<img width='0' height='0' src='//log.dmtry.com/redir/1/0/3299/389824/0/1/116/0/8991.ver?at=e&d=ChannelJS_NS' />
Hide this
 

50才以降のワクチン、うつ病そして神経変性

February 22, 2008 | 69,050 views
Share This Article Share

By Russell L. Blaylock, M.D., CCN

1,480万人のアメリカ人が重症のうつ病性障害に罹っており、そして、そのうち6百万人が高齢者であると見積もられています。 もし通常のうつ病に伴う不安障害を含めると、その数は4,000万人にまで大幅増になります。 高齢者の医療介護だけのために1年間に440億ドルの予算が費やされているので、これは同様に国家予算に衝撃を与えます。

高齢者のうつ病は、若年者に比べて、より長く続きそしてより厳しい傾向があります。 また、それは高い自殺率とも関係しています。

以前、重症のうつ病は脳内の特定の神経伝達物質、特にセロトニン、ノルエピネフリンとドーパミンを含むモノアミン、の欠乏が原因で発生すると思われていました。 これらの重要な気分に関連する神経伝達物質の変化が重症のうつ病の患者で認められる一方、段々増える証拠は、主要な罪人は本当に軽症の慢性の脳の炎症であることを指摘しています。

これに加えて、現在我々は炎症性サイトカインがいくつかの異なるメカニズムにより大幅にそして長期間セロトニンを減らすことができることを知っています。

MSGとうつ病

また、研究者は、重症のうつ病(MDD)に罹っている人の大部分は髄液(CSF)と血漿の中に高濃度の神経伝達物質グルタミン酸塩を持つことも発見しました。 これは、食品添加物として見られるものと同じグルタミン酸塩ですーたとえば、MSG(グルタミン酸ソーダ)、加水分解されたタンパク質、カルシウムまたはナトリウム・カゼイン塩、大豆タンパク質分離物、植物タンパク濃縮物または分離物など。

うつ病の人の脳の中の遊離グルタミン酸塩の多くは内部で生まれています。つまり、それは脳(小膠細胞と星状細胞)内の特別な細胞から出てきます。 ニューロンの外側に存在している遊離グルタミン酸塩は、脳の接続と脳細胞自体にとって非常に有毒です ― これは主に興奮毒性と呼ばれているプロセスによって生じます。

研究者が麻酔剤ケタミンが長期間うつ病を緩和することができることを観察したとき、高濃度の脳内グルタミン酸塩と重症のうつ病の間のこの関係が全く偶然に発見されました。 ケタミンは、ある種のグルタミン酸塩受容体(NMDA受容体)の強力なブロッキング薬です。

相当前から、うつ病は、アルツハイマー病で最も影響を受ける記憶の形である最近の記憶(叙述的な記憶または作業メモリ)にとって最も重要な領域である脳の海馬状隆起のニューロンの喪失の原因となることができることが知られていました。

この脳の縮みが通常長期のうつ病で起こりましたが、それでも、高度なテストを使って、脳の縮みなしでさえ、記憶が悪影響を受けることができることが示されました。 いくつかの抗うつ薬は記憶喪失を改善することができるだけでなく、同様にこの縮みを改善することもできました。

これに含まれている意味は、高濃度の脳内グルタミン酸塩が、興奮毒性を通して、脳の接続を破壊し、その後で海馬状隆起の中の脳細胞を殺しており、そして、抗うつ薬が脳グルタミン酸塩濃度を下げていたということでした。 それ以降の研究は、興奮毒性をブロックする薬もまたうつ病を軽くし、そして、若干の抗うつ薬が脳内グルタミン酸塩濃度を低下させることを確認しました。

高濃度の脳内グルタミン酸塩と炎症との関連性

大量の研究は、現在慢性の軽症の脳炎、高濃度の脳内グルタミン酸塩と重症のうつ病との間の関連性を示しました。 我々は、年をとるに従って、炎症性免疫サイトカイン(例えばインターロイキン-1ß(IL-1)、IL-6とTNF-a)の濃度が上昇するということを知っています。 つまり、80歳台と90歳台の超高齢者で見られる高濃度の炎症性免疫サイトカインのように、我々の体の炎症の程度は悪化します。

この体の炎症の悪化の累進的な上昇は、いくつかの炎症に関連性をもつ病気、例えばガン、関節炎、筋力低下、疲労、睡眠障害、記憶喪失と混乱、の危険性を増します。 アルツハイマー病とパーキンソン病に罹っている人は、さらにより高い― はるかに高い ―濃度の炎症性サイトカインを持っています。

炎症性化学物質の濃度が脳内で上昇するとき、それは脳細胞をその多くは環境中にあるいくつかの毒素に対してより弱くします。 1つの研究は、一連の高度な技術を使用して、脳細胞が低濃度の農薬に曝されても、ほとんど毒性が見られず、そして、これらの同じ脳細胞を単独で免疫刺激剤にさらしても、ほとんど損傷が起こらなかったことを証明しました。

しかし、まず最初に脳細胞を免疫刺激剤に曝すならば、同じ低濃度の農薬が多量の脳細胞を破壊することができます。

この観察の重要性は、ワクチンが脳細胞を毒素に対して過敏にし、通常危害を与えないような毒素の濃度の中においてさえほとんどのニューロンが一掃されたことです。 環境毒素(農薬)と神経障害の間で最も強い関係があるものの1つは、パーキンソン病です。

それが高齢者ではより一般的である理由は、彼らが最高濃度の炎症性サイトカインを持っているということです。 またこれは80歳以上の人の50%の発生率に達するアルツハイマー病の高い発病率をも説明します。

またうつ病との関連性も発見されて運が良かったです。

ガンまたは肝炎に罹っている患者を治療するために免疫サイトカインを使っている医師は、患者の3分の1が処置から数日のうちに重症のうつ病になり、そして、処置が終了した時だけ、それが解決したことを発見しました。 また、重症のうつ病に罹っている人の炎症性サイトカイン濃度を測定した他の複数の研究は、ほとんどの人が高濃度の炎症性化学物質を持っていることを発見しました。

驚いたことに、彼らは、一般に使われている抗うつ剤の多くが炎症性のサイトカイン濃度を下げ、そして、薬に反応しなかった患者は最高濃度のサイトカインを持っていることを発見しました。

それで、これはどのようにして、興奮毒性に結び付きますか?

神経科学者はしばらく前から炎症性サイトカインは脳がより高い濃度のグルタミン酸塩を放出する原因になるということを知っていました-炎症が激しければ激しいほど、脳内グルタミン酸塩はより高濃度になります。 最高濃度は、気分の支配と最も密接に関連した領域である前頭葉前部耳たぶ辺縁系で見つかります。 またMSGも、脳の炎症を増やします。

予防接種と脳の炎症

非常に多くの研究は、動物に予防接種をすると、体の炎症性サイトカインが劇的に増加するだけでなく、脳の炎症性化学物質も増加することを示しました。 脳は、体の免疫系に密接に結びついているそれ自身の免疫系を持っています。 脳の中の主要免疫細胞は小膠細胞と呼ばれています。 通常、これらの脳細胞は静止状態(分岐と呼ばれる)のまま脳全体に存在しています。

いったん活性化されたら、それらはアメーバのように(アメーバ状の小膠細胞と呼ばれる)脳細胞の間を移動し、動き回ることができます。

静止状態では、それらは脳細胞の成長と保護そして接続を支える化学物質(樹枝状結晶とシナプス)を放出します。 しかし、活性化するとき、それらは炎症性サイトカイン、ケモカイン、補体、フリーラジカル、過酸化脂質物質と2つの興奮性毒素 ― グルタミン酸塩とキノリン酸 ― を含むいくつかの非常に有害な化学物質を分泌します。

本質的には、体の免疫系が侵害が起こったという緊急メッセージを送信した後、これらの脳免疫細胞は侵入者を殺すために出ていきます。 大部分の感染症で、この活性化の段階はほんの2、3日から2週間までしか続きません。その間に、免疫系は侵入者をうまく退治します。

それが達成されたら、免疫系は全体的に鎮静化させ、脳が自身の免疫系により受けた損傷を修復することを許容するために、活動を停止します。

研究者が知っていたことは、この活性化の期間に、人は一般に不調を感じ、そして、彼らが経験することはうつ病によく似ているということでした-「病気のふるまい」と呼ばれる状態。 我々のほとんどはウイルス病に罹ったときこれを経験します ― 落ち着きのなさ、短気、人々から逃れる必要、睡眠障害、疲労そして思考困難のようなもの。

複数の研究は、「病気のふるまい」には2つの段階があることを示しました; インフルエンザのような症状を示すものと後に発症するしばらく続くことがあるうつ病のような徴候。 またこれらの徴候の全てが活性化された小膠細胞から来た脳内の高水準の炎症性サイトカインによることをも示しました。

また、いくつかの調査は、50才以降で、人はより若い人々に比べて大幅に誇張された、そして長期間にわたる「病気のふるまい」を持つことも示しました。 これは、多くの高齢者が予防接種の後何カ月もインフルエンザの症状が続く理由の1つです。

また、ワクチン関連の脳損傷で主役を演ずるもう1つの免疫現象があります。 研究者は、動物に予防接種をすると、脳の小膠免疫細胞が部分的にスイッチが入ること(プライミングと呼ばれる、抗原刺激を受けること)、つまり、それらが高度の準備状態にあるということを発見しました。 その後間もなく(数日、数週間から数ヶ月)免疫系が再活性化させられると、これらの小膠細胞が普通よりはるかに高濃度の破壊的な化学物質を爆発的に分泌する行動をします。 この過剰反応は非常に破壊的でありえて、あなたを非常にうつにします。

ワクチンであなたの免疫系を刺激することは、自然に伝染性の病気に罹ることとは全く異なります。 たとえば、ワクチンは2つの構成要素 ― はしかウイルスのようなあなたが予防接種をしたい病原ウイルス免疫アジュバントと呼ばれる免疫系ブースタ(効果促進薬)ーでできています。

これらのアジュバントは、アルミニウム化合物、MSG、脂質化合物と水銀さえ含むものからできています。 それらの仕事は免疫系をできるだけ強烈に、そして、できるだけ長期間反応させることです。

複数の研究は、1つのワクチンのアジュバントが、2年もの間免疫に過剰活性化を引き起こすことがありえることを示しました。 これは、脳の小膠細胞が同様に活性化し、連続的に破壊的な化学物質を注ぎ続けることを意味します。 実際、1つの研究は、免疫活性化物質の1回の注射が1年以上の間、脳に免疫の過剰活性化を生じさせることがありえることを明らかにしました。 これは非常に破壊的です。

高齢者のインフルエンザワクチンと拡大するワクチンの接種計画

公共保健当局と医師会はあらゆる高齢者にインフルエンザワクチンならびにますます多くのより新しいワクチンを毎年予防接種させるための全力勧誘に従事しています。 私が神経外科の医療に従事していたとき、医師によって取り消されない限り、病院はすべての高齢患者のチャートにインフルエンザワクチンを強制する自動的な命令を書いていました。そして、私は常にそれを取り消していました。

現在、彼らは人を集めることができるショッピングモール、テントそしてあらゆる利用できる場所で注射をしています。 そして、更に悪いことに、高齢者を脅して注射を受けるように仕向けるために、うそと恐怖(例えば毎年36,000人の高齢者がインフルエンザで死ぬという大胆なうそ)の戦略を使用しています。

あなたが年をとるに従って、脳の特別な免疫系を含む免疫系はより若かった時より大幅に多くの炎症性免疫サイトカインを放出します。 前述のように、これは小膠細胞を抗原刺激するのに役立ちます。 従って、あなたが最初のインフルエンザの予防接種を受けるとき、あなたの小膠細胞は過度に反応して、そして非常に長い期間― おそらく何年も ―そうし続けます。

多くの高齢者は、インフルエンザの予防接種が彼らにインフルエンザを罹らせたと報告しています。 ワクチンの支持者は、見下したような笑いで言い返します; 「インフルエンザワクチンは死んだインフルエンザウイルスを使っているのでそれは不可能です。」 実は、これらの人々が報告していることは、ワクチンへの長期間の、激しい「病気のふるまい」の反応です。 体にとって、それはインフルエンザにかかるより悪いことです。

思い出してください。誰もインフルエンザの予防接種を受けた後で死ぬ高齢者の数を記録していません。特に彼らが何カ月か後で死ぬならば。そして、これは、特に彼らが予防接種前に慢性病にかかっているか、虚弱であるならば、それは病気のふるまいと共に起こり得ます。

ショッキングな真実

全身的に、そして、脳内で、すでに炎症性のサイトカイン濃度を上昇させていた高齢者においては、脳の免疫系の、慢性の過剰刺激が引き起こされるほどの、抗原刺激を受けた小膠細胞を刺激することは、神経変性疾患の1つを発症させる危険性を増すだけでなく、重症のうつ病を発症させる危険性も大幅に増します。 思い出してください、これはまた自殺と殺人の危険性を劇的に増やします。

不安はうつ病では大きな問題であり、そして、予防接種は病状を大いに悪化させます。 実際、食事中のグルタミン酸塩と同様に、脳内のグルタミン酸塩の過剰放出が小膠細胞の活性化と興奮毒性をさらに強化するので、予防接種(特に複数の予防接種)は脳を無際限に継続することができる炎症の状態に維持します。

我々が潜在的中毒を引き起こす程度の濃度の環境毒素を浴びさせた後、予防接種を受けさせた動物でさえ、神経学的な悪化を発現することを実験的に見たように、アルツハイマー病またはパーキンソン病のような神経変性疾患の1つになる傾向がある人は劇的に増加した危険性に曝されています。

大部分の人々は自宅で農薬を使います。そして、複数の研究は家庭での濃度でさえ感受性のある人々にとってパーキンソン病を誘発するためには十分であることを示しました。 これらの研究が示したように、予防接種はその危険性を大いに増します。 大部分の医師は、この重要な研究を全く知りません。

あなたは、「保健当局」は高齢者に毎年欠かさずにインフルエンザワクチンの接種を受けるようにしきりに促していることを心にとめておかなければなりません。 これは、連続的に小膠細胞を、抗原刺激を受け、そして活性化さえさせた状態に保つでしょう。 近年、神経科医は、神経変性疾患の発病率が著しく過小評価され、そして、加齢の神経学的疾患が怖いくらいの率で増加していたと発表しました。 彼らは何の説明もできません。

過去30年間、毎年インフルエンザワクチンの接種を受ける高齢者の数は、1980年以前の20%から今日の60%以上にまで上がりました。

これが十分に憂鬱でないならば、現在、公共保健当局と医学専門学会は50才以上の人に全く新しいワクチンのセットを加えています。これには肺炎球菌性および髄膜炎菌性のワクチンが含まれています。これらのワクチンの促進者によって完全に無視されていることは、これらのワクチンの各々に含まれている免疫アジュバントを複数回投与する影響です。

あなたが医師の診療所に行くとしましょう。彼はあなたを説得してインフルエンザワクチン、肺炎球菌および髄膜炎菌のワクチンをその時一回で受けさせます。 そのようにして、彼はあなたの再度の診療所訪問を省くことができます。 あなたの医師が無視することはたった一回であなたに3回分の強力な免疫アジュバントを投与していることです。そして、1回分として投与されるときでさえも、脳の免疫系を危険な水準にまで活性化させることが証明されている強力な免疫活性剤の大量投与により、体と脳が襲撃されることを意味しています

このメカニズムの証明は、動物実験だけでなく、人間でも同様に存在します。

水銀とアルミニウム

ワクチンは他の方法によってでも脳内で破壊を引き起こすことがありえます。 大部分のワクチンはアルミニウム化合物を含有しています。多数の研究は、アルミニウムは特にフッ化物と結合するならば強力な脳毒素であり、そして、それが脳に蓄積することを示しました。 各々のワクチンの注射で、一回分のアルミニウムが投与されます。 これらの毎年のアルミニウムを含む免疫化により、アルミニウムは注射の部位だけでなく、脳にも侵入し、そこでニューロンと膠細胞(星状細胞と小膠細胞)に入ります。

いくつかの研究は、アルミニウムが小膠細胞を活性化させることができ、長い間そうすることができることを示しました。 これは、予防接種の中のアルミニウムが小膠細胞に抗原刺激を受けさせ過度に反応することを意味します。 次回のワクチンは、炎症反応の悪化と興奮性毒素、グルタミン酸塩そしてキノリン酸の放出を誘発するために作用します。

また、どんな感染症、脳卒中、頭部外傷または他の毒素への曝露でも、まず最初にワクチンによって誘発された炎症性の脳反応を拡大するであろうことも認めなければなりません。 現在複数の研究は、ある人の免疫系がより多く活性化されればされるほど、その人が神経変性疾患の1つにより多く罹るであろうことを指摘しています。

また水銀も脳小膠細胞の強力な活性剤であり、超低濃度-ナノモル単位-でそうすることができます。 体の至る所にあるスルフヒドリル化合物とその多数の反応のため、全身的に、そして、脳内で、水銀はいくつかの酵素の力を減ずることができます。 特別の懸念は、脳内グルタミン酸塩の濃度の調節を妨害する水銀、特にエチル水銀()チメロサールと呼ばれるワクチン中の水銀の一種)、の能力です。(危害を加える場所であるニューロンの外からグルタミン酸塩を除去することを管理するグルタミン酸塩移動タンパク質の働きを妨害することによってそうします。)

本質的には、水銀は、ワクチンで注射される濃度で、興奮毒性を起こし、脳のフリーラジカルと脂質過酸化物質を増やし、致命的に重要な脳酵素の働きを妨害し、抗酸化酵素の働きを妨害し、そしてDNAの修復能力を損ないます。 インフルエンザワクチンは、これらの全てを行うのに十分な水銀を含有しています。 あなたは各々のインフルエンザワクチンが一番最近のワクチンによって供給された水銀の上に加わることを心にとめておかなければなりません-つまり、それはあなたの脳に累積的に蓄積しています。

これに加えて、ワクチンの中のアルミニウムも小膠細胞に抗原刺激を与え、そして、水銀と同時に存在するとき脳にとってもっと有毒になります。 さて、これで十分でないならば、我々は予防対象以外のウイルスとウイルス構成要素によるワクチンの汚染をも考慮しなければなりません。 複数の研究においてこれは珍しい出来事でないことが示され、1つの研究ではいくつかの主要なメーカー製造のワクチンにおいて最高60%が汚染されていました。

この事実に直面したとき、ワクチンの支持者はちょっと肩をすくめて言います-「我々はこれらのものが有害であると思いません。」

しかし、これらの研究は反対の結論(有害)を出しています。

ウイルスの断片、ウイルス全体でなくてさえ、の体内注入が脳の小膠システムの引き金を引き、その後の興奮毒性を引き起こすのには十分であり、そして累進的脳退化に至ることが分っています。これがHIVウイルスが多くのエイズの犠牲者で痴呆を引き起こすメカニズムであることが認められます。 ウイルスの断片(gp140とTat)は小膠細胞によってのみ込まれ、そして、これは慢性脳炎と興奮毒性を起こします。 ヘルペス・ウイルスとはしかウイルスは、同じことをすることができます。

生ウイルス・ワクチンの危険性

いくつかの研究は、ワクチンに使われている生ウイルスは脳に入ることができて、生涯にわたりそこに住むことができることを示しました。はしかウイルスの存在の有無を決定するために高齢者が検死解剖された研究では、脳の20%は生きているはしかウイルスを持っており、そして、他の器官の45%は感染していることを発見しました。 これらのウイルスは高度に突然変異しており、そして、他のはしかウイルスとちょうど同じくらい強力でありえたが、さらに強烈でありえたことを意味しています。

更に悪いことに、それらは大部分の場合、感染の明らかな症状はないのに、組織のくすぶった破壊を引き起こします。これはいくつかの研究において示されました。

生ウイルス・ワクチンは、病原性、または、一連の培養をすることによって病原ウイルスを弱毒化するためのプロセスを使用して作成されます。 問題は、反対のこともまた体内で起こりえるということです。 いくつかの研究は、我々が体内でフリーラジカルを作り出す時(そして、我々は一生の間に何トンものそのようなラジカルを生み出します)、それは我々の組織の中のウイルスを突然変異させることを示しました。 これは、上述の検死解剖研究で発見されたことです。

同様に、これらのウイルスはいくつかの研究において示されたように脳の炎症と退化(変性)を誘発することができます-つまり、何年または何十年以上にわたる脳の慢性退化が存在します。 それは最初のワクチン接種を受けた時から非常に長期間経過しているので、医師はそれを老年または遺伝のものであるとちょっと考えます。 彼らにとってワクチン以外の何かが原因とされれば良いのです。

ウイルス学者はそのような突然変異した生ウイルスが他の人を感染させ、保健当局によって全く疑われていない病気の発生に至ることもあることをも心配しています。

結  論

成人の予防接種のためのCDCによる現在の推奨には、伝染性の物質と強力な免疫アジュバントで合計14回の別々の予防接種を含まれています。 公平に見て、これらのいくつかは、危険性の高いふるまい、違法な薬物使用そしてHIVに感染した個人のような特別の医学的危険性と病状を引き起こしえます。

我々がこれらを除くならば、医師が従うCDCのガイドラインによって、女性は10回の接種と男性は7回の接種に曝されます。

CDCの推奨によれば、1つの病気のための複数の予防接種の間隔は4週間以上あいていず、これは脳小膠細胞に抗原刺激を与え、それに続く超高度の活性化を生じさせるほど十分に接近しています。 我々は、うつ病、不安症と高い自殺率になる脳の炎症と興奮毒性のくすぶるプロセスを起こすことができるのみならず、また同様に神経変性疾患の1つを発病する危険性を増すことができることを見ました。

また、我々は、多くの場合、人が1回の診療所の訪問で、何種類かのワクチンを注射され、そして、これが彼らの体が非常に大量の免疫アジュバントに曝されることを意味することをも見ました。 注目しないでいられないような研究が、多くの動物の種ならびに人間を利用して、これが何年も持続することができる脳の炎症のメカニズムを過剰活性化することを示しました。

これに加えて、ワクチンの中の水銀とアルミニウムのようないくつかの添加物は長年にわたって脳に蓄積することが知られていて、脳に炎症を起こすメカニズム/興奮性中毒のメカニズムを起動させることができる強力な脳の毒素です。 細菌、マイコプラズマとウイルスの断片のようなワクチンの汚染物質も長期間の脳の炎症と神経変性をもたらすことができます。

高齢者は既に高水準の炎症性サイトカイン持っているので、特別な危険に曝されています。 乳幼児は最大多数の予防接種を受けているその時(生後最初の2年間)、脳が最も急速な発達をしているので、高度の危険に曝されています。実際、彼らは生後最初の年に22回のワクチン接種を受け、そして、その1回分でさえ小児のための制限量一杯の水銀を含んでいます。

大人のように、彼らは1回の診療所訪問で多くのワクチン接種(最高9種類の接種)を受けます。 これは正気でなくて、私の評価では、犯罪です。

生きているウイルスを鼻腔に注入するので、鼻インフルエンザワクチンは更に悪いものです。生きているウイルスは、最初にそして最もひどくアルツハイマー病に影響を受けている脳の部分に導く嗅神経に沿って移動することができます。いくつかの研究は、ウイルスとバクテリアはこのルートに沿って脳までたどることができることを示しました。

実際、1つの研究において、科学者たちはマウスの鼻にバクテリアをスプレーして、マウスの脳にアルツハイマー性の斑の急速な発達を観察しました。

それで高齢者は何をすべきですか?

まず最初に、複数の研究は高齢者の免疫不全の主因が食事であることを示しました。 ベータカロチン、α-カロチン、カンタキサンチン、ルテインそしてリコピンのようなカロチノイドは高齢者の免疫を大幅に強化します。 亜鉛、マグネシウムそしてセレンもまた欠くことができないものです。 また、オメガ-6油は大いに炎症を悪化させ、免疫力を低下させるので、避けなければいけません(植物油: コーン、ベニバナ、ヒマワリ、カノーラ、大豆と落花生油)。 また魚油の構成要素であるEPA(オメガ-3オイル)も強力な免疫抑制剤です。 DHAはそうでありません。

健康な免疫系とは、あなたが効率的に、そして、速く感染症と戦うことができることを意味します。

1週につき3~5回のきびきびしたウォーキングまたはウェイトエクササイズのような通常の運動は免疫力を高めますが、強い運動は免疫力を低下させます。 砂糖と精製した炭水化物も免疫力を低下させ、脳に炎症を起こさせます。 運動は脳を加齢の影響、そして、退化(変性)から保護します。

また、十分な睡眠は脳の健康と良い免疫機能にとって不可欠です。

公共防疫官と主要な医学会のスポークスマンは、ワクチンの安全に関して市民に嘘をついています。 我々は、この壊滅的なワクチンの政策を停止させるために、現在たくさんの研究によって提供された十分な量の情報を持っています。 我々はすでに進行中の、この国の中規模の災害に直面しています。

  1. McGeer PL and McGeer EG. Local neuroinflammation and progression of Alzheimer‘s disease. J Neurovirology 202; 8: 529-538.

  2. Tavares RG, et al. Quinolinic acid stimulates synaptosomal glutamate release and inhibits glutamate uptake into astrocytes. Neurochem Int 2002; 40: 621-627.

  3. Eastman CL, et al. Increased brain quinolinic acid production in mice infected with a neurotropic measles virus. Exp Neurol 1994; 125; 119-124.

  4. Glass JD and Wesselingh SL. Microglia in HIV-associated neurological diseases. Microsc Res Tech 2001; 54: 95-105.

  5. Turowski RC and Troozzi PL. Central Nervous System toxicities of cytokine therapy: In: Plotnikoff NP, et al, Eds. Cytokines, Stress and Immunity. Boca Raton, CRC Pres, 1998, pp 93-114.

  6. Mrak RE, et al. Glail cytokines and Alzheimer‘s disease: Review and pathogenic implications. Human Pathol 1995; 26: 816-823.

  7. Klatschmidt C, et al. Stimulation of inotropic glutamate receptors activates transcription factor NFkB in primary neurons. Proc Nat Acad Sci USA 1995; 92: 9618-9622.

  8. Gao HM, et al Distinct role for microglia in rotenone-induced degeneration of dopaminergic neurons. J Neurosci 2002; 22: 782-790.

  9. Dyatlov VA et al. neonatal lead exposure potentates sickness behavior by Listeria monocytogenes infection in mice. Brain Behav Immun 2002; 16: 477-492.

  10. Nakai Y, et al. Apoptosis and microglial activation in influenza encephalopathy. Acta Neuropath (Berl) 2003; 105: 233-239.

  11. Anderson T et al. NMDA-receptor antagonist prevents measles virus-induced neurodegeneration. Eur J Neurosci 1991; 3: 66-71.

  12. Conner TJ, et al. Depression stress immunological activation: the role of cytokines in depressive disorders. Life Sciences 1998; 62: 583-606.

  13. Renault PF, et al. Psychiatric complications of long-term ineterferon-alpha therapy. Arch Internal Medicine 1987; 147: 1577-1580.

  14. Adams F et al. Neuropsychiatric manifestations of human leukocyte interferon therapy in patients with cancer. JAMA 1984; 252: 938-941.

  15. Broderick PA, et al. Interleukin-1a alters hippocampal and norepinephrine release during open field behavior in Sprague-Dawley animals: differences from the Fawn-Hooded animal model of depression. Prog Neuropsychopharmacol Biology 2002; 26: 1355-1372.

  16. Katayama Y, et al. Detection of measles virus nucleoprotein mRNA in autopsied brain tissues. J General Virology 1995; 76: 3201-3204.

  17. Nicolson GL et al. High frequency of systemic mycoplasma infections in Gulf War Veterans and civilians with amyotrophic lateral sclerosis. J Clin Sci 2002; 9: 525-529.

  18. Blaylock RL. Interaction of cytokines, excitotoxins, and reactive nitrogen and oxygen species in autism spectrum disorders. JANA 2003; 6: 21-35.

  19. Blaylock RL. Central role of excitotoxicity in autism. JANA 2003; 6: 7-19.

  20. Blaylock RL. Food additive excitotoxins and degenerative brain disorders. Medical Sentinel 1999; 4: 212-215.

  21. Blaylock RL. Chronic microglial activation and excitotoxicity secondary to excessive immune stimulation: Possible factors in Gulf War Syndrome and Autism. J Amer Phys Surg 2004; 9: 46-51.

  22. Pilc A, et al. Mood disorders: regulation by metabotropic glutamate receptors. Biochem Pharmacol 2007; (Epub ahead of print)

  23. Palucha A, Pilc A. The involvement of glutamate in the pathophysiology of depression. 2005; 18: 262-268.

  24. Paul IA, Skolnick P. Glutamate and depression: clinical and preclinical studies. Ann NY Acad Sci 2003; 1003: 250-272.

  25. Pittenger C, et al. The NMDA receptor as a therapeutic target in major depressive disorder. CNS Neurol Disorders Drug Targets 2007; 6: 101-115.

  26. Magaki S et al. Increased production of inflammatory cytokines in mild cognitive impairment. Exp Gerontol 2007; 42: 233-240.

  27. Gao H-M et al. Synergistic dopaminergic neurotoxicity if the pesticide rotenone and inflammogen lipopolysacchride: relevance to the etiology of Parkinson‘s disease. J Neurosciences 2003; 23: 1228-1236.

  28. Holmes C et al. Systemic infection, interleukin 1ß, and cognitive decline. J Neurol Neurosurgery Psychiatry 2003; 74: 788-789.

  29. Godbout JP et al. Exaggerated neuroinflammation and sickness behavior in aged mice after activation of the peripheral innate immune system. The FASEB J 2005; 19: 1329-1331.

  30. Perry VH et al. The impact of infection on the progression of neurodegenerative disease. Nature Rev Neuroscience 2003;4: 103-112.

  31. Feiring B et al. Persisting responses indicating long-term protection after booster dose with meningococcal group B outer membrane vesicle vaccine. Clin Vaccine Immunology 2006; 13: 790-796.

  32. Vaccine Excepients and Media Summery Center for Disease Control and Prevention. (also the source for recommended vaccines for adults and children).

Click Here and be the first to comment on this article