Stay Updated: Posts | Comments

  • 20th February 2011 - By Joel Lord
    Goldshotjpg見 出しだけで全ての物語がわかります。 『子宮頸がんワクチンの接種を受けた後脳に損傷を発症した十代の女の子』、『何千人もの英国女子学生が有害反応で苦しんでいます … 多くの人は複数の副作用を報告しています』、『20,575人の有害反応、予防接種の後異常なパップ塗布結果報告は352件、89人は死亡』、 『Gardasilの安全性に関する新しい懸念』、『子宮頚ガンワクチンはギラン-バレー症候群の危険性を増すかもしれない』、'『更に8人の死亡が HPVワクチンに関連付けられている』 …
    アメリカ疾病管理センター(CDC)によると、子宮頚ガンは「世界中の女性のガン死の第2番目の主要な原因」です。 アメリカ合衆国では、毎年およそ10,000人の女性が子宮頸がんにかかり、そして、およそ4,000人はそれで死んでいます。」 CDCがあなたに話さないことは、「すべてのHPV感染症の70パーセントは、治療しなくても1年以内に自然消滅する」という事実です。 2年以内をとればこれが90パーセントまで増加します。HPV感染症の残りの10パーセントのうち、わずか半分だけが子宮頸がんに進行します。このようにワクチンをほとんど必要としません」 – 2種類のHPVワクチンGardasilとCervarixの開発指導研究者の ダイアン・ハーパー博士の視点、そして、世界中の政府の管轄下にある健康管理部によって活発に後援されたワクチンの製造業者メルク(Gardasil)とグラクソ・スミスクライン(Cervarix)によって市民が『つかまされている』科学文献に直接論争を挑んでいる人のように見えます。

    gardasil.gi実 際、メルクはその公式パッケージ内の印刷物で明らかに製品の効果の限界を認めています ― 『GARDASILは、ワクチンに含まれていないタイプのHPVが原因となる病気を防止することは示されていません。すべての陰門、膣、そして肛門の ガンがHPVに起因するというわけではなく、そして、GARDASILはワクチンに含まれているタイプのHPV(人間のPapillomavirus)に 起因する陰門、膣、そして肛門のガンだけを予防します。』

    gardasil logoGardasil は、最も一般的な生殖HPVの系統、タイプ6、11、16と18の4種類から、表面上は予防します; これは子宮頸がんの70%そしてそれと関連する生殖いぼの90%を占めると言われています。メルクの最初の臨床試験方法(事実)の制限、悪性子宮頸がんに 至るのに数十年がかかりますが、Gardasilの最も長い臨床試験期間はわずか4年であった事実をを考慮に入れると、先進諸国では、定期的なパップ塗布 検査と安全なセックスおよび/または避妊用具を使わないセックスの節制の広範囲な強調のおかげで、子宮頸がん死亡率と発生率の74%の低下を実現している 圧倒的証拠にかかわりなく、肝心な点は、『Gardasilは、子宮頸がんを防止することは決して示されなかった』ことを示しています。

    Cervarix2現在GardasilとCervarixの接種が原因になっている重篤な有害事象(すなわちギラン-バレー症候群)と死の公式の集計は、『販売された100,000回のワクチンに対し3.34人』であり、子宮頸がんによる平均死亡率(100,000人の女性に対し2.4人)のほとんど倍に達します。2010年11月3日現在、ワクチン有害事象報告制度(VAERS)は、352人の予防接種後のパップ塗布検査結果の異常とGardasilとCervarixと関連した89人の死亡の報告書を含む合計20,575人の有害反応を確認しています。

    CDC(VaersはCDCによって後援され、監督されています)によって実施された研究は、過小報告のため、実際の症例の10%から90%までが失われていることが示しました。病院はそのような病訴を調査するとき、非難をワクチンの接種以外の何かに代えて接種前の医学的状況や免疫力の低下のような外部要因に非難の矛先を向けることにより、ワクチンとの関連性を無視するように訓練され/傾むきます。CDCは、「転倒による潜在的怪我を避けるために予防接種の後'15分間の監 視を勧めるだけです。ワクチンの神経学的および神経発達上の関連した副作用は、人により、接種後数日から数週間、時には数ヵ月後に遅れて表面化することが あります。これは、ワクチンの裁判ですべての責任を避けるためにワクチンの製造業者によって多用される戦術です。したがって、これらの数字に基づく不確実 な正確さを前提として、HPVワクチンシリーズの実際の有害反応を反映している正確な数は、25-40,000の症例のどこかにあります。

    幼時用ワクチンに関して製造者責任の正式の結論を下す最高裁判所は:『米国の連邦法は、幼時用ワクチンによる重篤な副作用につ いて薬メーカーに対する訴訟を禁じている。議会は、このような損害賠償請求を取り扱うために、ワクチン市場から製薬会社を駆逐することなく損傷を受けた子 供たちに補償金を提供する道、両親の訴訟に対する防御コストを免れさせる無過失損害賠償制度のシステム、として特別なワクチン裁判所を設立した。

    ワクチンの製造者はワクチンによる損傷を補償するためにその売上高から非公式の、効率的な補償プログラムに資金を提供します。その代わり、それらは高くつく不法行為訴訟、時折ある不相応な陪審評決を避けます … ワクチン市場から製薬会社を駆逐することなく損傷を受けた子供たちに補償金を提供する道、両親の「訴訟」に対する防御コストを免れさせる無過失損害賠償制度のシステム。』米国最高裁判所裁判官アントニン・スカリア
    http://www.masslive.com/newsflash/index.ssf/story/us-court-rules-against-parents-in-vaccine/5e37878408ea4637b39b28172f7acbf2

    使用された法律用語に基づく法的意味論は、NCVIAの 1986年法はワクチン製造者に責任からの「無過失損害賠償制度の保険」の保護を許容する: 「制度上の欠陥は、NCVIA(国家幼児ワクチン損傷法/86)またはFDAの規則の一つの記載にも値しない。実際、FDAはワクチンがその意図された使 用のために安全で効果的かどうかを決めるために使う基準さえこれまで規則で説明しなかった。」最高裁判所裁判官スカリア
    http://vaccineepidemic.com/images/bruesewitz2011.pdf

    『メルクによって行われたすべての臨床試験では、頸部上皮内新生物(CIN)2/3前がん病変が、Gardasilを評価するための有効性判断基準として使われた。何が有効性のための基準としてCIN2/3病変を使う際の問題なのか?ま ず第1に、Gardasilの販売促進のために効果として訴えることが、ワクチンが「子宮頸がんを予防する」ということであるなら、子宮頸がんが有効性の 判断基準として使われるべきであり、CIN 2/3前がん病変のような代用品の目印ではない。 第2に、子宮頸がんの自然の過程において、CIN 2障害のうちごくわずかだけがCIN 3障害へ進行し、そして、結局、CIN 3病変部のうちごくわずかだけが子宮頸がんに進行する。さらにまた、CIN 3病変部さえ異質である(初期の小さな病変部と古い進行した病変部があり、そして、我々は現在の研究において臨床的有効性判断基準として用いられている小 さな病変部のうちどの位の割合が大きな、進行性のCIN3病変部になるまで持続するかについてわからない)。したがって、どんな女性の集団(そして、それ は、Gardasilの臨床試験を受けた人々を含む)においてでも、CIN 3障害と子宮頸がんの組合せより多くのCIN 2障害がある。その結果、有効性の評価のために使われた大多数の「CIN 2/3またはそれ以上に悪いもの」の症例で、メルク社の FDAワクチンおよび関連生物学的製品諮問委員会への報告書(Gardasil HPV四価染色体ワクチンのVRBPAC背景文書)にリストされたものはCIN 2病変部でなければならなかった。』Lucija Tomljenovic博士
    http://sanevax.org/news-blog/wp-content/uploads/2011/02/Gardasil-vaccination-risks-vs-benefits-FINAL11.pdf

    gardasil.img_assist_customCDCとNIAIDは、重金属、組織培養試薬とウイルスの安定剤のカクテルと組み合わせて(複数の)ウイルスを利用するとき、『 内在性レトロウイルス(生殖細胞系DNAの中に固定された先祖の外因性レトロウイルスの感染症の残り物)、『偶然のエージェント』(突然変異誘発性ウイルス株 )および『発癌性エージェント』(新生物またはガン) の存在と重金属、組織培養試薬とウイルスの安定剤のカクテルと結合した、ウィルス相互汚染の「理論的な」危険性、の存在を、公然と認めています。

     

    『ウィルス・ワクチンの生産は、ウイルスの複製またはワクチンのタンパク質を生産するのに十分な時間の 後、細胞サブストレート(細胞の表面/外殻)をワクチンの種に感染させることとこれらの細胞から作ったバルク製品の浄化を一般的に必要とします。他の原料 (例えば、組織培養試薬、安定剤)は、生産のいろいろな段階で製品に加えられます。このようにして、偶然のエージェントは、理論的にこれらの成分のどれを 通してでも、ウィルス・ワクチンに入ることができました。
    ワクチン製造環境(洗練された現代的な施設でワクチンを生産することによって)の厳密な管理、原料の適切 な検査、そしてバルクと最終製品の検査は偶然のエージェントがワクチンに入らなかったことを確実とすることを助けることができます。大部分のワクチンは、 偶然のエージェントで汚染される可能性を減らすことができる不活化または浄化処理を受けます。』米国疾病管理センター
    http://www.cdc.gov/ncidod/eid/vol7no3_supp/krause.htm

    「インフルエンザのウイルス・ゲノムは分割されるので、2つ以上の異なるインフルエンザ・ウイルスと1種 類の宿主細胞の共同感染はそれらの遺伝物質が再集合(シャッフルする)する結果になることがありえます。結果として生じる後継ウイルスは人間が既存の免疫 を持っていないHAタンパク質を含むならば、それが内部の遺伝子の効率的な複製能力を有するセットを持っているならば、そして、それが人間から人間にすぐ に広がることができるならば、この抗原性シフトは世界的流行病につながることができます。」 Antony Fauci博士(ディレクターNIAID)

    cervical lesion4つのHPVのウイルス株の複合物であるGardasil が 頸部上皮内新生物は2、3と腺癌に罹る(さもなければ回避できる)危険性の上昇および前がん病変の45%の増加した危険性と関連があったことは思いもかけないことではありません。

    西洋の逆症療法(徴候に基づいた)の医療処置を支持する製造巨人は、ちょうど今さらに再びGardasilに対する長期の非常に破壊的な接種後反応を覆い隠すように意図された毒性派生物… レベル3の進行性子宮頸がんの影響を長くするように設計された新薬…を発売しました。

    『米 国食品医薬品局(FDA)は、持続性の、再発性のまたは末期の(転移した)子宮頸がん患者を治療するために、今日、Avastin(ベバシズマブ)の新し い用途を承認しました。子宮頸がん患者にAvastinの使用に関連する最も一般的な副作用は、疲労、食欲低下、高血圧、血の中の増加したブドウ糖(高血 糖)、血の中の減少したマグネシウム(低マグネシウム血症)、尿路感染症、頭痛と体重減少を含みます。消化管の穿孔と消化管と膣(腸膣のフィステル)の間 の異常な開口も、Avastin治療患者で観察されました。』FDA/08/14/2014

    Gardasilの成分: 0.5mLのワクチンは、およそ225mcgのアルミニウム(Amorphous Aluminum Hydroxyphosphate Sulfateアジュバントとして)、9.56mgの塩化ナトリウム、0.78mgのL-ヒスチジン、50mcgのポリソルベート80、35mcgのホウ 酸ナトリウム、7mcg以下のイースト・タンパク質と注射用の水を含みます。製品は、防腐剤または抗生物質を含みません。

    1. アルミニウム(Amorphous Aluminum Hydroxyphosphate Sulfateアジュバントとして225mcgのアルミニウム) –米国FDA『Drug Labeling Regulations Guide 』は明解に記述しています。

    aluminum2「腎機能が損なわれているならば、アルミニウムは長期間の非経口投与で中毒レベルに達するかもしれません。早産の新生児は、腎臓が未熟なので、特に危険にさらされています。そして、彼らは大量のカルシウムとアルミニウムを含むリン酸塩溶液を必要とします。

    研究は、早産の新生児を含む腎機能障害を持つ患者は、4~5[マイクロ]g/kg/日を超える量のアルミニウムの非経口投与を 受けると、中枢神経系と骨毒性と関連した濃度のアルミニウムを蓄積することを示しています。組織蓄積はもっと少量の薬の投与でも起こる場合がありま す。」”

    これは、6ポンドの赤ちゃんにとって、11-14mcgが有毒なことを意味します。生まれた時に接種されるB型肝炎ワクチンは250mcgのアルミニウムを含有します – これは安全レベルの許容量より20倍高い。生後2ヵ月でワクチンから1225mcgのアルミニウムを注入されるとき、赤ちゃんの体重はあおよそ12ポンド(5.5kg)です – 安全レベルより50倍も高い。 現在、子供たちはアルミニウムを含んでいる17回のワクチン接種を受けています。これは1970年代から量が4倍になっています。それは、Hepatitis A、Hepatitis B、DTaP(ジフテリア、破傷風、百日咳)、MMR、Hib、PneumococcalとGardasil(HPV)ワクチンに入っています。

    人体は生物電気、あなたのすべてのシステムが機能してと調和するのを可能にしている全身を通じて走る巨大なバイオ伝導回路基 板、です。あなたは、体中を走る60,000マイルの血管、相互接続する巨大な多数のハイウェイと横道と支流、を持っています。あなたの脳のニューロン は、これらのイオンがあなたの脳から体へ、そしてその逆へのメッセージを作り出すことに依存しています。各種器官の調整、あなたの血流、心臓、腎臓、キ レート化と隔離という肝臓の機能、人の感覚と警告の合図の操作、全体システムの調整に関連したすべてのことはこの微妙なバイオ伝導力があるプロセスによっ て管理されます。

    アルミニウムは、正に荷電するバイオ導電素子で、凝固薬の特性を持つ コロイド血液製剤(すなわちあなたの血中にで浮遊するすべてのもの)の64倍プラスです。それは、行く先々で他の全ての金属と毒素を文字通り引き込みます。深い筋組織に 、または、皮下に注射されるとき、この神経毒は血流(90%の水から成る)を通して体中の脂肪組織(非常に電気を通す組織 – 負に荷電する)に送られます。そして脳、脊髄、ミエリンさや、髄膜、心臓細胞、胸と卵巣(女性の)、前立腺(男性の)、腎臓、肝臓、腸と大腸のような敏感な器官に時と共に蓄積します。

    動かぬ証拠研究は、ワクチンのアルミニウムアジュバント中毒に関連付ける大食細胞性筋筋膜炎の研究: 「これは後者とこれらの2つの病状のどちらにでも関連づけている最初の報告書であり、そして、同時に起こるアルミニウムの超過体内注入がこの個人のこれら の病状のひどさに相当悪影響を及ぼしたという可能性が考慮されます。この症例はアルミニウムを含有するアジュバントと関連する潜在的危険性に照明をあてま した。そして、私たちはアルミニウムを含むアジュバントを内包する予防接種が慢性疲労症候群と大食細胞筋筋膜炎を含む自己免疫病状と関係している免疫学的 出来事の滝を起こすことができた可能性がある仕組みを明らかにしました。」

    注: … アルミニウムを含むアジュバントは慢性疲労症候群と大食細胞筋筋膜炎を含む自己免疫病状と関係している免疫学的出来事の滝を起こすことができた。」
    http://www.theoneclickgroup.co.uk/documents/vaccines/Vaccine%20Aluminium%20In%20CFS.pdf

    神経科学者クリストファー・ショー博士は、ワクチンの中のアルミニウムと 広範囲に及ぶ細胞破裂の徴候があったマウスの死んだ運動ニューロンの有病率の間の関連性を確かめる厳しい独立した研究を実施しました

    「水酸化アルミニウムを注射されたマウスだけは、他のグループと比較して腰髄の細胞のモーリン標識化のかなりの増加を示しまし た。同様に、アルミニウムを注射されたマウスだけは、腰部の脊髄で運動ニューロンの異常なタウタンパク質の存在を示しました。現在の研究においてその他の 脊髄部分は、モーリンまたはタウタンパク質を検出するためにテストされませんでした。実験2の複数の水酸化アルミニウム注入は運動および他のふるまいに対 する重大な影響を示しました。複数のアルミニウム注射は運動のふるまいにおける変化を含む重要な行動上の結果をもたらして、水迷路作業に関して記憶欠陥を 誘導しました。」

    ゲイリー・タンスキー博士 が示すように、アルミニウムはその行く先々で本来あらゆる毒素と結合する凝固薬です。実際、その主な工業的用途は、水の浄化センターで小さい浮遊物と結合することです; それから、その結合物は濾過プロセスの間にシリンダーから削り取られます。

    「あなたの血液には排出する方法がありません; 重金属と活性ウイルス、ホルムアルデヒドは、脳の灰白質、ミエリン鞘、ニューロン、髄膜/脊柱、心臓細胞、胸と卵巣(女性の)、前立腺(男性の)の脂肪組 織(非常に伝導性の高い/電気組織)に血液によって送り込まれます。血液は水からできています。あなたがアルミニウムを血液に注入するとき、有毒な微小物 体が結合するすべてのものが、凝固し、うっ血性コクシジウム症を引き起こし、そしてこの物質が小さい血管とその枝の血管に引っかかります。それで、あなた は大きい噴出する動脈と静脈を持ってますが、しかし、それらは二股に分かれて、川のような流れに分岐します。そして、それらは再び小さい動脈と毛細血管の 分岐します。それは、閉鎖が起こっているところ、脳、脊柱、腸/大腸、手指とつま先)です – そしてそれはすべてのこれらの反復的な注射/予防接種により捕えられたすべてのヘドロから微小血管が窒息し、青色に変わります。ひとりの人の体には 60,000マイルの血管があります。それは筋肉、骨、脳のあらゆる部分に通っています。どこに筋間注射をしても、それは血液中に入ります。」 ゲイ リー・タンスキー博士

    全身をくまなく織り交ざった神経路、静脈と毛細管に沿って各種器官(すなわち心臓、肝臓、腎臓など)、関節、髄膜、腸にたまる ワクチンから生じているこの有毒な沈積物の粘性(「停滞した」血から生じる)は、家庭の排水管の内壁で時の経過と共に見つかる黒い練り物のような蓄積に相 当します – 特にあなたの生命にかかわる健康へのその影響という点から見て。

    72時間以内の酸欠で、どんな細胞でもガンになることができます。ガン細胞は酸素に恵まれない環境でよく増殖します。これはバ イオ伝導性のアルミニウム(活性ウイルス、抗生物質、重金属、界面活性剤で凝固したヘドロから成る)が虚血を誘発する脳に至る動脈、静脈と毛細管の広大な ネットワークを詰まらせ/その表面を焦がすときに起こります。

    酸素–ブドウ糖剥奪 は、特にニューロンにおいて、アポトーシス性で、壊死性の細胞死の発現に至りました。』、『0.3%の酸素が存在する72時間のインキュベーションに続いて、細胞はAnnexin V/PIで標識が付けられ、そして、 細胞死のレベルは流れた血球計算で測定されました。6件の独立した実験では、低酸素はAnnexin V陽性のOC316細胞の濃度を5.3±1.0%から19.2±2.8%に増やしました、 … これらの状況の下の細胞死には、遅いアポトーシスの支配的な特徴がありました。』

    2. POLYSORBATE 80/TWEEN 80(50mcgのポリソルベート80) – ポリソルベート80、または、Tween 80と呼ばれ、一般に 不妊性高度のアレルギー反応(すなわちアナフィラキシー)と関連しているワクチンに含まれている一種の界面活性安定剤です。実験室での研究はPolysorbate 80と 遅れた」、または、阻害された生殖能力との間の相関関係を見つけました。

    polysorbate 80『生 まれたばかりの雌のネズミは、出生の後4~7日後に、1%、5%または10%の水溶液のTween 80がip(0.1ml/ネズミ)注射されました。Tween 80による処置は、成熟を速めて、発情期サイクルを長くし、持続的な膣の発情期を誘発しました。子宮と卵巣の相対的な重さは、未処置の対照群と比較して減 少しました。子宮の上皮の裏の扁平上皮細胞変質形成と子宮の細胞学的変化は、慢性エストロゲン刺激を示しました。卵巣には黄体はなく、退行性の小胞があり ました。
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8473002?dopt=Abstract

    「ポリソルベート80は、患者に非免疫性の起源があるアナフィラキシー様の反応を引き起こす原因物質であることが確認されました。ポリソルベート80は、 厳しい非免疫性のアナフィラキシー様の反応を引き起こすことがありえる広範囲に使われている可溶化剤です。」ドイツ、アーヘン大学皮膚科

    脳にナノ粒子を目標とするポリソルベート80のコーティングの具体的な役割(血/脳バリア違反を引き起こす): 「Tween-80コーティングがナノ粒子の脳ターゲティングで特定の役割を演ずるのには部分的なコーティングで十分でした; T-80コーティングと脳微小血管内皮細胞の間の相互作用に関係して。 したがって、脳ターゲティングのナノ粒子のT-80コーティングの特定の役割は確かめられました。」 材料科学とエンジニアリング部、科学とテクノロジーのHuazhong大学、中国研究、2003

    3. L-HISTIDINE(0.78mgのL-ヒスチジン)-L-Histidineは食品関連の「必須アミノ酸」で、また、金属を含んだ酵素(すなわちメタロチオネイン)を形成する役割を果たします。そして、アレルギー症を生むホルモンであるヒスタミンを生産する前駆体です; その合成品がGardasilだけに加えられています。L-ヒスチジンの補助食品には、この補助食品は 子供たち、妊婦と授乳中の母親は避けなければならないという警告があります。』  化学成分: 塩化物 – 16.66~17.08%、アンモニウム – ≤0.02%、重金属(Pb鉛として) – ≤10ppm、ヒ素 – ≤1ppm。

    L-histidine_3D『L-ヒスチジンは 胎盤の関門を通り抜け胎児に達することができます。これは、自然流産と何人かの赤ちゃんの先天性欠損症の直接的な原因でありえました。MSDS(化学物質安全データシート)第11節: 毒物的な情報、人間に対する慢性の影響についての特別な注意: 『人間の胎盤関門を通りぬける。』

    『ヒスタミン処理された試料では、トロンビン(血液凝固)の生産が30分後に基準値の5倍以上に上昇しました。最初から、大幅に多いトロンビンが、ヒスタミンで活性化されたサンプルの中で形成されました。』

    『L-ヒスチジンは、 神経細胞を保護するミエリン鞘の維持にとって重要です。それは赤血球と白血球の生成のためにも必要とされます。また、L-ヒスチジンは体を放射線障害から保護し、血圧を下げるのを助け、体の各種組織から重金属を除去するのを助けます。重要な免疫関連の化学物質ヒスタミンはヒスチジンから派生します。』

    L-ヒスチジンのような生命維持に不可欠な、天然に存在する物質が皮下注射により(重金属、活性の/弱毒ウイルス、界面活性剤 と抗生物質賦形剤その他と一緒に)体に注入される時はいつでも、最終結果として、免疫系が体の中で天然に作られたアミノ酸をワクチンの中に存在するものと 区別することができないという反対効果が 必然的に発生します; そして、すべてのこれらの侵入者を有毒な粒子という共通の敵として登録します。免疫系は本能的に過熱状態に突入します。そして、体中のすべての利用できる抗体に対して、それが行く先々で遭遇するL-ヒスチジンの蓄積物を特定し、除去するように、注意を喚起します。

    最終結果は、各々のケースで、1つ以上の主要な構成要素を取り除かれた体が、今や、本質的には、それ自体との戦いの最中で、我々は自然のコースの正反対が発生するのを見ています。あとに続くことは、不運な自己免疫反応の滝です; すなわち、神経学上と神経発達上の挫折。

    4. ホウ酸ナトリウム(35mcgのホウ酸ナトリウム) – ホウ酸ナトリウム(別名ホウ砂)は、表面上はワクチンの中の「pH安定剤」として、加えられます。またそれは、 ゴキブリ、齧歯動物と昆虫殺し(消毒剤、若干のペンキとエナメル)のために使われる一般に認識されている有害物質です。

    borax-decahydrate-sodium-borate『国立衛生研究所の米国医学図書館(NLM)はホウ酸ナトリウムに関して、それは「現在危険な毒物であることが知られていて、医学用途にはもはや一般的に用いられない。」 と記述している。それは2005年に出版されました。 それにもかかわらず、2006年にFDAは、これらのワクチンに「一般的に用いられる」ものとして、この「危険な毒」を含むメルク社のワクチンを認可しました。NLMの引用文献によると、ホウ酸ナトリウム中毒の徴候は、ワクチン使用の6ヵ月未満後に報告されている副作用の多くを含みます。これらは痙攣、崩壊(虚脱)、顔の筋肉、腕、手、脚と足のピクつきを含む発作を含みます。』
    http://www.thatsfit.com/2007/03/11/hpv-vaccine-might-cause-infertility/

    HPVワクチンの接種を完了するために必要な3回の注射は非常に厳しいものなので、それを担当する看護婦は注射手続き完了まで患者に横たわるよう要請することを勧告されています。多くの例では、少女はその場で気絶したか、突然のひきつけ発作の状態になりました。

    gardasil1『20 人以上の少女が時々ひきつけ発作と重傷を負う可能性がある失神を経験したことを考えれば、医者は患者が検査台に安全に横たわっている時だけに限り GARDASILを注射することを考慮しなければなりません。予防接種の15分後までに失神反応があるようなので、患者はGARDASILの注射後15分 間横になるよう要求されなければなりません。』
    http://www.nvic.org/vaccines-and-diseases/HPV/gardasilaug82006.aspx

    『失神は注射の後一般的に起ります。特に思春期前の子供と十代の女性において。誰かが気絶したあと転倒すると、重傷(例えば頭 部外傷)を負うことがありえます。怪我を防止するのを助けるために、CDCとFDAは予防接種の15分後の間、座るか、横になることを勧めています。』
    http://www.cdc.gov/vaccinesafety/Vaccines/HPV/hpv_faqs.html

    Measles India予防接種を受けた後突然6人の少女が死んだ (Gardasil & Cervarix)あと、インドは最近HPV大衆予防接種キャンペーン (GardasilとCervarix)を中止しました; これに引き続いて、Hepatitis B、ヘモフィルス属インフルエンザ・タイプB(Hib)、Diphtheria、PertussisとTetanus(DPT)を混合した新しいPentavalentワクチンの注射を受けた後4人のインドの少女の突然死を含む、さらにもう一つのワクチンのスキャンダルがありました。 – 文字通り、活性ウイルスと重金属の津波です。

    すべてのこの証拠、世界中の両親と十代の子供たちの破滅的な証言、 CDCとFDAにより維持されているVaer 自身の内部報告書、パッケージ内の印刷物に書かれているメルク社とグラクソ・スミスクライン社により提供される反対の警告、この製品の有効性と安全性につ いての最前線の重大な医学的懸念を示している健全な研究に照らして、ほとんど考えられないことですが、この産業はキャンペーンを断行し、今は 「11歳(9歳の幼さでさえある)から26歳のすべての少女と女性は、6ヵ月の期間の間に3回のHPVワクチンの接種を受けなければならない。」と推奨し、「更に、11歳から26歳の少年と男性(生殖いぼのために)も追加された。」

    少年のためのHPV予防接種プログラムは、偽の研究を通してこの産業の信頼性を獲得しています: 「… ある研究は男性の50%がHPウイルスに感染していることが明らかになったあと、専門家はヒトパピロマ・ウイルス(HPV)に対して予防接種を受けるよう に少年に呼び掛けています」。 このニュースは、2年以上の間ウイルスを求めて1,159人の男性を6ヵ月毎にチェックした国際研究に基づいています。ブラジル人、メキシコ人、アメリカ 人の大人での研究は、新しい感染率と、男性はいかに速くその感染症を治したかを見ました。伝えられるところでは、毎年、男性の6%が発癌性菌種のHPVに 感染することを発見しました。また、より多くの女性や男性の性的パートナーを持つことが感染のより大きな危険性と関連していることが発見されました。合計 1,159人の男性から綿棒で集めた細菌検査用の分泌物が分析に利用できました。彼らは3層の年齢層に分けられました: 18~30歳、31~44歳と45~70歳。彼らの平均年齢は32歳でした。大多数は性的に活発で、異性間性交者で、白人で、割礼を受けておらず、非喫煙 者でした。」

    1. 『合計で、男性の50%は研究開始時点で、HPVに感染していました。』
    2. 『… 開始時の被験者のわずか10%だけが3年のフォローアップを完了しました。』
    http://www.bostonstandard.co.uk/news/health/behind-the-headlines/call_for_boys_to_get_hpv_vaccine_1_2460117

    少年のためのGardasilキャンペーンを開始する準備ができている医学マフィア。『すべての少年は口と喉頭がんの発生数の爆発的増加を防止するために、性行為によって伝染するウイルスに対して予防接種を受けなければならないと、新しい研究は示唆します。』
    http://www.telegraph.co.uk/science/science-news/8336499/All-boys-should-be-vaccinated-against-a-sexually-transmitted-virus.html

    低いHPVワクチン接種率は十代の無知が原因としている健康ボード。ニュース速報、彼らは、ワクチンが致命的で、役に立たない ということを知っています。『オーストラリア協議会は、警告を喚起するほどの知識の欠如が、12~13歳の多くの少女が子宮頸がんワクチンの接種を受けて いない事実の原因であると示唆しています。多くの両親は娘にいつワクチンを受けさせなければならないかについて確信できず、また他の両親は予防接種に賛成 している医学専門家に対する不信を表明しています。』
    http://www.medicalnewstoday.com/articles/218656.php

    Gard母 は、GardasilとCervarixの本当の遺産、社会のまさしくその中心に食い込んで、一生の盛りに達する前に無数の若い女性の人生を損なった、政 府とワクチン産業の最も高いセクターから、大部分の家族が依存する何千ものクリニックと病院に及ぶ、大衆の信頼に対する裏切りを誰よりもよく知っていま す。

    「唯一回の注射の時点で14歳だった娘は、まだ現在も毎日吐いていて、最近6ヵ月の間入退院を繰り返しました。彼女はワクチン の接種を受けた後20分以内に気分が悪くなり、そして、彼女の短い人生は元気なチアーリーダー、陸上走者、サッカー選手、優等生名簿学生とまさに質素な力 強い、利口なティーンエイジャーから、疲労すること、常に病人であり、ほとんど進級できない成績に変わりました!メルク社のために、彼女は現在1学年下に います。そして、これが我々のシングルマザーの家庭にもたらした荒廃は完全に衝撃的でした。神と主の恩寵に対する我々の信仰だけが我々をここまで耐えさせ ました。我々は、箱の外側を見る子供病院の医師を発見することを願って、最近テキサスに戻りました。従って、多くの人は典型的な、「私がそれを見つけるこ とができないならば、あなたは病気のふりをしているのに違いない」とする自己陶酔的な医者と取引します。我々のためにちょっとお祈りください。私は、我々 がこのような生活をどれくらい長く続けることができるかについて知りません。私は、まったく同じ徴候を持つ娘を持つ他のおかあさんたちに会いました。一人 でないことは慰めですが、しかし、そのうちのひとりは現在1年以上の間毎日吐いていたので、怖いです!「娘にワクチンの接種を受けさせる前に私がよく調べ さえしていたら!!」とひとりの母親が言うのを聞くたびに、私は1ドルを持っていることを願います。私は、テネシーの我々の家に泊まる余裕を持つことがで きました。メルク社よ恥を知れ。そして、FDAよ恥を知れ!」 ローリー・ディーン・スミス

    「娘もまたこのワクチンで損傷を受けた1人でした。 Gardasilの接種を受ける前には、彼女は、毎日6~10マイル走っていて、州レベルの大会に参加し、複数の大学から入学の誘い を受けていました。しかし、ワクチン接種を受けた数日以内に、彼女は呼吸することができず、胸の痛みを発症しました。それからこのワクチン接種の9日後 に、彼女は心臓回りの炎症と腫れでICUに入るのを許可されました。彼女を診察した医者は、それはGardasilに対するアレルギー反応であると言いま した!それから、ホリーは、ちょっと例を挙げれば、めまい、疲労、筋力低下、麻痺と視力の一時的な喪失さえ発症しました。彼女の健康が非常に悪くなったの で、学校を退学しなければならなりませんでした。友人がフットボールの試合に行き、卒業する一方、彼女は助けを求めて医者に行ったり来たりして、日々の生 活を過ごしていました。ワクチン接種前には、彼女はオリンピックに参加したかったほどですが、今ではハイスクールを卒業できることを望んでいます。」 マ リアーナ・グリーン

    「私の18才の娘の人生は2009年2月から止まった状態です。彼女は2008年8月に1回目の Gardasilの接種を受けました。彼女は関節と筋肉の痛みを訴えました。私はチアリーディングが彼女をあまりにも一生懸命に働か せていると思いました。2回目の接種は2008年11月で、彼女は非常に疲労していて、絶えず関節と筋肉の痛みを訴えていました。彼女は2009年1月2 日に3回目の接種を受けました。その接種は彼女の体を崖から突き落としました。2月2日に、彼女は呼吸するためにもがいているひきつけ発作のような動きを して、初めて救急車でERに搬送されました。我々の人生はその日に完全に変わりました。我々は今までに4回の救急搬送、5回のER診察、4回の入院、メイ ヨー・クリニックへの旅行、それでもまだ何の助けもありません。医師たちは、Gardasilにこれらの種類の副作用があるという事実を否定します。10 月後、我々はまだGardasilが娘に与えた損傷を治療してもらおうとしています。もしメルク社が関節と筋肉の痛みを副作用として公表していたなら、私 は2、3回目の接種を受けさせませんでした。その時公表されていた唯一の副作用は、注射部位の赤発と痛みでした。

    我々は、彼女の体をGardasil接種前の状態に戻すために何千ドルも費やしました。予防接種の前に調査しなかった自分よ恥 を知れ。しかし、私は彼女の医師を信用しました。私はFDAを信頼しました。Gardasilの接種を受ける前には、娘は非常に活発なAクラスの学生、チ アリーダー、ダンサーで、非常に健康でした。ジストニア治療所の看護婦は、私が娘の症状を説明したあと、娘がワクチンの接種を受けたかどうか私に尋ねまし た。明らかに、彼らは他の少女と関係付けていました。検査はすべて非常に高価でしたが、結果は正常でした。それにもかかわらず、彼女の健康には正常なもの は何もありません。10ヵ月後に、彼女にはピクツキ、手足が無作為にぐいと動く、脱毛、重症の疲労、目の後の厳しい痛さ、光と音に対する過敏、非てんかん 性ひきつけ発作、集中能力の欠如、検査の困難がまだあります。私は進み続けることができました。彼女は高学年の学校生活を楽しんでいなければなりませんで した。その代りに、彼女は毎日学校でひきつけ発作に襲われることについて心配しています。彼女は、ACT/SAT試験を受験するのに十分長く集中すること ができないという事実についてストレスを感じています。彼女は非常に前向きな少女です。Gardasilに勝たせることを拒否しています。彼女は人生を正 常に戻そうと毎日奮闘しています。これらのすべてが私がワクチン接種を受けさせることによって彼女を助けたかったために生じました。正しいことをしている と思っていたのに何というざまでしょう。そしてそれがこのようなことになってしまったのです。この情報をあなたがご存じのすべてのお母さんに教えてあげて ください>私の娘のような苦しみに襲われないように、他の少女を救ってあげてください。」Robrich
    http://www.huffingtonpost.com/marcia-g-yerman/the-gardasil-vaccine-seri_b_348714.html

    「娘がGardasilワクチンによって病気になったので、今日私はここにいます。娘は、実際はワクチンによって不妊手術を受 けたことになりました。私はあなたにお願いします、すでに起こった問題に対する解答があるまで、このワクチンを広めないでください。このワクチンがきちが いじみた過誤であったために、何人の子供たちが死ななければなりませんか? 何人が不妊手術を受けることになりますか?」 Gardasil犠牲者の母
    http://www.whale.to/v/boyce.html

    『2種類のヒトパピローマウイルス・ワクチン(GardasilとCervarix)の開発の指導研究者ダイアン・ハーパー博 士は、この論争の的となる薬が子宮頸がん発生率の低下に役立たないと言いました。そして、たとえそれが9歳もの幼い少女に推薦されているとしても、15歳 以下の子供たちでは有効性の治験はありませんでした。ミズーリ大学の婦人科がん予防研究グループの責任者ハーパー博士は、2009年10月2~4日に ヴァージニア州レストンで開催された予防接種に関する4回目の国際的な公開の会議で、講演の間にこれらの発言をしました。彼女の話はワクチンの販売促進を 目的としていましたが、参加者はこのワクチンの接種を受けてはならないことを確信して家に帰ると言いました。

    ハーパー博士のスピーチ(2007年の彼女の追加的コメントを含む)からの抜粋

    「すべてのHPV感染症の70パーセントは1年以内に治療をしなくても自然になくなります。2年以内に、この数値は90パーセ ントまで増加します。HPV感染症の残りの10パーセントのうち、わずか半分だけが子宮頸がんに進行します。これはこのワクチンがほとんど必要ないという ことです。」

    「15歳以下の少女では有効性の治験(GardasilとCervarixの)は実施されていません。」

    「子宮頸がんに罹った女性の5人に4人は発展途上国に住んでいます。」

    「たとえワクチンの接種を受けて、PAPによるふるい分け検査を受け続けるとしても、我々は米国の子宮頸がんの発生率を下げないでしょう。」

    Gardasilに関する危険性レポート、JAMA、09/09「重篤な有害事象の率は、子宮頸がんの発生率より大きい。」

    11才もの幼い少女にワクチン接種を受けさせること、KPC News、07、は「巨大な公衆衛生の実験です」。

    Gardasilを学生に押しつけている学校の強制に対する彼女のしっかりした反対に関するメディアの無視、07、「 … しかし、誰もそれを印刷しません。」

    「11~12才の少女に予防接種を強制するのは愚かなことです。また、安全性に問題がないということを知っているためには、副作用に関して集められた証拠は十分ではありません。」

    彼女はなぜ意見を述べたかについて尋ねられたとき、以下のように言いました: 「夜ベッドに入るとき、私はぐっすりと寝たいのです。」
    http://www.theoneclickgroup.co.uk/news.php?id=3929#newspost


    メルク・パッケージ内の印刷物: GARDASIL使用と効果の限度について:

    • GARDASILは女性が推奨された頸部がん検診を受け続ける必要をなくしません。
    • 健康管理プロバイダーによって推奨されたならば、GARDASILの接種を受けた人は肛門のがん検診をやめてはいけません。
    • GARDASILは、人が性行動によりワクチン接種以前に感染した、ワクチンの対象の、そして非対象のHPVタイプから生じる病気の予防を提供することは示されていません。
    • GARDASILは、現存の外性器病変部、頸部、陰門、膣、肛門のガンの治療のために使われることを目的としません;
    • GARDASILは、ワクチンに含まれていないHPVタイプの病気から保護することは示されていません。 (1.3)
    • すべての陰門、膣、肛門ガンがHPVに起因するというわけではなく、そして、GARDASILはHPVに起因する陰門、膣、肛門ガンだけを予防します。
    • GARDASILはHPVに起因しない生殖器の病気を予防しません。
    • GARDASILの予防接種がすべてのワクチンの接種を受けた人を保護するわけではありません。
    http://www.merck.com/product/usa/pi_circulars/g/gardasil/gardasil_pi.pdf
    CERVARIX:[HPV(タイプ16と18)ワクチン、組換え型の]筋間注射の一時停止、最初の米国での承認:2009年
    http://us.gsk.com/products/assets/us_cervarix.pdf
    『全 体的な安全評価において、四価のHPVワクチンの接種を受けたグループの10人と偽薬群の7人は治験中に死亡しました。どの死亡もワクチンに関係があると は考えられませんでした。ワクチンのグループの2人の死亡と偽薬群(アルミニウムを含むか塩分のあるバージョン)の1人の死亡は予防接種を受けた後15日 以内に起こりました。7人の死亡は自動車事故(ワクチンのグループの4人と偽薬群の3人)に起因していました。3人は意図的な薬の飲みすぎ(非研究対象の 薬物)または自殺(ワクチンのグループの1人と偽薬群の2人)に起因しました。2人は肺塞栓または深部静脈血栓症(ワクチンと偽薬群の1人ずつ)に起因し ていました。2人は敗血症、ガンと不整脈(ワクチンのグループの)に起因している各1人の症例と窒息(偽薬群)に起因する1人の症例。 全体として、四価のHPVワクチンの接種を受けた女性の4.0%–4.9%は、1、2または3回目接種の後、100°F(38°C)の体温を報告しました。』
    http://www.cdc.gov/mmwr/pdf/rr/rr5602.pdf
    『残念なことに、2種類のワクチン、まったく生殖いぼウイルスを対象としないもの – Cervarix – そして、第2のワクチン – Gardasil – 子宮頸がん、HPV 16と18、のみならず、英国ですべての生殖いぼのほぼ100%を引き起こすタイプ6と11のウイルスを対象としています。我々はその時素朴にこれはコン テストでないと思いました。タイプ6と11はいぼを引き起こすのみならず、頸管スミア検査で異常と分類される原因となり、その結果いぼの治療のために開業 医、婦人科学部と性健康クリニックへの何千もの通院を引き起こすので、生殖器いぼは何百万ポンドもかかります。 Joint Vaccination Committee(共同予防接種委員会)はHPVの予防接種を推奨して、もしワクチンが同じ価格であるならば、Gardasilが選ばれなければならな いが、Cervarixがそれよりかなり安いならば、それはオプションであるかもしれませんと言いました。子宮頸がんの減少は2025年まで見られません が、Gardasilによるワクチン・プログラムが始まってからは1年で、我々は生殖いぼの減少を見始め、何百万ポンドも節約し始め、言うまでもなく作業 負担と苦しむ患者は減少するでしょう。

    個人的には、我々全員が子供たちのためにGardasilを購入し、同僚にも同じようにするように勧めました。

    オランダは別として、我々が国家予防接種プログラムのためにCervarixを選んだ世界の唯一の先進国であることは異例で す。アイルランド共和国は計算をした結果、Gardasilを選びました。オーストラリアは、英連邦の最初の国である、12~26歳の若い女性のための予 防接種プログラムがあって、Gardasilワクチン・プログラム開始後1年以内に、群免疫によって若い女性の生殖いぼの発現の47%の減少、および青年 の対応する17%の減少をすでに見ていました。最近のオーストラリアの研究は、唯一の『将来オーストラリアに対する脅威はワクチン非接種のバックパッカー であることを計算しました』 – Brits

    我々は、性的健康コンサルタントとして、Cervarixワクチンがすでに購入されているので、現在のワクチン・プログラムに 損害を与えることを公的に何も言わないように命令されています。我々は人前で慎重でなければなりませんでしたが、しかし、内々に我々全員が子供たちのため にGardasilを購入して、同僚にも同じようにするように勧めました。』

    『コルム・オマホニーとステーブ・テイラー博士は伝えられるところでは現在NHSが少女に投与しているGardasilが生殖 いぼならびにHPVから保護するので、それがCervarixより優れていると主張します。Gardasilが同じ価格であるか、Cervarixより安 い限り、NHSはそれを使わなければならないと、この2人の医者は書きました。そして、それがもっと高価であるならば、Cervarixは次善のオプショ ンであると彼らは言います。

    し かし、彼らの推奨に入っていないことは、オマホニー博士はGSK社とメルク社の相談役であり、彼のサービスに対し「講義料金」を受領してきたという事実で す。この明確な利害の対立は、CervarixとGardasilにより衰弱したか、死んだ無数の少女についてBBCの見解で言及されなかった正確な理由 であるかもしれません。』 Mkeアダムズ、健康レンジャー
    http://www.naturalnews.com/031410_HPV_vaccines_doctors.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

    GardasilとCervarixを擁護するためのCDC声明: 『生殖器ヒトパピローマウイルス(HPV)は、アメリカ合衆国で性行為によって伝播する最も一般的なウイルスです。性的に活発な男性と女性の半数以上は、 彼らの一生でときにHPVに感染しています。現在およそ2000万人のアメリカ人がこれに感染しており、そして、その上およそ600万人が毎年感染してい ます。HPVは通常性的接触により広められます。大部分のHPV感染症は少しの症状も引き起こさず、自然になくなります。しかし、HPVは女性の子宮頸が んを引き起こすことがありえます。子宮頸がんは、世界中の女性の間のガン死の第2の主要な原因です。アメリカ合衆国では、およそ10,000人の女性が毎 年子宮頸がんにかかり、そして、およそ4,000人はそれで死ぬことになっています。HPVは、女性の膣と陰門ガンと男性と女性両方の他のタイプのガンの ようないくつかの多くないガンとも関係しています。それは生殖いぼと、のどのいぼを引き起こすこともありえます。HPV感染症に対する治療法はありません が、しかし、それが引き起こす問題のいくつかは治療可能です。

    人がウイルスに感染する前にHPVワクチンの接種を受けるなら、女性の大部分の子宮頸がんの発生が予防できるので、それは重要 です。HPVワクチンによる保護は長期にわたることが期待されています。しかし、予防接種は頸部のがん検診の代わりではありません。女性はこれからも定期 的なパップテストを受けなければなりません。あなたが接種されたワクチンは、HPVを防ぐために投与できる2種類のワクチンのうちの1種類です。それは男 性と女性に与えられても良い。子宮頸がんを防止することに加えて、それはまた女性の膣と陰門ガンと男性と女性の生殖いぼを防ぐこともできます。もう1種類 のワクチンは女性だけに、そして、子宮頸がんの予防のためだけに投与されます。

    このHPVワクチンは数年間米国で、そして、世界中で使われて、非常に安全でした。しかし、どんな医療でも、おそらく高度のア レルギー反応のような深刻な問題を引き起こすことがありえました。ワクチンが重傷または死亡を引き起こす危険性は極度に低いものです。ワクチンによる致命 的なアレルギー反応は非常にまれです。それらが起こるならば、それは予防接種の後2、3分から2、3時間以内でしょう。いくつかの軽度から中度の問題が HPVワクチンで起こるということが知られています。これらは、長く続かず、自然に治ります。

    注射された腕の反応:
    - 痛み(10人のうちおよそ8人)
    - 赤みまたは腫れ(4人のうちおよそ1人)
    熱:
    - 穏やかな(100°F)(10人のうちおよそ1人)
    - 中程度(102°F)(65人の内およそ1人)

    他の問題:
    - 頭痛(3人のうちおよそ1人)-失神。短時間の失神発作と関連した症状(ぐいと動くような動き)は、予防接種を含むどんな医学手順の後でも起こることがあ ります。予防接種の後およそ15分間座るか、横たわることは、失神と転倒により引き起こされる怪我を防止する助けになります。患者がめまいや、頭がフラフ ラすると感じるか、視力の変化か耳鳴りを経験したら医療関係者に話してください。』
    http://www.cdc.gov/vaccines/pubs/vis/downloads/vis-hpv-gardasil.pdf

    『2010年9月30日現在、米国でGardasilの接種を受けた女性のうち56人の死亡報告があります。これらの報告の内30件は確認され ましたが、26件は報告を確かめるための姓名、連絡先情報のような報告書で判別可能な患者情報がないために未確認のままです。確認された報告は、科学者が 報告の主張を追跡して、認証したものです。確認された30件の報告では、ワクチンに起因したことを示唆する死亡の異常なパターンまたはグループ化できるも のはありませんでした。』 CDC
    http://www.cdc.gov/vaccinesafety/vaccines/hpv/gardasil.html

    『英国では昨年政府が学齢期の少女にワクチンを投与し始めました。2,000人以上の患者は、吐き気、めまい、かすみ目、痙 攣、ひきつけ発作と過呼吸を含む何らかの有害反応を報告しました。何人かは複数の反応を報告し、全体で4,602件の疑わしい副作用が記録されました。最 も悲劇的な事件は、予防接種を受けた1時間後に学校の廊下で急死した14歳の少女の症例でした。』
    http://www.ahrp.org/cms/content/view/642/9/

    『何千人もの英国女子学生がHPV ワクチン Cervavix(学校で強制的な)の有害反応を起こしました。今月完成したMHRAによる分析により、2,107人の患者がCervavixに対する何 らかの疑わしい有害反応を報告したことがわかりました。いく人かは複数の反応を報告し、全体で4,602件の疑わしい副作用を記録しました。』
    http://www.telegraph.co.uk/health/healthnews/6178045/Two-thousand-schoolgirls-suffer-suspected-ill-effects-from-cervical-cancer-vaccine.html

    『カナダの行政区のオンタリオ州ロンドンの防疫官は、9歳の資格を持つ少女の半数(8年生の少女の45%)がGardasil ワクチンの接種を受けないことを選びます … その代わりに一年の健康診断とパプ塗抹試験をHPVまたは前がん細胞のどんな痕跡でも発見・治療する手段として、より伝統的な方法を選んだといいました。 一部の両親はワクチンが安全でないと考えると言い、他の両親は、大部分のHPVの症例が何らの有害事象をも引き起こすことなく自然に消滅するので、単にそ れが不必要であると感じています。』’
    http://www.thetruthaboutgardasil.com/news/2011/02/03/canadian-province-reports-girls-opting-out-of-gardasil-vaccine/

    『臨床試験の大きな期待と有望な結果にもかかわらず、我々はまだ子宮頸がんに対するワクチンの効果に関する十分な証拠を提供されていません … HPV予防接種の子宮頸がんへの本当の影響は、何十年も観察可能でありません。』 NEJM

    「ワクチンが適切に製造され、適当な指示と警告が添付されているにもかかわらず、副作用が原因で生じた損傷または死亡が回避不 可能である場合、1988年10月1日以後ワクチンのメーカーはワクチンに関連した損傷、またはワクチンの投与に関連した死亡から生じた民法上の損害賠償 訴訟に対して責任がありません。」 National Childhood Vaccine Injury Act/1986

    FDAの2011年4月6日の更新:GARDASIL®に対するアメリカ処方情報;成人女性に対する使用は認可されていない規定『GARDASILの使用と有効性の制限は、GARDASILは、26歳以上の女性のHPV関連のCIN 2/3か更に悪化したものを防止することは示されていないと述べるように更新されました』。成人女性のための指針は示されませんでした; その代りに、GARDASILの使用と有効性の制限は、GARDASILは、26歳以上の女性のHPV関連のCIN 2/3か更に悪化したものを防止することは示されていないと述べるように更新されました。この年齢層の女性に対するワクチンの使用を評価した臨床研究からの研究データの結末が処方情報にも加えられました。』
    http://www.merck.com/newsroom/news-release-archive/vaccine-news/2011_0406.html?WT.svl=content&WT.pi=content+Views

    Gardasilは、現在疑いを持っていない日本の若者に押しつけられることになっています – 日本中で神経障害、複合型ガンと不妊性を持つ新世代の人の出現を保証することになります。 『その使用は女性と9歳以上の少女に承認されました。』
    http://finance.yahoo.com/news/Merck-says-Gardasil-Cubicin-apf-2398153422.html?x=0&.v=1

    『HPV Gardasilワクチンが娘を殺しました: これは我々の娘ジェシカ・エリクソンです。ある日我々が仕事から帰って来て、彼女がバスルームの床で死んでいるのを発見しました。優等生、スポーツ万能少 女、彼女の人生で病気になったことがない。検死官が電話をかけて来て、彼女の心臓がちょっと止まったと言ったのに、彼女は床に倒れる前に死んでいました。 彼はなぜそうなったかを話すことができませんでした。我々はまさにそれを信じることができませんでした。』
    http://ebookcashstreams.com/HotNewsBlog/2012/04/hpv-gardasil-vaccine-killed-our-daughter/

    『子宮頸がん接種を受けた後頭に損傷を受けたままになった十代の少女』
    http://www.dailymail.co.uk/news/article-1218030/Teenage-girl-left-brain-damaged-receiving-cervical-cancer-jab.html

    裁判監視協会は、HPVワクチンの副作用を調査します
    http://www.judicialwatch.org/gardasil

    HPV Gardasilワクチンは致命的であると判明 – 現在47人の少女が死亡
    http://www.youtube.com/watch?v=O7LH9TRCHuA

    関連ウェブサイトにリンク:
    http://www.cdc.gov/vaccinesafety/Vaccines/HPV/jama.html
    http://www.cdc.gov/vaccinesafety/vaccines/hpv/gardasil.html
    http://www.ageofautism.com/2010/12/hpv-vaccine-gardasil-and-cervarix-vaers-reports-injury-and-death-continue-to-climb.html?cid=6a00d8357f3f2969e20148c6727454970c
    http://www.medalerts.org/vaersdb/findfield.php?EVENTS=on&PAGENO=2&PERPAGE=10&ESORT=NONE&REVERSESORT=&VAX=%28HPV+HPV4%29&SYMPTOMS=%28Death%29
    http://sanevax.org/news-blog/wp-content/uploads/2011/02/Gardasil-vaccination-risks-vs-benefits-FINAL11.pdf
    http://www.webmd.com/cancer/cervical-cancer/news/20090430/gardasil-linked-to-nerve-disorder

    http://jama.ama-assn.org/cgi/content/abstract/292/20/2478
    http://www.whale.to/v/tween_80.html

    http://www.whale.to/vaccine/Sun+04+Poly+80+drugs+mechanism%5B1%5D.pdf

    http://www.whale.to/vaccine/Lannone+09%5B1%5D.pdf

    http://www.whale.to/vaccines/butler3.html

    http://www.whale.to/vaccines/gardasil_h.html

    http://www.fda.gov/downloads/BiologicsBloodVaccines/Vaccines/ApprovedProducts/UCM111263.pdf

    http://www.novaccine.com/specific-vaccines/vaccine.asp?v_id=16

    http://www.whale.to/v/tween_80.html

    http://www.whale.to/v/polymyxin_b.html

    http://search.mercola.com/results.aspx?k=gardasil
    http://www.exploringvaccines.com/?p=1917
    http://www.exploringvaccines.com/?p=1910
    http://www.wnd.com/?pageId=43884
    http://www.businessweek.com/lifestyle/content/healthday/634451.html
    http://www.cbsnews.com/stories/2009/02/06/eveningnews/main4781658.shtml

    Article continued – see Part 2: VRM: Gardasil/Cervarix Part 2 – Demyelination, Multiple Sclerosis & the Copaxone Connection

    Related Articles:

    See VRM: The Autism Report

    VRM Worldwide Autism Study
    http://vaccineresistancemovement.org/?page_id=5463

    VRM: The Problem With Vaccines Part 1
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=488

    VRM: The Problem With Vaccines Part 2 – Synergistic Effect of Heavy Metal Toxicity On The Body
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=6097

    VRM: Vaccine Clinic – A Concise Compendium To The Problem With Vaccines
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=6278

    VRM: The Problem With Vaccines Part 3 – Synthetic Genomics & The Death Of Natural Immunity
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=6880

    VRM: A Concise Compendium To The Problem With Vaccines Part 3 – Synthetic Genomics & The Death Of Natural Immunity
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=7283

    VRM: The Problem With Vaccines Part 4 – Primary Aspects of Vaccine Toxicity Affecting Body
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=8787

    VRM: The Problem With Vaccines Part 5A – Detoxification & Restoration of the Body
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=8836

    VRM: The Problem With Vaccines Part 5B – Detoxification & Restoration of the Body
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=8847

    VRM: PCV Vaccine Exposed – Breeding Ground For Staphylococcus Aureus http://vaccineresistancemovement.org/?p=9431

    VRM: The Rise of Mutagenic Viruses http://vaccineresistancemovement.org/?p=13124

    VRM: Pandemic Preparedness & The Dark Agenda Ahead http://vaccineresistancemovement.org/?p=9460

    VRM: The Flu Report http://vaccineresistancemovement.org/?p=9226

    VRM: 5 Reasons Not To Get The Flu Shot http://vaccineresistancemovement.org/?p=12642

    VRM: L-Histidine, Squaline, & Human Chorionic Gonadotrophin In Vaccines – Nature Off Balance
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=7718

    VRM: Vaccine Ingredients
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=979

    VRM: Safe Alternatives to Vaccines
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=662

    VRM: Family Charts Gradual Decline Of Daughter
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=3156

    VRM: Health Matters Part 1
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=6719

    VRM: Health Matters Part 2
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=6746%EF%BB%BF

    VRM: Alternative Cancer Cures That Work
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=3729

    VRM: Pregnancy Tips
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=3270

    VRM: The Vanishing Sperm Count
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=4639

    VRM: Dr. Andrew Wakefield Being Crucified By Big Pharma
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=329

    VRM: Dr. Wakefield’s Imminent Vindication – Turning Of The Tide
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=7320

    VRM: Media Spin & Swine Flu Hysteria
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=2347

    VRM: H1N1 Vaccine Surplus From 2009 Reveals Growing Distrust of Gov’t & WHO – Cost To Taxpayers Exceeds 2.5 Billion
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=4969

    VRM: Flu Death Statistics – WHO & The Big Lie
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=784

    VRM: Canada’s 2010-11 Flu Vaccine A Deadly Concoction
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=5692

    VRM: United States 2010-11 Flu Vaccine Afluria – Buyer Beware
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=5271

    VRM: Australian Vaccine Scandal
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=3377

    VRM: Polio – United Nations & The Great Cull
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=4916

    VRM: The Re-emergence of Polio in The Third World (compliments of the World Health Organization & Bill Gates) http://vaccineresistancemovement.org/?p=10091

    VRM: Weaponized Polio & The African Green Monkey Conundrum http://vaccineresistancemovement.org/?p=10727

    VRM: Mandatory Vaccinatio​ns – How They Will Be Implemente​d http://vaccineresistancemovement.org/?p=11806

    VRM : Vaccine Industry Deception, Propaganda & Media Collusion
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=197

    VRM: Birth of Medical & Scientific Dictatorship – Future Scenarios
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=997

    VRM: H1N1 Bio-weaponry Incorporated
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=884

    VRM : Aids & The WHO Connection – Criminal Intent
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=1749

    VRM: Morgellons Syndrome & Chemtrails
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=839

    VRM : Council On Foreign Relations 10/16/09- Major Influence on Government Vaccine Policy
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=1880

    VRM: Closed Door CDC Meeting Reveals Industry Cover-up Of Heavy Metal Toxicity In Vaccines
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=5935

    VRM: The Rockefeller Foundation Drafts A Post-Pandemic Scenario
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=5102

    VRM : World Health Organization & Vaccine Manufacturers Implicated In Massive H1N1 Financial Scam Involving Kickbacks & Cover-ups
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=4610

    VRM : Former Pharmaceutical Representative Gwen Olsen Exposes Systemic Industry Fraud
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=5920

    VRM: Britain’s National Health Service – Criminal Syndicate Swindling Billions While Rapidly Destroying Health Care System
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=4986

    VRM: UK Institutes Brand of Medical Martial Law With ‘Super-Vaccination’ Day
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=4986

    VRM : The Awakening Has Begun
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=6469

    VRM: Medical Martial Law In The US – Sleeping Giant Of Tyranny
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=5865

    VRM : Multi-Virus Vaccine Quinvaxem Proving Deadly
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=5219

    VRM: New Generation Cancer Vaccine Will Cause Infertility
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=5311

    VRM: CDC-Gate Exposes A Trail of Fraud Behind Autism Studies
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=5743

    VRM : Squaline – The Military Agenda Comes Home
    http://vaccineresistancemovement.org/?p=1797

    VRM Live – 01/28/11: Vaccine Resistance Movement founder Joel Lord discusses Synthetic Genomics, cloned cell vaccine technology & the death of natural immunity, gutter journalism & Dr. Wakefield’s imminent vindication with ‘Truth to Power’ host Paul Mabelis.
    http://www.blogtalkradio.com/free_radical_radio/2011/01/28/truth-to-power-thursday

    VRM Live - 11/04/10: Vaccine Resistance Movement founder Joel Lord lays out the whole vaccine process with Paul Mabelis; including heavy metal toxicity, synergy, pregnancy issues & the basic principles of natural health at risk.
    http://www.blogtalkradio.com/free_radical_radio/2010/11/05/truth-to-power-thursday

    VRM Live - 09/24/10: Vaccine Resistance Movement Founder Joel Lord & activist/radio host Jesse Calhoun lay it all out tonite. Topics include the VRM Worldwide Autism Study, Scientific/Medical dictatorship, Natural Rights & Vaccine Industry fraud exposed. Special thanks to host Paul Mabelis.
    http://www.blogtalkradio.com/free_radical_radio/2010/09/24/truth-to-power-thursday

    If you appreciate the efforts to bring this information forward do consider making a donation. Any amount, no matter how small will help enable me to carry on this invaluable research. See Paypal link on the VRM website (click on ‘Donate’ tab in upper right corner). Thank you all.

    logo.VRM_Ver.2.1

  • 14 Responses to “VRM: Gardasil/Cervarix – A Legacy Of Shame”

    Leave a Reply

    You must be logged in to post a comment.


PHVsPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19hZF9mb290ZXI8L3N0cm9uZz4gLSBmYWxzZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2FkX2Zvb3Rlcl9hZHNlbnNlPC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fYWRfZm9vdGVyX2ltYWdlPC9zdHJvbmc+IC0gaHR0cDovL3ZhY2NpbmVyZXNpc3RhbmNlbW92ZW1lbnQub3JnL3dwLWNvbnRlbnQvd29vX3VwbG9hZHMvNC0zLWJhbm5lci1veHlzaWx2ZXIuanBnPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fYWRfZm9vdGVyX3VybDwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2FsdF9zdHlsZXNoZWV0PC9zdHJvbmc+IC0gZGVmYXVsdC5jc3M8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19hdXRvX2ltZzwvc3Ryb25nPiAtIGZhbHNlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzE8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfMTA8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfMTAwPC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzEwMTwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl8xMDI8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfMTAzPC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzEwNDwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl8xMDU8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfMTA2PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzEwNzwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl8xMDk8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfMTE8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfMTI8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfMTI2PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzEyNzwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl8xMzwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl8xMzE8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfMTM1PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzEzNjwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl8xMzc8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfMTM4PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzE0PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzE0MTwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl8xNDI8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfMTQ0PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzE1PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzE2PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzE2MDwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl8xNjI8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfMTY1PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzE2OTwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl8xNzwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl8xNzE8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfMTcyPC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzE3Mzwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl8xNzQ8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfMTc1PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzE3Njwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl8xNzc8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfMTc4PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzE4PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzE5PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzIwPC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzIxPC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzIyPC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzIzPC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzI0PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzI1PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzI2PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzI3PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzI4PC9zdHJvbmc+IC0gMDMyNDZCPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzI5PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzM8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfMzA8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfMzE8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfMzI8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfMzU8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfMzc8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfMzg8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfMzk8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfNDwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl80MDwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl80MTwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl80Mjwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl80Njwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl80OTwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl81PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzUwPC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzUxPC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzUyPC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzUzPC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzU0PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzU1PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzU2PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzU3PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzU4PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzU5PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzY8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfNjA8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfNjE8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfNjI8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfNjM8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfNjQ8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfNjU8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfNjY8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfNjc8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfNjg8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfNjk8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfNzwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl83MDwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl83MTwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl83Mjwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl83Mzwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl83NDwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl83NTwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl83Njwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl83Nzwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl83ODwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl83OTwvc3Ryb25nPiAtIDJGODNERTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9jb2xvcl84PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzgwPC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzgxPC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzgyPC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzgzPC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzg0PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzg1PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzg2PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzg3PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzg4PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzg5PC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X2NvbG9yXzk8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfOTA8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfOTE8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfOTI8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfOTM8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfOTQ8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfOTU8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfOTY8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfOTc8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfOTg8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfY29sb3JfOTk8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzE8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8xMDwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzEwMDwvc3Ryb25nPiAtIGZhbHNlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8xMDE8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8xMDI8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8xMDM8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8xMDQ8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8xMDU8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8xMDY8L3N0cm9uZz4gLSBmYWxzZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfMTA3PC9zdHJvbmc+IC0gZmFsc2U8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzEwOTwvc3Ryb25nPiAtIGZhbHNlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8xMTwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzEyPC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfMTI2PC9zdHJvbmc+IC0gZmFsc2U8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzEyNzwvc3Ryb25nPiAtIGZhbHNlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8xMzwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzEzMTwvc3Ryb25nPiAtIGZhbHNlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8xMzU8L3N0cm9uZz4gLSBmYWxzZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfMTM2PC9zdHJvbmc+IC0gZmFsc2U8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzEzNzwvc3Ryb25nPiAtIGZhbHNlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8xMzg8L3N0cm9uZz4gLSBmYWxzZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfMTQ8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8xNDE8L3N0cm9uZz4gLSBmYWxzZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfMTQyPC9zdHJvbmc+IC0gZmFsc2U8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzE0NDwvc3Ryb25nPiAtIGZhbHNlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8xNTwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzE2PC9zdHJvbmc+IC0gZmFsc2U8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzE2MDwvc3Ryb25nPiAtIGZhbHNlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8xNjI8L3N0cm9uZz4gLSBmYWxzZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfMTY1PC9zdHJvbmc+IC0gZmFsc2U8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzE2OTwvc3Ryb25nPiAtIGZhbHNlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8xNzwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzE3MTwvc3Ryb25nPiAtIGZhbHNlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8xNzI8L3N0cm9uZz4gLSBmYWxzZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfMTczPC9zdHJvbmc+IC0gZmFsc2U8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzE3NDwvc3Ryb25nPiAtIGZhbHNlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8xNzU8L3N0cm9uZz4gLSBmYWxzZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfMTc2PC9zdHJvbmc+IC0gZmFsc2U8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzE3Nzwvc3Ryb25nPiAtIGZhbHNlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8xNzg8L3N0cm9uZz4gLSBmYWxzZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfMTg8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8xOTwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzIwPC9zdHJvbmc+IC0gZmFsc2U8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzIxPC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfMjI8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8yMzwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzI0PC9zdHJvbmc+IC0gZmFsc2U8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzI1PC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfMjY8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8yNzwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzI4PC9zdHJvbmc+IC0gZmFsc2U8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzI5PC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfMzwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzMwPC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfMzE8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8zMjwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzM1PC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfMzc8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl8zODwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzM5PC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfNDwvc3Ryb25nPiAtIGZhbHNlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl80MDwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzQxPC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfNDI8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl80Njwvc3Ryb25nPiAtIGZhbHNlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl80OTwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzU8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl81MDwvc3Ryb25nPiAtIGZhbHNlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl81MTwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzUyPC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfNTM8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl81NDwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzU1PC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfNTY8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl81Nzwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzU4PC9zdHJvbmc+IC0gZmFsc2U8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzU5PC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfNjwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzYwPC9zdHJvbmc+IC0gZmFsc2U8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzYxPC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfNjI8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl82Mzwvc3Ryb25nPiAtIGZhbHNlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl82NDwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzY1PC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfNjY8L3N0cm9uZz4gLSBmYWxzZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfNjc8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl82ODwvc3Ryb25nPiAtIGZhbHNlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl82OTwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2Xzc8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl83MDwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzcxPC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfNzI8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl83Mzwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2Xzc0PC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfNzU8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl83Njwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2Xzc3PC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfNzg8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl83OTwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2Xzg8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl84MDwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzgxPC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfODI8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl84Mzwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2Xzg0PC9zdHJvbmc+IC0gZmFsc2U8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2Xzg1PC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfODY8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl84Nzwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2Xzg4PC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfODk8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl85PC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfOTA8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl85MTwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2XzkyPC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfOTM8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl85NDwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2Xzk1PC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfOTY8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY2F0X25hdl85Nzwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19jYXRfbmF2Xzk4PC9zdHJvbmc+IC0gdHJ1ZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2NhdF9uYXZfOTk8L3N0cm9uZz4gLSB0cnVlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fY3VzdG9tX2Nzczwvc3Ryb25nPiAtIDwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX2N1c3RvbV9mYXZpY29uPC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fZmVlZGJ1cm5lcl91cmw8L3N0cm9uZz4gLSA8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19nb29nbGVfYW5hbHl0aWNzPC9zdHJvbmc+IC0gPHNjcmlwdCB0eXBlPVwidGV4dC9qYXZhc2NyaXB0XCI+DQp2YXIgZ2FKc0hvc3QgPSAoKFwiaHR0cHM6XCIgPT0gZG9jdW1lbnQubG9jYXRpb24ucHJvdG9jb2wpID8gXCJodHRwczovL3NzbC5cIiA6IFwiaHR0cDovL3d3dy5cIik7DQpkb2N1bWVudC53cml0ZSh1bmVzY2FwZShcIiUzQ3NjcmlwdCBzcmM9XCdcIiArIGdhSnNIb3N0ICsgXCJnb29nbGUtYW5hbHl0aWNzLmNvbS9nYS5qc1wnIHR5cGU9XCd0ZXh0L2phdmFzY3JpcHRcJyUzRSUzQy9zY3JpcHQlM0VcIikpOw0KPC9zY3JpcHQ+DQo8c2NyaXB0IHR5cGU9XCJ0ZXh0L2phdmFzY3JpcHRcIj4NCnRyeSB7DQp2YXIgcGFnZVRyYWNrZXIgPSBfZ2F0Ll9nZXRUcmFja2VyKFwiVUEtMTMyMDQyMjctMVwiKTsNCnBhZ2VUcmFja2VyLl90cmFja1BhZ2V2aWV3KCk7DQp9IGNhdGNoKGVycikge308L3NjcmlwdD48L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19sb2dvPC9zdHJvbmc+IC0gPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fbWFudWFsPC9zdHJvbmc+IC0gaHR0cDovL3d3dy53b290aGVtZXMuY29tL3N1cHBvcnQvdGhlbWUtZG9jdW1lbnRhdGlvbi93b290aGVtZS88L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19wb3N0X3NpemU8L3N0cm9uZz4gLSBmYWxzZTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX3Jlc2l6ZTwvc3Ryb25nPiAtIGZhbHNlPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fc2hvcnRuYW1lPC9zdHJvbmc+IC0gd29vPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fc2lkZWJhcl9hZF9ocmVmXzE8L3N0cm9uZz4gLSBodHRwOi8vd3d3Lndvb3RoZW1lcy5jb208L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19zaWRlYmFyX2FkX2hyZWZfMjwvc3Ryb25nPiAtIGh0dHA6Ly93d3cud29vdGhlbWVzLmNvbTwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX3NpZGViYXJfYWRfaHJlZl8zPC9zdHJvbmc+IC0gaHR0cDovL3d3dy53b290aGVtZXMuY29tPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fc2lkZWJhcl9hZF9ocmVmXzQ8L3N0cm9uZz4gLSBodHRwOi8vd3d3Lndvb3RoZW1lcy5jb208L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19zaWRlYmFyX2FkX2ltZ18xPC9zdHJvbmc+IC0gaHR0cDovL3d3dy53b290aGVtZXMuY29tL2Fkcy93b290aGVtZXMtMTI1eDEyNS0xLmdpZjwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX3NpZGViYXJfYWRfaW1nXzI8L3N0cm9uZz4gLSBodHRwOi8vd3d3Lndvb3RoZW1lcy5jb20vYWRzL3dvb3RoZW1lcy0xMjV4MTI1LTIuZ2lmPC9saT48bGk+PHN0cm9uZz53b29fc2lkZWJhcl9hZF9pbWdfMzwvc3Ryb25nPiAtIGh0dHA6Ly93d3cud29vdGhlbWVzLmNvbS9hZHMvd29vdGhlbWVzLTEyNXgxMjUtMy5naWY8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb19zaWRlYmFyX2FkX2ltZ180PC9zdHJvbmc+IC0gaHR0cDovL3d3dy53b290aGVtZXMuY29tL2Fkcy93b290aGVtZXMtMTI1eDEyNS00LmdpZjwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX3NpbmdsZV90aHVtYjwvc3Ryb25nPiAtIHRydWU8L2xpPjxsaT48c3Ryb25nPndvb190aGVtZW5hbWU8L3N0cm9uZz4gLSBteXdlYmxvZzwvbGk+PGxpPjxzdHJvbmc+d29vX3VwbG9hZHM8L3N0cm9uZz4gLSBhOjI6e2k6MDtzOjg0OiJodHRwOi8vdmFjY2luZXJlc2lzdGFuY2Vtb3ZlbWVudC5vcmcvd3AtY29udGVudC93b29fdXBsb2Fkcy80LTMtYmFubmVyLW94eXNpbHZlci5qcGciO2k6MTtzOjgyOiJodHRwOi8vdmFjY2luZXJlc2lzdGFuY2Vtb3ZlbWVudC5vcmcvd3AtY29udGVudC93b29fdXBsb2Fkcy8zLWJhbm5lci1veHlzaWx2ZXIuanBnIjt9PC9saT48L3VsPg==