Real Health Talk ©
With Craig Stellpflug NDC, Health Coach, Neuro Development Consultant

"It's your health we are talking about!"
                                                                                             
                                                                                                   
< Home Page
                                                                                            HPV ワクチン
                                        どんなに犠牲を払っても避けたいと思われるであろうワクチン!
                                                                  By Craig Stellpflug NDC, CNC Healing Pathways Medical Clinic Scottsdale, AZ
                                       Copyright 2013 Craig Stellpflug© Permission is hereby granted to copy and distribute this article but only in its entirety

HPVの発生

HPVは、ヒト・パピローマ・ウイルスを表します。 HPVは性交によってのみ感染する病気ではなく、子宮頸ガンの唯一の原因ではありません。 たとえ一生の間一夫一婦制で生きたとしても、誰でもHPVにかかることがあります。 HPVは子宮頸がんの唯一の原因ではないので、一部の人々はHPVなしでさえ子宮頸がんにかかるので、ワクチンは本当の安全装置ではありません。

私たちの20歳以下の息子と娘に対するHPVワクチンの効果を示すためにHPVワクチンの長期間の臨床試験または治験が実施されていません!  浸潤がんが発症するために20年以上がかかります。 したがって、ワクチンがガンの発生を延期しているか、防止しているという証明が全然ありません。


HPVには60以上の種類があります。そして、最も一般的なものは生殖いぼを引き起こす2種類です。 また、これらの2種類は子宮頸がんを引き起こす「高い症例」を持つことがあります。 しかし-どんな生殖いぼでも、ガン病変に進行するかもしれません。 そう言われると、HPVをテストする信頼できる手段がありません。 さらにまた、徴候が現れるまでに、ウイルスは最高1年間、そして、徴候がおさまった後最高2年間はなかなか消えないことがあります。 ほとんどのHPVの症例は自然消滅します。

HPV ワクチンに対する副作用の報告

2013年8月現在、 S.A.N.E. Vax1 は、 HPVワクチンが30,000人以上の有害反応、ワクチン接種を受けた人が回復しなかった6,154人の症例、治療不可能の障害を生じた975人の症例と139人の死を引き起こしたことを報告しています。 Gardasil の犠牲者に対する損害賠償の約600万ドルは、国家ワクチン障害補償プログラムによって支払われました。 これまでにすべての有害ワクチンの反応の10%未満しか報告されていない2ことを心にとめておいてください。

ウォールドとショージャンによる分析は、すべての有害事象のわずか1.5%が有害事象として報告されていることを発見しました。そして、それらの有害医薬品事象のわずか6% だけが適切に認められます .... Psychiatric Times は、AMA(米国医師会)が医療ミスの報告を義務付けることに強く反対であることを強調しました。3


HPVワクチン内の遺伝子組み換え物質

S.A.N.E. Vax社は無作為に、世界中から集めた13件の異なるロットのGardasilの小びんをテストして、遺伝子が組み替えられたHPV    DNA菌種が、テストされたすべてのサンプルで、ワクチンのアルミニウム・アジュバントにしっかりと付着していることを発見しました。 このアルミニウムとの結合は、遺伝子が組み替えられた組み換え型HPV DNA(rDNA)が細胞に入って、大破壊をもたらします。 1人の症例では、13才の女子が 、 3回目のGardasil ワクチンの接種を受けた後24時間以内に急性若年性慢性関節リウマチを発病しました。。4 2年後彼女の血液がまだこの同じrDNAに対して陽性反応を示しました。またこの風変わりなrDNAは、Gardasilの接種を受けた6ヵ月後に睡眠中に原因不明で死亡した十代の女子の死後解剖の標本の中でも発見されました。

アルミのアジュバント(効力増強剤)

 アルミニウムは既知の神経毒で、細胞を殺すことができ、神経学的損傷を引き起こすことができ、そして他の多くの免疫系の問題を引き起こすことができます。 1回のGardasil の注射はアルミニウムを225マイクログラム(mcg)含んでおり、そして、現在推奨されていることは、数カ月の間に一連の3回の注射を受けることです。 これを推奨通りに受けると675mcgのアルミが体内に注入されます。5

米国小児学会はPediatrics(1996年3月)のAluminum Toxicity in Children  と題された記事の中で、「現在アルミニウムは、神経系と、そして、他の組織でいろいろな細胞と代謝プロセスに干渉することに関係があるとされています。」6 と述べています。彼らはアルミニウムの毒物学研究の全てを完全に無視しました。 なぜ?と、あなたは尋ねるかもしれません。 アジュバントを含有しないワクチンは役に立たず、どんな免疫反応を引き起こすためにも完全に無効果です。 ワクチン産業がワクチンに80年間使われたThimerosal(水銀)を取り去るプレッシャーに曝されたとき、彼らは他のもう1つのアジュバントを見つけなければなりませんでした。そして、アルミニウムが選択されました。

ワクチン中のアジュバントを研究して、ラジェッシュ・グプタは次の通り報告しました。「人用のワクチン、特に既定の幼児用ワクチン、に使用されているアジュバントの最も大きい問題は、大部分のアジュバント製剤の毒性と有害な副作用です。 副作用のいくつかは、免疫系の異なるメカニズムを想定外に刺激することに帰することができ、その他は、だいたい想定されている一般的な有害薬理学的反応を反映しているかもしれません。」7

ジョン・クレメンツ博士、World Health Organizer (WHO)の関係者、はワクチンの中のアルミニウムは危険であることを認めますが、彼の答弁は「アルミニウムは、たしか、市民によって危険な金属として認められません。 したがって、我々は、ワクチンのなかにそれが存在することを擁護する観点では、ずっと快適な小門にいます。」

ポリソルベート 80 (50mcg): HPVワクチンに含まれているポリソルベート80は、ラットでは卵巣の奇形、変性性の小胞、ホルモンの変化そして膣と子宮を変化させる既知の原因です。8 ポリソルベートは、マウスで不妊性を引き起こすことを示したアジュバントです。ラットに注射されると、それは生殖器の急成長をもたらし、またその成長は異常であり、そして、ネズミは不妊になり、繁殖することができませんでした。 ポリソルベート 80の材料安全データ・シート (MSDS)に記載されているように、それが発ガン性の性質を持つかもしれず(ガンを引き起こす)、また突然変異誘発性を持つかもしれません(先天性異常を引き起こす)。また、ポリソルベート 80が以前ビタミンと共に静注で使われたとき、アナフィラキシー性ショックを引き起こすことも知られていました。」 9

ホウ酸ナトリウム (35 mcg): ホウ酸ナトリウムは、かつて傷を消毒するために使用されました ― 人々が度重なる使用により死に始めるまでは 。 それは、あまりに多くの赤ちゃんが死に始めるまでは、病院で幼児の新生児室を清潔にするためにも用いられました。 それはゴキブリの殺虫用に使われます。そして、人間がこの化学物質にさらされるとき、それは嘔吐、下痢、皮膚発疹、水膨れ、虚脱、昏睡、痙攣、うとうと状態、熱、無気力、低血圧、尿量の減少、皮膚の脱皮、顔の筋肉、腕、手、脚そして足のひきつりを引き起こします。10


結 論: 巨大製薬会社メルクによる調査は、Gardasil が偽薬と全体的に同じ反応を持つことを発見し、そして、これらの研究はGardasil が「偽薬と同じくらい安全な」ものとして称賛したことが明らかになりました。11 しかし使われた偽薬は、注射薬であり、それにはワクチンと同じ致命的なアジュバントが加えられていました。 偽薬は、注射薬として実際に同量のアルミニウムを含みました。アルミニウムはGardasil が引き起こしたと考えられている神経障害と同じタイプの神経障害を引き起こすことがありえる金属)です。 従って、どんな研究でも「偽薬と比較して」言うとき、あなたはそれを信頼することができません! しかし、あなたとあなたの子供たちはこれらのペテンによる損傷で困らせられるでしょうから、正しい情報に基づいた決定をしなさい。(訳者注:二重盲検法で使用する偽薬は人体に健康上の影響を与えてはいけません。)


1) http://sanevax.org/
2) http://www.nvic.org/reportreaction.aspx
3) Grinfeld MJ. The Debate Over Medical Error Reporting. Psychiatric Times, April 2000. Vol. XVII Issue 4.
4) http://vactruth.com/2012/05/13/gardasil-may-cause-cancer/
5)http://www.legalexaminer.com/fda-prescription-drugs/gardasil-and-how-it-has-affected-the-lives-of-young-american-women-and-their-families/
6) http://www.childhoodshots.com/Ingredients-in-the-Gardasil-Cervical-Cancer-Vaccine-s/237.htm
.
7) http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8585280
8) http://www.ageofautism.com/2010/05/paul-offits-message-cdc-fda-nih-iom-aap-who-and-merck-engaged-in-pseudoscience.html
9) http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16400901
10) http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/article/002485.htm
11) http://www.nvic.org/nvic-archives/pressrelease/gardasilgirls.aspx



<Back to Craig's Published Articles

Natural News Articles by Craig>

Radio Show Archives link>


<Back to Home Page