317.... See More
Aragona, F, "Fatal Acute Adrenal Insufficiency Caused by Bilateral Apoplexy of the Adrenal Glands (WFS) following Anti-poliomyelitis Vaccination", Minerva Medicolegale, Aug 1960; 80:167-173.
Moblus, G et al, "Pathological-Anatomical Findings in Cases of Death Following Poliomyelitis and DPT Vaccination", Dtsch Gesundheitsw, Jul 20, 1972, 27:1382-1386.
NA, "Immunizations and Cot Deaths", Lancet, Sept 25, 1982, np.
Goetzeler, A, "Fatal Encephalitis after Poliomyelitis Vaccination", 22 Jun 1961, Muenchen Med Wschr, 102:1419-1422.
Fulginiti, V, "Sudden Infant Death Syndrome, Diphtheria-Tetanus Toxoid-Pertussis Vaccination and Visits to the Doctor: Chance Association or Cause and Effect?", Pediatr Infect Disorder, Jan-Feb 1983, 2(1): 7-11.
Baraff, LJ, et al, "Possible Temporal Association Between Diphtheria-tetanus toxoid-Pertussis Vaccination and Sudden Infant Death Syndrome", Pediatr Infect Disorder, Jan-Feb 1983, 2(1): 5-6.
Reynolds, E, "Fatal Outcome of a Case of Eczema Vaccinatum", Lancet, 24 Sept 1960, 2:684-686.
Apostolov. et al, "Death of an Infant in Hyperthermia After Vaccination", J Clin Path, Mar 1961, 14:196-197.
Bouvier-Colle, MH, "Sex-Specific Differences in Mortality After High-Titre Measles Vaccination", Rev Epidemiol Sante Publique, 1995; 43(1): 97.
Stewart GT, "Deaths of infants after triple vaccine.", Lancet 1979 Aug 18;2(8138):354-355.
Flahault A, "Sudden infant death syndrome and diphtheria/tetanus toxoid/pertussis/poliomyelitis immunisation.", Lancet 1988 Mar 12;1(8585):582-583.
Larbre, F et al, "Fatal Acute Myocarditis After Smallpox Vaccination", Pediatrie, Apr-May 1966, 21:345-350.
Mortimer EA Jr, "DTP and SIDS: when data differ", Am J Public Health 1987 Aug; 77(8):925-926.
Vaccines and Metabolism Citations:

Deutsch J, " [Temperature changes after triple-immunization in infant age]," Padiatr Grenzgeb 1976;15(1):3-6. [Article in German]
NA, "[Temperature changes after triple immunization in childhood]," Padiatr Grenzgeb 1976;15(1):7-10. [Article in German]
[Considering that the thyroid controls our Basal Metabolism, it would appear that vaccines altered (depressed) thyroid activity.]
Leaked emails revealed Merck knew Vioxx was dangerous and still sold it. How could they be trusted with Gardasil vaccine which is now killing people as well. I just hope 30,000 people dont have to die from Gardasil as they did with Vioxx before Gardasil is pulled.
<http://www.naturalnews.com/010613_Vioxx_Merck_e-mail.html>
In memory of those who have passed away from the side effects of gardasil vaccines. Here facts and stories directly from families effected:
<http://www.truthaboutgardasil.org/>
Regarding Gardasil vaccine:
Supporting evidence that HPV "causes" cervical cancer has not been obtained, contrary to popular belief. The truth is that they FIND HPV in most cases of cervical cancer but that is only because HPV it is so common. The FDA has known for a long time that there is not a proven cause-effect relationship.

HiFi DNA Tech, ... See Morea company that manufacturers a DNA testing device that can detect the presence of HPV (Human Papilloma Virus) is petitioning the FDA (and suing the FDA) to get it to reclassify its medical device as a “Class II” device based on the revelation that the FDA has already adopted the position that HPV infections do not directly cause cervical cancer.
-Source:
<http://www.news-medical.net/?id=31180>

<http://www.fda.gov/bbs/topics/NEWS/2003/NEW00890.html>

Vaccines Have Been Linked to Leukemias and Lymphomas:

Bichel, "Post-vaccinial Lymphadenitis Developing into Hodgkin's Disease", Acta Med Scand, 1976, Vol 199, p523-525.
Stewart, AM, et al, "Aetiology of Childhood Leukaemia", Lancet, 16 Oct, 1965, 2:789-790. [Listed under Vaccine Adverse Reactions.]
Glathe, H et al, "Evidence of Tumorigenic Activity of Candidate Cell Substrate in Vaccine Production by the Use of Anti-Lymphocyte Serum", Development Biol Std, 1977, 34:145-148.... See More
Bolognesi, DP, "Potential Leukemia Virus Subunit Vaccines: Discussion", Can Research, Feb 1976, 36(2 pt 2):655-656.
Colon, VF, et al, "Vaccinia Necrosum as a Clue to Lymphatic Lymphoma", Geriatrics, Dec 1968, 23:81-82.
Park-Dincsoy, H et al, "Lymphoid Depletion in a case of Vaccinia Gangrenosa", Laval Med, Jan 1968, 39:24-26.
Hugoson, G et al, "The Occurrence of Bovine Leukosis Following the Introduction of Babesiosis Vaccination", Bibl Haemat, 1968, 30:157-161.
Hartstock, , ""Post-vaccinial Lymphadenitis: Hyperplasia of Lymphoid Tissue That Simulates Malignant Lymphomas", Apr 1968, Cancer, 21(4):632-649.
Allerberger, F, "An Outbreak of Suppurative Lymphadenitis Connected with BCG Vaccination in Austria- 1990/1991," Am Rev Respir Disorder, Aug 1991, 144(2) 469.
Omokoku B, Castells S, "Post-DPT inoculation cervical lymphadenitis in children." N Y State J Med 1981 Oct;81(11):1667-1668.
Vaccinations and Diabetes:

Sinaniotis, et al, "Diabetes Mellitus after Mumps Vaccination", Arc Dis Child, 1975, 50:749.66
Polster, H, "Diabetes insipidus after Smallpox vaccination", Z Aerztl Fortbild (Jena), 1 Apr 1966, 60:429-432.
Patan, "Postvaccinal Severe Diabetes Mellitus", Ter Arkh, Jul 1968, 40:117-118.... See More
Classen, JB, MD, "The Timing of Immunization Affects The Development of Diabetes in Rodents", Autoimmunity, 1996, 24:137-145.
Classen JB, "The diabetes epidemic and the hepatitis B vaccines," N Z Med J, 109(1030):366 1996 Sep 27. [letter]
Classen JB, "Childhood immunisation and diabetes mellitus," N Z Med J, 109(1022):195 1996 May 24 [letter]
Poutasi K, " Immunisation and diabetes," N Z Med J 1996 Jul 26;109(1026):283. [letter; comment]
Dokheel, T M, "An Epidemic of Childhood Diabetes in the United States? Evidence from ....", Diabetes Care, 1993, 16:1606-1611.
Parent ME, et al, "Bacille Calmette-Guerin vaccination and incidence of IDDM in Montreal, Canada," Diabetes Care 1997 May; 20(5):767-772.
House DV, Winter WE, "Autoimmune diabetes. The role of auto-antibody markers in the prediction and prevention of insulin-dependent diabetes mellitus," Clin Lab Med 1997 Sep; 17(3):499-545.
Zeigler, M et al , "[Autoantibodies in type 1 diabetes mellitus]" Z Arztl Fortbild (Jena). 1994 Aug; 88(7-8):561-5Vaccinations and Convulsions and Epilepsy Citations:

Prensky AL, et al, "History of convulsions and use of pertussis vaccine," J Pediatr 1985 Aug; 107(2):244-255.
Baraff LJ, "Infants and children with convulsions and hypotonic-hypo-responsive episodes following diphtheria-tetanus-pertussis immunization: follow-up evaluation," Pediatrics 1988 Jun; ... See More81(6):789-794.
Jacobson V, "Relationship of pertussis immunization to the onset of epilepsy, febrile convulsions and central nervous system infections: a retrospective epidemiologic study," Tokai J Exp Clin Med 1988;13 Suppl: 137-142.
Cupic V,et al, "[Role of DTP vaccine in the convulsive syndromes in children]," Lijec Vjesn 1978 Jun; 100(6):345-348. [Article in Serbo-Croatian (Roman)]
Pokrovskaia NIa, "[Convulsive syndrome in DPT vaccination (a clinico-experimental study)]," Pediatriia 1983 May;(5):37-39. [Article in Russian]

Vaccinations and Epilepsy Citations:

Ballerini, Ricci, B, et al, "On Neurological Complications of Vaccination, With Special Reference to Epileptic Syndromes," Riv Neurol, Jul-Aug 1973, 43:254-258.
Wolf SM, Forsythe A, "Epilepsy and mental retardation following febrile seizures in childhood," Acta Paediatr Scand 1989 Mar;78(2):291-295. Vaccines and Brain Swelling:

Iwasa, S et al, "Swelling of the Brain in Mice Caused by Pertussis ... Quantitative Determination and the Responsibility of the Vaccine", Jpn J Med Sci Biol, 1985 , 38(2):53-65.

Mathur R, Kumari S, "Bulging fontanel following triple vaccine." Indian Pediatr 1981 Jun;18(6):417-418.... See More

Barry W, Lenney W, Hatcher G, "Bulging fontanelles in infants without meningitis." Arch Dis Child 1989 Apr;64(4):635-636.

Shendurnikar N, "Bulging fontanel following DPT" Indian Pediatr 1986 Nov;23(11):960.

Gross TP, Milstien JB, Kuritsky JN, "Bulg


<Back to Craig's Published Articles

Natural News Articles by Craig>

Radio Show Archives link>


<Back to Home Page
                          ワクチンの毒性
                                              A collection of statements and links
                                                                               By Craig Stellpflug NDC
                                                                                  Healing Pathways Medical Clinic, Scottsdale, AZ
                        Copyright 2009 Craig Stellpflug© Permission is herby granted to copy and distribute this article but only in its entirety

発育中の胎児は有毒な金属に特に敏感であり、そして母親の体に溜まっている金属と他の毒素の廃棄場のようなものとなります。臍帯血のサンプルを使った研究は胎児の血液は重金属によって母親の血液に比べてもっと多く汚染されていることを示しています。生まれたばかりの子供は、現在、親の世代より環境毒素に対する感受性に対する強い素因が作られています。この子供が成人期になるに従って、接触する追加的な化学物質と金属にさらに汚染されます。今や次世代の後継者はさらに有毒な物質に曝され、両親よりももっと悪影響を受け易くなります。そして、この循環は続いて行きます。

 これが世界中で起こっている自閉症の潮の氾濫を説明しています。各々の世代が親から子供に神経毒の金属と化学物質を移転するに従って、幼児性の自閉症の発病率は急増します。幼児性の自閉症の誘発要因の1つは、私たちがアメリカで適用している過剰なワクチンの接種計画です。現在子供が5才に達する前に、私たちはおよそ35種のワクチンを投与します。 アメリカでは100人に1人が自閉症を発病するのに対し、フランスでは15種のワクチンを投与し、600人に1人が自閉症を発病するに過ぎません。何がワクチンによる私たちの過度の出来事を引き起こしているのでしょうか?アメリカは幼児の死亡率が世界で34番であり、これはクロアチアとアルバニアのような国より下です。幼時のワクチンが生命を救っているのであれば、なぜ我が国の乳児死亡率は第三世界諸国に遅れをとっているのでしょうか?

ワクチンは常に水銀とアルミニウム(生化学者ボイド・ヘイリーによると水銀ゼロのものさえ)を含有しており、特に発育中の子供たちにとって厄介なことでありえます。監視人ケイト・ネルソンは、薬メーカーはワクチンが超微量のチメロサールを含んでいるに過ぎないとき、それを水銀ゼロと呼んでもよいと報告しています。

ワクチンにより異なりますが、下記は有毒な成分のリストです。それらの一部またはすべてがワクチンに含まれていますが、そのどれもがワクチンの接種を受けることを決める前に本人または両親に明らかにされることはありません:

中絶された胎児の細胞
水酸化アルミニウム
燐酸アルミニウム
硫酸アンモニウム... 更に見てください
アンフォテリシンB
動物の組織:ブタの血液、馬の血液、ウサギの脳 ... ... 更に見てください
犬の腎臓、猿の腎臓
鶏の胚、鶏卵、カモの卵
牛の血清
ベータプロピオラクトン
牛の胎児の血清
ホルムアルデヒド
ホルマリン
ゼラチン
グリセリン
人の二倍体細胞(中絶された人の胎児の組織から作成)
加水分解されたゼラチン
グルタミン酸ナトリウム塩 (MSG)
ネオマイシン
硫酸ネオマイシン
フェノールレッド指示薬
フェノキシエタノール(不凍液)
リン酸二水素カリウム
燐酸水素二カリウム
ポリミキシンB
ポリソルベート 20
ポリソルベート80
豚の膵臓カゼインの加水分解物
残留MRC5タンパク質
ソルビトール
蔗糖
チメロサール(水銀)
リン酸トリブチル、
VERO細胞、サル腎培養細胞の連続する列
洗われた羊の赤血球
上記のワクチンの成分のいくつかを検討しましょう:ポリソルベート80は場合によっては血液の凝固、脳卒中、心臓発作、心臓麻痺と死の危険性を増します。
<http://www.drugs.com/cdi/darbepoetin-alfa-polysorbate-80.html>

ケンタッキー大学のボイド・ヘイリー教授によると、現在の所水銀はすべての幼児ワクチンに含まれています。水銀は新生児の反射を叩きのめす大きい役割を果たし、そして、真菌とミルク・オピオイドは犠牲者を自閉症に似た徴候のような状態に置いておくのを助けます。