水銀は体にとって猛毒です 本文へジャンプ
ワクチンについて
30年ほど前までは現在乳幼児に接種されているワクチンの回数に比べて、大分少ない回数でした。川崎病、自閉症、幼児突然死症候群、発達障害その他の精神障害はワクチンに含まれている成分(防腐剤)の水銀が原因ではないかと欧米では疑われています。


子宮頚ガンワクチンの副作用がテレビで放映され、ワクチンの副作用が保護者の最大関心事になっています。このサイトをお読みになって、子供たちにワクチン接種を受けさせるかどうかを決める参考になさってください。
特に妊娠中の母親の口内に水銀アマルガムの詰め物があった場合、子供は、母親からの多量の水銀、ワクチンにより体内に注入される水銀により、感受性の差に応じて、軽い人は本人も両親も認識できない程の影響を受け、また重い人は乳幼児突然死症候群と診断される死亡に至ります。すべての人にその間の各種水銀中毒の症状、重金属中毒の症状が現れます。


ワクチンに人命を救う素晴らしい効果があれば、少々の副作用は耐えることができるかもしれません。このサイトが提供する情報は英語のインターネットのサイトの記事や解説であり、国の機関が発表している事柄と異なることが書かれています。これらを要約するとワクチンが病気を防ぐ効果には大きい疑問があり、副作用は巨大過ぎて想像を絶するものだということです。

一番問題になるのは、ウイルスや細菌に弱い人と、ワクチンの成分により人生や命が奪い去られるほどの悪影響を受ける人は、まったく別の人であるということです。ワクチンの副作用で寝たきりの生活を余儀なくされたり、自閉症、川崎病、糖尿病、ぜん息、アトピー性皮膚炎、てんかん、うつ病、発達障害、各種神経病、等々の影響を受ける人は、もしかしたらウイルスや細菌に感染しても、発病しない強靭な免疫力を持っていたかもしれません。もしワクチンの接種を受けなければ、素晴らしい人生をまっとうできたかもしれません。(ある少女は毛髪検査で正常値の20倍の水銀が検出されました。たまたま感知できる水銀中毒の症状は出ていませんが、体内でどのような水銀による悪影響を受けているか誰も指摘することはできません。水銀はワクチンから体内に入りました。)

ポリオのワクチンのために、ポリオを発病する人に対し、それを髄膜炎と呼んで、あたかもポリオが絶滅したような印象操作が行われています。下にリンクするサイトをお読みになって、人の命や人生より、製薬会社や医師会の利益を大切にする我が国の政府の誤った態度が、米英の政府の福祉当局の態度と同じであることを感じ取ってください。

子供の人生の一歩を誤ると、その子供の人生は全うされず、子供は成人しても、社会生活でその能力を十分に発揮できません。水銀が体内に入らない人生を子供に与えてあげてください。

水銀が体内に入ると百種類以上の病気や症状が出て、命が奪われたり、人生が破壊されたりすることもあります。

(To the managers or operators of the followoing sites: The following sites are presented in the Japanesse language so that Japanese people might be able to read them without difficulty. The translation was made by the assistance of certain electrical translation services with minor corrections for better understanding. You are requested to give permissions to present such sites so that many Japanese children might be able to live better lives. If not permissible, you are requested to contact me. N. Tanaka lactobacjpatyahoo.co.jp - please change at to @.)

ワクチン一般
ワクチンの接種 - 欺瞞と悲劇
 ワクチンに関する各種の問題点を提起しています。

ワクチンは私たちを救っていない - 2世紀にわたる公式の統計
 過去2百年にわたる各国の政府の公式統計によると、栄養、清浄な水、そして過密でない住環境などのおかげで伝染病による死者はワクチンの導入の前から減少を続けていました。ワクチンが予防対象の伝染病による死者の人数を減らしたという証拠はこの公式統計では明らかになっていません。

ワクチン:ウイルス、細菌、毒素および添加物
  ワクチンの添加物とその問題点を解説しています。

Real Health Talk - ワクチンの毒性
 ワクチンの成分を明らかにし、特定の成分の毒性について解説しています。

ワクチンの中の水銀は何かもっと毒性の強い物質に取って代えられた
 ワクチン中の水銀の毒性が問題視されたため、アルミニウムが使用されるようになりました。アルミニウムは水銀と同様にアルツハイマー病を引き起こすのではないかといわれています。

予防接種に関する神話
 ワクチンが免疫力を上げるということに関しては医学的な根拠は示されていません。ワクチンに関する10項目の神話(ワクチンが良いとする)は医学論文により否定されています。

医師たちがワクチンには効果はなく、脳の損傷や死の原因になるー

Vaccine-Injury.info

 ワクチンに関する解説と多くの動画によりその悪影響を示しています。

CDCはアメリカの50人の子供たちのうち1人が自閉症と診断されたことを報告しています。 
 CDC(米国疾病管理・予防センター)が子供たちの2%が自閉症と診断されたと公表しています。CDCの報告書も入手可能です。



HPV子宮頚ガンワクチン
 このワクチンには添加物としてホウ酸(ゴキブリを殺すホウ酸団子の成分)、アルミニウム、ホルムアルデヒド(発がん性を疑われている)、ポリソルベート80、遺伝子操作されたDNAなどが含むれており、その安全性には疑念があります。このワクチンの長期的な副作用については現在明らかにされていません。また、約100種類あるHPウイルスのうち主な2種類か4種類だけを対象としており、このワクチンの接種を受けても、定期的な子宮頚ガンの検査は欠かせません。ワクチンの副作用と認識された病気の中に、子宮頚ガンがあったとの報告もあります。

Cervarixの副作用 1
Cervarixの副作用 2

 このワクチンの二重盲検法による治験に際し、絶対無害の対照薬は使用されず、特定のワクチンが使用されたので、対照薬による副作用はこのワクチンの副作用と同じ位でした。これは副作用についての評価が歪曲されていることを意味しています。

子宮頚ガンワクチンの接種は本当に安全か?10代の女子が警告的体験記を開示します

VRM: Gardasil/Cervarix – 恥の遺産
 子宮頚ガンワクチンについて各種の役に立つ話が書かれています。

VRM: Gardasil/Cervarix – Part 2 - 髄鞘脱落、多発性硬化症(MS) & Copaxoneとの関連性
 これらのワクチンが脳細胞に与える悪影響が解説されています。

HPVワクチンは十代の麻痺の原因か
 13歳のテニー・テトロックはGardasilの接種を受けた1月後に体の麻痺が始まり、15月後には体のほとんどすべてが麻痺しました。

HPVワクチンーどんなに犠牲を払っても避けたいと思われるであろうワクチン!
 ・このワクチンの対象は2種類か4種類のワクチンだけであり、その上子宮頚ガンの原因はワクチンだけではありません。
 ・長期的な効果と副作用は検証されていません。
 ・遺伝子組み換え物質が含まれていて、長年体内に留まりますが、免疫力が向上するとは証明されていません。


その他のワクチンの問題点

インフルエンザワクチンのすべて
 インフルエンザワクチンの接種を受けると免疫力が低下するため、そのワクチンに含まれるウイルスによるインフルエンザにかかることがあります。また、それ以外のインフルエンザにかかっても症状は重くまた長く続く可能性があります。
 免疫力を上げる10方法を推薦しています。

幼時の発達中の脳に対する過度のワクチン接種の危険性
 ワクチンは自閉症的障害の原因となる可能性が大です(水銀が原因か)。
 てんかん(ひきつけ)発作も引き起こします。
 妊娠中の母体はワクチンの接種を受けないように。接種を受けると時期により胎児に特定の影響を与える可能性があります。

幼時の過度のワクチン接種の危険性
 アメリカで接種されるワクチンの一覧表が示されています。
 子供の脳に与える影響を最小にする接種のタイミングが示唆されています。

50歳以降のワクチン、うつ病そして神経変性
 ワクチンは脳の炎症を引き起こし、各種精神疾患を引き起こす可能性があります。



水銀と健康