Vida sin vacunasVaccine FreeBookCoverImage

Newsletter

If you want to receive the latest news on our survey and vaccines, please subscribe to our newsletter.


Receive HTML?
Code: catchme refresh

Report vaccine reaction

report-vaccine-reaction-140
Reported cases:
vaccindamage database

Survey

If you have unvaccinated children, please take part in our survey State of health of unvaccinated children.
survey results unvaccinated children
Results
Due to many requests we are doing a direct comparison with vaccinated children now. If you have vaccinated children please go to the questionnaire for the state of health of vaccinated children.
survey results unvaccinated children

Donation

Please support vaccination-critical information

If you are interested in the work of www.vaccineinjury.info and would like to receive neutral information pertaining to vaccinations in the future, you can support us by donating some money.

vaccines PDF Print

ワクチン:ウイルス、細菌、毒素および添加物

 

細菌、ウイルス(毒性を弱めたか、殺したもの)または毒素に加えて、ワクチンは今日、いろいろな他の不自然な添加物を含有しています。病原菌の繁殖のために、鶏の胚の細胞、動物の器官(猿、マウス、モルモット、馬 ... )および人間のガン細胞の培養基が現在使われています! これらの細胞はHeLa細胞として知られており、ガン細胞から健康な人体への情報の移動が最終結果でありえるので、特に問題があります。 このように、人は注射場所での組織の変性を観察することができるでしょう。 ここでは因果関係は排除されることができません。

 

また、今日のワクチンはますます遺伝的に生産されています。 この物質の長期安全性の研究は現在のところありません。そして、たぶん、また、予見できる将来には、長期間存在している研究は従来のワクチンに関しては促進されないでしょう。

 

ワクチンの中には、タンパク質の成分は常に残ることがあり( 鶏卵から)、そしてそれには元来アレルギーの可能性を伴います。 通常、タンパク質は消化管を通して吸収されるならば、完全に無害です。 しかしそれが皮下または筋肉に注射されるとき、アレルギー性免疫反応を引き起こすか、促すことがありえます。 厳しい場合には、ショックを含むが、これに限らないアナフィラキシー性の反応に至ることができます。

 

添加物

ワクチンの品質の劣化を防ぐために、化学物質や有害物質が加えられています: 水酸化アルミニウムとリン酸塩(バインダーと効果的な効力増強剤として)、
ホルムアルデヒド、クロロホルム、ポリソルベート80(病原体の増殖を禁止するために)、抗生物質、チオメルサール(ワクチンの細菌汚染に対して)。

 

毎回の予防接種により、多数の化学物質が体に注入されます。 その問題は主にチオメルサールです。 これは、血流に入るとき極端に有毒である水銀を含有する化合物です。 1回のワクチンで、水銀制限量(大人の)の30%に達します。 子供たちまたは幼児の体重は非常に輕いので、この制限量を越えます。

 

今日、チオメルサールは重要な副作用のために大部分のワクチンから除去されました。 それでも、それは一部のワクチンには添加されています

水銀(チメロサール)

チオメルサール(エチル水銀の液体ワクチンーチオサリシアット Thiosalicylat)の形の水銀は存在するかもしれません。殺生物剤は防腐剤としてワクチンに加えられます。 その分子量の54%は水銀です。


急性水銀中毒の症状は次のものを含みます:


粘膜と皮膚の炎症、口、唇、舌、手と足の 感覚異常、集中力の欠如、興味欠如、弱さ、
無関心、極端な疲労、嚥下障害と発音問題、視野狭窄、難聴、攻撃的な爆発、うつの期間、運動失調、記憶障害。

慢性中毒に加えられるもの:

言語障害、不快感、神経-筋肉の伝達の障害、運動失調、視野の制限、筋ジストロフィー。

自閉症と水銀(チオメルサール)

アメリカ遺伝センターの理事長、マーク・ギアーによる、水銀を含むワクチンと神経障害の発症、特に自閉症と心臓病との関係を調べた研究で、下記のことがはっきりと示されました:
1. 米国の子供たちは口頭からの予防接種を通して最大許容量の最高150倍までの水銀を体内摂取します。!
2. 水銀への被曝が高ければ高いほど、神経病か心臓病の危険性がより高くなります。
3. 著者は高い水銀濃度を自閉症、言語障害と心臓病の高罹患率に結び付けます。

(Thiomersalin Childhood Vaccines, Neurodevelopment Disorders, and Heart disease in the United states: Mark R. Geier, M.D., David Geier: Journal of American Physicians and Surgeons, Vol. 8 Number 1 2003)

 

著者は、ワクチンから水銀を除去することによって、自閉症、アスペルガー症候群、その他のような子供たちの神経障害の更なる増加が止められることができると主張します。 一方、チオメルサールが多くのワクチンから除去されたが、2004年以降インフルエンザの予防接種が米国のすべての子供たちに推奨されています。これはチオメルサールを含まないメーカーが全てを製造している訳ではありません!

サスカトゥーン(カナダ)のサスカチュワン大学のG・グレアム教授は、水銀が体でふるまう方法を長く研究しました。 これは、多くの要因(分子形のような、そして、体の中のセレンの存在のような)に依存します。 教授は、研究の結果は最終ではないが、齧歯目の実験で(1時間という短い時間以内に)「チオメルサールは脳に蓄積する」ことを示すと言います。 。 この研究はまだ発表されていないので、彼はそれ以上のことを言えませんでした。しかし、彼がそのチオメルサールが依然としてワクチン中に存在することを発見したとき、それは彼に衝撃を与えました。彼が言うところによれば、チオメルサールはワクチンに入れなければならない最後の成分でしょう。


今日、水銀またはチオメルサールは、もはや薬で使用するための政府の承認を決して得られないでしょう。 それは現在もまだ単に70年以上の間使われている事実を根拠にして使われています 。教授自身が、彼の妻の 妊娠の間 、どんなことがあっても インフルエンザワクチンの接種を受けさせませんでした。なぜならば、インフルエンザワクチンの接種を受けた妊婦はa 大量のチオメルサールを体内に注射され、そしてチオメルサールがどこに蓄積するかをかなりよく知っているからです:胎児の脳と腎臓の中です。彼自身は、自閉症と水銀間に関連性があっても驚かないでしょう。 (科学者は、水銀を使用しない運動に拍手を送ります、ロジャー・ハイフィールド、科学欄編集主任、英国テレグラフ紙、2004年8月10日)

ブラッドストリートによる興味深い研究は、チオメルサールとMMRの予防接種と神経発達上の障害の間で因果関係の証拠を示すことができました。 まだ予備的な結果ではあるが、データベースは、MTHFR SNPとシステイン欠乏症に罹っている人と、高い水銀濃度を持つ人、および、はしかウイルスを持続してもっている人が重なっている十分な証拠があり続けています。 また、欠陥は多分チオメルサールとMMRについての観察の間を。 結びつけるメチオニン含硫基移動の経路にありそうです。

水酸化アルミニウム、リン酸アルミニウム、硫酸アルミニウム

アルミニウムは、神経病的で、骨格の、そして血液病的な中毒性徴候を引き起こすことがありえます。 (チューH、ウェッブM、バックリーとロバーツ NB:
混合金属MgFeヒドロキシ炭酸塩合成物のFe に対するMgの異なる比率と確立されたリン酸塩と比較されるリン酸塩結合に対する影響:薬科学2002年91(1):53-66、)

I高リン酸塩血症の治療を通して、高窒素血症に関連して、そして、血液透析の処置の間、大量の水酸化アルミニウムの投与を受けた子供たちにおいて、これはアルミニウム中毒と言われました。 重症の骨軟化症とアルミニウム中毒の徴候は、未石灰化から石灰化された骨への移行で、大量のアルミニウム蓄積を含みます。 (マケヴォイGK: ベセズダ(USA)の米国病院薬剤師会、AHFS Drug Information、1992年2363ページ)。

アルミニウム化合物は筋肉病である、いわゆる大食細胞-筋筋鞘炎(筋硬症)を引き起こすことができることは今ではよく知られています。 これは注射場所のあたりの筋肉の炎症の結果としてできます。 (リーバスE、ゴメス-アーナイス M、リコイ JR、マテオス F、サイモンR、ガルシア-ペナス JJ、ガルシア-シルヴァMT、  マーティンE、バスケスM、フェレイロ A、カベロ A. 幼児期のマクロファージ筋筋膜炎: 論争の的となる実体。 Pediatr Neurol. 2005年11月;33(5):350-6.、Heidary N、コーエンDE.ワクチンの構成成分に対する超過敏性反応。Dermatitis. 2005年9月;16(3):115-20.  シンデ M、ヒューズJ、ボードル R、ウィルズEJ、シドニー大学パンフレット R. ワクチンから派生したアルミニウムと関連する結合した大食細胞筋筋膜炎。Med J Aust. 2005年8月1日;183(3):145-6。 )

 

ひとつの新しいペトリックほかの研究において、著者はマウスで運動ニューロンに対するアルミのアジュバントの影響について報告しています。調査の出発点は、湾岸戦争症候群が炭疽菌予防接種に起因したかもしれないという疑いです。

病理学的に、それはアルミニウムの直接的な毒性ですが、しかし、また、間接的な毒性はTH1/TH2の不均衡によって自己免疫現象の誘導を通して責任があるかもしれません。 著者も、彼らの研究論文で、ワクチンの中のアルミニウム化合物の使用(例示: A型肝炎とB型肝炎、ジフテリア、百日咳および破傷風)は広範囲な神経学的な結果に至ることができたと書いています。 長期にわたるの研究なしで、これらの物質の安全性は、単純に証明できず、そして、現在アルミニウム化合物が添加された予防接種を受ける人は神経学的な併発証を発症する危険性がある可能性があるでしょう。

下記のリストは米国の各種ワクチンのアルミ含有量を示しています:

Vaccine Aluminum
ActHib 0mcg
PedVaxHib 225 mcg
Prevenar 13 125 mcg
Prevnar 125 mcg
Daptacel (DTaP) 330 mcg
Tripedia (DTaP) 170 mcg
Infanrix (DTaP) 625 mcg
Recombivax (HepB) 250 mcg
Engerix B (HepB) 250 mcg
Polio 0 mcg
MMR 0 mcg
Chickenpox 0 mcg
Hep A 250 mcg
Comvax (hep B,HIB) 225 mcg
Pentacel (DTaP,, HIB, polio) 1500 mcg
Pediarix (DTaP, hepB, polio) 850 mcg
Pediacel (DTaP/IPV/Hib) 330 mcg
TriHIBit (DTaP,HIB) 170 mcg
Neis Vac-C 500 mcg
Menjugate 400 mcg
Meningitec 125 mcg
Gardasil (HPV) 225 mcg
Cervarix (HPV) 500 mcg
Revaxis 350 mcg
Repevax 330 mcg

 

アルミニウムの最大安全摂取量(注射による溶液注入)は1日当り5mcg/kg(A.S.P.E.N.、アメリカ非経口で腸内栄養協会)です。  静脈内注射による。 溶液注入 により体内注入されるアルミニウムのFDAの最大限閾値は、1日25mcgです。 何らかの理由で、ワクチンはこれをラベル表示することを要求されず、そのうえ25mcgの最大適用量を順守することを要求されません。

 

抗生物質

一部の医者による病気と戦う抗生物質の無批判のそして大量の使用は、現在 ドイツで論争の的です。抗生物質の短期的効果には疑いはなく、多くの場合人命を救います。しかしまた、比較的良く研究された上述の 深刻な耐性の問題に加えて副作用が 問題になります:抗生物質は特定の病原菌を破壊するだけでなく、腸内免疫系の善玉菌である300 種類以上の共存バクテリアをも同時に破壊します。これらのバクテリアは人にとって必要欠くべからざるものであり 、そして、これらが殺されることは、とりわけ、悪玉菌であるカンジダ属イースト感染症を悪化させ、蔓延させます 。腸内で他種のバクテリアを凌いで増加することは、以前自分自身を ほんの 2、3パーセントだけに限定していた悪玉バクテリアが、はるかにより一般的になることを示しています。 そのような転換は 、食習慣 と限られた自然療法医の資源の適切な変更によって元に戻すことができます。これらのバクテリアを均衡状態に戻すためには時間がかかります。また、防護物(Döderlein膣の細菌叢)が破壊されることがあるので、膣の真菌感染が抗生物質による治療の間か後に起こることもありえます。また、それは免疫系の能力低下とアレルギーの直接の発症と関連しているので、これは抗生物質の副作用として起こることもありえます。

抗生物質の使用の長期的な効果は、これまでに非常によく調査された訳ではありません。アメリカの生物学者リン・マーガリスの内共生理論は次のとおり指摘しています:人間の細胞の生態は各種細菌の種の間の協力の進化的生物学的結果でありえたでしょう。また、殆んど無視されていることは抗生物質がヒトの細胞にも損傷を非常によく引き起こすこともありえるだろうことです。論争の的となる生物学者ステファン・ランカは、製薬会社バイエル社の年次総会で1998年4月に、ヒトDNAに対するバイエルのCiprobayのように、抗生物質の潜在的危険性に対する 注意を喚起しました。 彼はその他の抗生物質と化学療法剤が疑いをかけられていて、  善玉のバクテリアがその不正な細胞分裂を防止するDNAに干渉しているかもしれないことを注意しました。ミトコンドリアへの潜在的損傷は母の卵子を通じて子供に送られるであろうとランカは言います。これに関する徹底的な研究は、 公式には完了されていません。

これまで、正確に各国の、そして抗生物質の 頻繁な使用と対応して、抗生物質の使用の始まり と中枢神経系のひどい変性疾患(パーキンソン氏病、多発性硬化症、アルツハイマー病など)に関連した慢性疾患のはば広い指数関数的な増加との間に相関関係があるかもしれないという疑いに対する 反論はありません。 しかし、これらの病気の増加は、現在抗生物質を使用する、人が比較的高寿命の国で、我々が中心神経系疾患の大きい増加を見ているという事実を、人の平均寿命の高齢化との相関関係に持っていくこともできます。

これらの理由のために、抗生物質の批判者の意見によれば、抗生物質の使用は命にかかわる時か、医学的な非常事態で「まさしく最後の手段として使われなければなりません」。

環境中の薬と薬の残り物の記録された源

 

医薬品、そしてこのように抗生物質も、高度の生物学的活性を有するために、環境中で損害をもたらす場合があり、濃縮レベルでは、それらはそれぞれ固有の代謝物質(代謝)に損害を与えます。1990年代半ばからの分析技術の改善の結果、薬とその残存物のより多くの証拠は、地表水、地下水そして飲料水の中で見つかります。過去50年の間、いろいろな抗生物質が合計およそ100万トン生物圏に放出されました
人間と動物の排出物(尿、糞便)に加えて、環境に入る源は、投棄された未使用の医薬品であることが知られている。/drugs.

 

環境中の医薬品の存在のために、その残存物がバクテリアに抗生物質に対する軽度の耐性をもたらすことができるという確固とした恐れがあります。( http://de.wikipedia.org/wiki/Antibiotika)

 

ホルムアルデヒド

 

ホルムアルデヒドの明確な生物学的反応性を通して、それは高濃度で粘膜の炎症を引き起こし、皮膚との接触があれば、アレルギーの原因となるかもしれません。それは発ガン性の可能性を有し、先天性欠損症の一因となるだけでなく、人体の遺伝物質の身体的または化学的変更に関与するのではないかとの合理的な疑惑をもたれています。

 

有害な影響は匂いを感じる濃度のはるかに下で始まります。また、多くの場合、典型的な匂いはタバコの煙と自動車の排気ガスのその他の構成要素により隠されます。ホルムアルデヒドは、MACリストのSection III-B「発癌の可能性の合理的な疑がわれる材料」にリストされています。

短期被曝があったときさえ、ホルムアルデヒドは低濃度でも目と呼吸器系の炎症の原因となります: 0.01ppmから目の炎症、0.08ppmから目と鼻の炎症、そして0.5ppmからのどの炎症。10ppm以上の濃度のホルムアルデヒドの蒸気は重篤な粘膜の炎症を引き起こし、涙を出させ、せきを出させ、鼻とのどの灼熱感を引き起こすことができます。30ppm以上の濃度は中毒性肺水腫と肺炎を引き起こし、生命に対する深刻な脅威があります。

 

慢性の影響は、 不眠症、疲労、気力の喪失、食欲不振または神経過敏、目の炎症と結膜炎、皮膚の炎症、慢性の咳、風邪と気管支炎、頭痛、うつ、その他のような気分障害です。


 

基材として使用されるその他の賦形剤

 

 

また多くのワクチンはスクワレン(MF 59)のような特定の油または アジュバント 、Bayol Fおよび免疫賦活性要因を使用することを必要とします。人体中でのこれらの物質の反応に関して正確な薬学的作用は知られていませんが、それらは長年使われてきました。動物実験では、これらの物質は自己免疫反応を引き起こしました。(Yoshiki Kuroda、ジーナC. Nacionalesa、ジュンAkaogia、ウェストレーH. Reevesaとミノル佐藤、ワクチンの アジュバント 炭化水素油成分によって誘導される自己免疫、Biomedecineと薬物療法第58巻、第5号、2004年6月、ページ325-337)

 
www.vaccineinjury.info - More transparency on vaccines and vaccine damages, Powered by Joomla! and designed by SiteGround web hosting modified by Webhosting Andreas Ruttkamp
buy viagra online canada no prescription viagra for sale australia generic viagra no prescription needed cialis online pharmacy no prescription viagra online pharmacy no prescription